ホーム | イベント情報 | 持続的農業セミナー=沖縄県人会で17日

持続的農業セミナー=沖縄県人会で17日

(左から)島袋会長、長井さん

(左から)島袋会長、長井さん

 持続的な農業の発展をテーマにした「第6回持続的農業セミナー」が、17日午前9時から正午まで、ブラジル沖縄県人会館2階(Rua Dr. Tomaz de Lima, 72, Liberdade)で開催される。ポ語進行、参加無料。
 農業技師の長井邦夫さんが企画、年1、2回開催されている今講演。全伯各地の農村を訪れる長井さんが「化学肥料の影響で土がダメになり、農業を離れる日系人が増えている」と危機感を覚えたのが開催のきっかけ。
 当日はタマキ・ケンジ農業技師が「バナナの持続的栽培」、ヤマダ・ツヨシ農業技師が「自閉症とグリフォザード(除草剤):因果関係ありや?」というテーマで講演する。
 案内のため来社した長井さんと島袋栄喜会長は「最近では農科大学の教授が学生を連れてくることがある。環境問題や農業に関する大事な話題。是非聞きに来て」と来場を呼びかけた。
 問合せは、長井さん(電話=11・99939・6480/メール=kunionagai61@gmail.com)、または沖縄県人会(電話=同・3106・8823/メール=kenjinkai@okinawa.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ