ホーム | 日系社会ニュース | 救世教が移民110周年を支援=同記念祭典委員会に寄付金

救世教が移民110周年を支援=同記念祭典委員会に寄付金

マルコ救世教会長が贈与式に出席した

マルコ救世教会長が贈与式に出席した

 ブラジル世界救世教(マルコ・レゼンデ本部長)が7日午後、文協ビル内でブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に寄付金を贈与した。贈与式には同委員会の呉屋春美祭典委員長、菊地義治実行委員長、野村アウレリオ聖市議、在聖日本国総領事館の岩嶋健次領事ほか委員会メンバーが出席した。
 レゼンデ本部長(62)から呉屋祭典委員長に寄付金が手渡された。レゼンデ本部長は同救世教が日本移民により伯国の地に伝わったことに触れ、「日本から来た宗教が伯国の地で人々を幸せにしている。色々な団体の人と共に移民の人に感謝の気持ちを届けたい」と語った。
 同救世教の伯国の信者は60万人相当にもなり、その99%が非日系人という。
 呉屋祭典委員長は今回の寄贈に関して感謝を述べ、「多忙なレゼンデ本部長が直接手渡したいと言ってくれた。日本移民の宗教方面への影響も感じた」と語った。
 レゼンデ本部長は寄付金贈与後、文協ビル内の移民史料館も見学した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行2018年8月23日 110周年=国士舘改修プロジェクト=柴田館長来伯、下本元聖州議が同行  国士舘大学の柴田徳文(とくぶみ)館長が7月17日から来伯し、同センターや文協、ブラジル日本語センターなどを訪問した。訪問には下本八郎元聖州議が同行し、歓談などを楽しんだ。  下本氏は同大学の聖市支部設立時、当時の柴田梵天総長に協力していた。同大学との交流は当時からは […]
  • グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う2018年8月16日 グァタパラ入植56年祭=拓魂碑で先人231人弔う  グァタパラ農事文化体育協会(茂木常男会長)は「グァタパラ移住地入植56周年祭」を7月14、15両日に同文協敷地内で開催した。初日はモンブカ墓地の「拓魂碑」前で先没者慰霊式を行い、参列者が献花と焼香を行い先人を弔った。  モンブカ墓地で行われた先没者慰霊式は14日の午 […]
  • 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など2018年8月17日 110周年=リッファ当選者に譲渡式=ホンダ・シビック車など  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)が聖市文協ビルの貴賓室で8日午後、日本移民110周年記念事業の資金集めのため実施された『第2弾リッファ』の当選者に賞品贈呈式を行なった。  今回はホンダサウスアメリカ社が寄贈したシビック・ツーリング(1等 […]
  • 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)2018年8月10日 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)  宮内庁サイトに8日付で、眞子さまが書かれたブラジルご訪問の印象」が発表された。「訪問した先々で、思い出深い出来事と出会いがありました。その全てをここに書き表すことは到底できませんが、日系社会の方々との交流は、とりわけ大きく心に残っています」などコロニアに向けたと思われ […]
  • 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要2018年8月11日 栄枯盛衰のロンドリーナ厚生会=11月に先没者追悼慰霊法要  戦後、パラナ州ロンドリーナ市の驚異的な発展と共に、その影で増加した生活困窮者や地方からの流浪人などの救済を目的として、1955年に発足したロンドリーナ邦人厚生会(木村保会長)。当初の目的を終えて分岐点を迎える同会だが、現在も細々と活動が続けられている。  最盛期には […]