ホーム | 日系社会ニュース | 商議所昼食会=「世界各地で既存体制に揺さぶり」=田中氏、世界経済リスクを解説

商議所昼食会=「世界各地で既存体制に揺さぶり」=田中氏、世界経済リスクを解説

講演を行った田中理事長

講演を行った田中理事長

 ブラジル日本商工会議所(松永愛一郎会頭)は「3月定例懇親昼食会」を先月16日、市内ホテルで開催し、2本立てで講演会を行った。

 「これまで社会の中枢を担ってきたエスタブリッシュメント(既存体制)に対する揺さぶりが先進国、途上国で起きている」と世界情勢を俯瞰したのは、国際公共政策研究センターの田中直毅理事長だ。「2018年世界経済のリスク要因」をテーマに講演した。
 たとえば独では、昨年の連邦議会選挙で極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が第3党に躍進。戦後、西独を担ってきた既存体制に陰りが見えてきた一方、仏では新勢力であるマクロン政権が誕生し、困難と見られていた労働改革を断行した。
 ロシアの勢力圏拡大に対して、EUでは「米国の中長期的な共同戦線を期待できない。統一軍を作ろうという動きがでている」といい、「トランプ政権の誕生による米国の変質がEUを変えつつある」と指摘。「EUの主導権は独から仏に変わりつつある」として、世界情勢の変化ついて解説した。
 そのほか、株式会社国際協力銀行リオ駐在員事務所の櫛引智雄首席駐在員が、「日本の製造業企業の海外事業展開に関する調査報告」について講演した。
 これは日本の製造業企業の海外事業展開の現況や課題、今後の展望を把握することを目的としたもの。全体動向に加えて、ブラジル、メキシコに関する調査結果について解説した。
 調査報告によれば、海外生産・売上比率が増加傾向にあるなか、13年以降の経済危機の煽りを受けて、回答企業の伯国における収益満足度は著しく低下。海外事業展開の見通しも「強化拡大姿勢は年々下がり、現状維持といった状況だ」と見通した。
 一方で、中長期的な有望国として17年も伯国は10位に。「景気後退により順位を下げても、依然として重要な市場として評価されている」と指摘し、「治安・社会情勢の不安が年々課題視されている」と指摘した。


□関連コラム□大耳小耳

 商議所昼食会では、パラナ州移民110周年祭典委員会の西森ルイス祭典委員長(連邦下議)が、7月19、20、21日に同州マリンガー市で開催される「移民110周年エキスポ」について紹介し、進出企業に展示会への参加を呼びかけた。2月末から3月初旬にかけ、ジャイール・ボウソナーロ連邦下議とともに訪日した西森祭典委員長は、その後も日本に滞在して企業に協力を呼びかけ、新たに2社の参加が決定したという。展示会には、およそ40社の参加が見込まれるという。「このエキスポは、次世代の日系社会を継ぐ若い世代を育成するという一点に尽きる。将来、こういうところで働きたい、こんなことをしたいという夢を、展示を通じて子供たちに持ってもらえれば」と意義を語った。

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]