ホーム | 文芸 | 刊行 | 梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月

梅崎さん「老人日記」を発刊=丁寧に綴った2年5ヵ月

梅崎さんと「老人日記」

梅崎さんと「老人日記」

 梅崎嘉明さん(95、奈良)がエッセイ「老人日記」を発刊した。全207ページ。刊行数は100冊、日毎叢書企画出版。
 梅崎さんの日記を読んだ友人から「おもしろいから本にしたら」と書籍化を勧められ、2016年5月から昨年12月までの日記をまとめた。
 1932年の渡伯から日記を書き続け、49年に聖市に移転してからは毎日執筆した。梅崎さんは「書籍化を決めてからは特に念入りに描きました」と微笑む。
 12冊目の著書となった本書では毎日の出来事や梅崎さんの所感が語られ、特に文芸会や短歌会の集まりがあった日には当日の発表作品に対する梅崎さんの感想や意見が述べられている。
 梅崎さんは1923年生まれ、32年にカフェランジアに入植。63年に歌集「四十の生」を出版し、66年に小説「左代の周辺」で第8回パウリスタ文学賞、04年「流氓」でコロニア文芸賞を受賞した。
 問合せは、梅崎さん(11・5058・0178)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 宮坂数子さん=『私たちの生活のなかの大豆』上梓=ブラジル人の健康増進のために2018年8月9日 宮坂数子さん=『私たちの生活のなかの大豆』上梓=ブラジル人の健康増進のために  「ブラジルは世界一の大豆生産国なのに、国内ではあまり消費されていない。安くて栄養満点の大豆を、どのように食事に取り入れるかを知ってもらうことで、伯人の食卓を豊かにし、健康増進に繋げたい」――「ブラジル大豆の父」として知られる農学博士の故・宮坂四郎氏の妻で、栄養士の数子 […]
  • ポ語雑誌が110周年を特集=日系企業家など11人を紹介2018年6月22日 ポ語雑誌が110周年を特集=日系企業家など11人を紹介  ビジネス誌「ペケーナス・エンプレーザス&グランデス・ネゴーシオス」(グローボ出版)の6月号で日本人移民110周年を記念し、29ページもの特集『伝統から生じる革新』が組まれた。日本移民の歴史のほか、各分野で活躍する日系人への取材を掲載。背表紙には、カタカナで雑誌タイトル […]
  • 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載2018年5月25日 「日系文学」58号刊行=武本文学賞の受賞作掲載  『ブラジル日系文学』第58号(発行者=武本憲二、編集者=中田みちよ)が3月に発行された。  今号は第35回武本文学賞特集。小説、俳句、短歌、翻訳の4部門の入選作品が紹介されている。また、ポ語頁では第56号から掲載開始された豊島与志雄の漫画『天狗笑い』も。  その他 […]
  • 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も2018年5月12日 皇族の短歌130首=来伯時の想いを詠まれた歌も  サンタクルス病院(石川ヘナト理事長)は開院79周年と日本移民110周年を記念して、『詩集 皇族の短歌』の刊行した。130首を日ポ両語で収録している。  日伯修好120周年を迎えた2015年に天皇皇后両陛下の短歌120首を収録した詩集を刊行していて、今回はそれに他の皇 […]