ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サッカー》ブラジル女子代表、南米選手権で好調3連勝=南米制覇と19年W杯出場へ視界良好

《サッカー》ブラジル女子代表、南米選手権で好調3連勝=南米制覇と19年W杯出場へ視界良好

ベネズエラ代表戦で得点し喜ぶ、ブラジル女子代表のエース、マルタ(左)(CBF/Direitos reservados)

ベネズエラ代表戦で得点し喜ぶ、ブラジル女子代表のエース、マルタ(左)(CBF/Direitos reservados)

 今月4日からチリで行われている、女子サッカー南米選手権で、ブラジル女子代表が1次リーグで3連勝し、最終戦を待たずしての決勝リーグ進出を決めた。
 この大会には、南米サッカー連盟(Conmebol)加盟10カ国の女子代表チームが参加し、5チームずつ二つのグループに分かれて1次リーグを行う。
 各グループの上位2チーム、合計4チームが決勝リーグに進み、優勝チームは決勝リーグの結果で決まる(1次リーグでの勝ち点や順位は決勝リーグには反映されない)。
 アルゼンチン、エクアドル、ベネズエラ、ボリビアと共にグループBに入ったブラジルは、初戦5日のアルゼンチン戦を3対1、2戦目7日のエクアドル戦を8対0で勝利した後、11日のベネズエラ戦でも4対0で勝利と3連勝。最終戦13日のボリビア戦を前に、グループ2位以上を確定させた。
 ここまでの成績は、15得点1失点、得失点差プラス14と圧倒的だ。
 この大会は女子代表チーム南米ナンバーワンの座がかかると共に、来年フランスで行われる女子W杯の南米地区予選や同19年のパンアメリカン競技大会の南米地区予選、2020年の東京オリンピックの南米地区予選も兼ねている。女子W杯の南米出場枠は2・5だから、決勝リーグで上位2位までに入ると、確実に出場権が得られる。(12日付アジェンシアブラジルより)

こちらの記事もどうぞ

  • W杯南米予選=折り返し地点に到達=ブラジルは現在単独2位2016年10月8日 W杯南米予選=折り返し地点に到達=ブラジルは現在単独2位  18年サッカー・ワールドカップの南米予選は6日の第9節で折り返し地点に到達。ブラジルは現在、首位ウルグアイに継ぎ2位につけている。  今大会のブラジルは、14年のW杯の準決勝のドイツ戦での1―7の記録的惨敗もあり、ナーバスな気分で迎えられていた。実際、15年のコパ・ド・ […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?2016年8月23日 五輪不毛の南米大陸=リオ五輪が変化のきっかけになるか?  21日に閉幕したリオ五輪で、開催国ブラジルは金7、銀6、銅6と、同国の歴史上、最高のメダル獲得数を記録した。それを巡り、「よくやった」と言う人と「開催国なのに20個にも達しないのでは少ない」と言う人は、国の内外を問わずにいる。だが、これまでの南米における「五輪不人気」の状況を […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • W杯南米予選=伝統の対アルゼンチン戦は=ブラジルが引き分けに持ち込む2015年11月17日 W杯南米予選=伝統の対アルゼンチン戦は=ブラジルが引き分けに持ち込む  12日に予定されていたが大雨で1日順延となった、2018年ロシアW杯予選アルゼンチンXブラジルの一戦が、13日にブエノスアイレスで行われた。 試合直前にはパリでの大規模テロ事件の速報も入り、犠牲者への黙祷で始まったこの試合、前半はアルゼンチンが完全に支配した。 メッシ、アグエ […]