ホーム | ブラジル国内ニュース | 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!

「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!

ロドリゴの活躍を報じるブラジルのメディア

ロドリゴの活躍を報じるブラジルのメディア

 ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。
 サンパウロ市のパカエンブー・スタジアムで行われ、サントスが2対0で勝利を収めたこの試合、キックオフ前から観衆の注目を最も集めていたのはロドリゴだった。
 ロドリゴは昨年11月に、プロ契約の規定年齢16歳に達したことで、全国選手権2試合に出場していたが、注目度が一気に高まったのは、今年1月開幕のサンパウロ州選手権からだ。1月に17歳になったばかりのロドリゴをチームは慎重に起用したため、出場時間も限られたが、1月25日のポンチプレッタ戦と、28日のイトゥアーノ戦で2試合連続得点を決めた。
 この活躍で一気に頭角を現したロドリゴは、3月にはサンパウロ州選手権より重要度の高い、南米クラブチーム王者を決める大会、リベルタドーレス杯でのナシオナル戦(ウルグアイ)で先発起用された。

 この日もロドリゴは序盤から高速ドリブルで敵を翻弄。後半3分にはディフェンダー2人をドリブルでかわし、堂々のリベルタドーレス杯初得点を決めた。
 ロドリゴのこのゴールは一躍スポーツニュースで取り上げられた。評論家たちの中には、ロドリゴより半年生まれが早く、今年の7月にはレアル・マドリード行きもささやかれるブラジルサッカー界のホープ、ヴィニシウス・ジュニオル(17・フラメンゴ)と比較する者もあらわれるほどだった。
 ロドリゴの快進撃はその後も続き、3月27日のサンパウロ州選手権の準決勝、パルメイラス戦でも前半40分にゴールを決めた。サントスは、もともと攻撃力に定評のあるチームで攻撃的なポジションの層は厚いが、ロドリゴは自らの活躍で、全国選手権開幕前から左ウイングでのレギュラーを確保していた。

 州選手権や大陸選手権で既に得点していたロドリゴにとって、国内主要リーグ、全国選手権での初ゴールは、1対0でリードしていた後半30分、敵陣右サイド深くに攻め込んだサシャからのゴール前へのクロスを頭で押し込んだものだった。
 サントスの同僚で、イタリアの名門ASローマやインテル・ミランでも活躍した左サイドバックのドドは、ロドリゴについて「サントスはかつてネイマールやロビーニョのような早熟の天才を生んでいるけど、ロドリゴはタイプ的にはネイマールに近い。決定力に関しては信じ難い才能があるね。右脚でも、左脚でも、ヘディングでも。全てにおいて規格外だよ。全く17歳になったばかりとは思えない」と絶賛する。
 もともとロドリゴは、11歳でスポンサー企業がつくなど、13歳でスポンサーがついたネイマールをも上回る早熟ぶりだった。だが、サントスはなるべくロドリゴが目立たないようにし、彼の同僚ユーリ・アルベルトと共に「秘密兵器」として育てていた。昨年、ヴィニシウス・ジュニオルはじめ「黄金世代」が出場したU17南米大会や、W杯にも出場しなかった。
 掌中の珠として大切に育成され、満を持してプロ・デビューしたロドリゴは、ブラジル国内での活躍への期待もさることながら、欧州名門クラブからの引き抜きの声もすぐにかかりそうだ。(3月15日付グローボエスポルテ・サイト、1月26日付テーラ・サイトより)

こちらの記事もどうぞ