ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ダッタフォーリャ大統領選調査=獄中のルーラが1位。依然30%以上の支持率=左派のマリーナが極右ボウソナロに肉薄

《ブラジル》ダッタフォーリャ大統領選調査=獄中のルーラが1位。依然30%以上の支持率=左派のマリーナが極右ボウソナロに肉薄

ルーラ不出馬時の支持を伸ばしたマリーナ氏(Elza Fiuza/Agência Brasil)

ルーラ不出馬時の支持を伸ばしたマリーナ氏(Elza Fiuza/Agência Brasil)

 ダッタフォーリャが14日に発表した大統領選に関する最新の世論調査の結果によると、7日に逮捕、服役開始となったルーラ元大統領(労働者党・PT)は、なおも30%以上の支持率で1位だった。ルーラ氏を抜いた場合は、マリーナ・シウヴァ氏(REDE)が票を伸ばした。15日付現地紙が報じている。

 今回の調査は、ルーラ氏が12年1カ月の実刑判決で服役開始となった後の11~13日に全国277市の4194人を対象に行われた。ルーラ氏の支持率は31%で、前回の35%よりは落ちたものの、まだ圧倒的な支持を受けている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ