ホーム | 日系社会ニュース | 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会

楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会

CILセイランジア校で講演後、参加者全員かわいいポーズで記念撮影【日本国大使館提供写真】

CILセイランジア校で講演後、参加者全員かわいいポーズで記念撮影【日本国大使館提供写真】

 「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人来場し、大いに盛り上がった。

ブラジリア大学での講演後、全員で記念撮影【日本国大使館提供写真】

ブラジリア大学での講演後、全員で記念撮影【日本国大使館提供写真】

 普段は日本語講師を生業とする松田さんだけに、講演では「カワイイ文化とは何か」という説明を通して、ポップカルチャーから学べる難しくない日本語があることを分りやすく説明した。
 日本語の文章を考える時の『松田流メソッド』を紹介し、参加者たちを惹きつけた。最後はディズニー映画主題歌「ありのままで」やアニメソング等、当地でも親しまれている曲を全員で歌って踊って楽しんだ。

ニッケイ祭りのブースで「もったいない」カードゲームを行う松田明美さん

ニッケイ祭りのブースで「もったいない」カードゲームを行う松田明美さん

 講演の後には参加者から「日本語の勉強をもっと続けたい」「日本語の勉強をやめていたけど、再度チャレンジしたい」等と感想があり、松田さんも感動したという。「ブラジリアは日本語を学びたいという意欲やパワーが強い。ぜひまた行きたい」と意気込みを見せていた。


□関連コラム□大耳小耳

 松田明美さんは聖市に戻ってからも、あちこちのイベントに参加。ニッケイ祭りでは舞台で歌ったり、自分のブースで日本語を交えたカードゲームで「もったいない」とは何かを楽しく知ってもらう工夫をするなど、様々な形で貢献している。9月には5回目となるイベント「MimiParty」を開催予定。世代を問わず日本語や日本文化を発信していく松田さんの活躍は今後も目を離せない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化2018年8月14日 IDES=日本語無料講座を開講=デカセギ希望者向けに特化  聖市リベルダーデ区の教育健康開発協会(IDES、セルジオ・デ・マトス・オリベイラ会長)の中に、NPO法人交流ネット(本部=愛知県)などが進める日語教育を中心とする支援センターが新設され、7月16日に開所式が行われた。  交流ネットの林勉事務局長、アバンセ・コーポレー […]
  • サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ2018年8月17日 サンタクルス病院で日本語講座=「おもてなし」130人が学ぶ  聖市のサンタクルス病院(石川レナト理事長)は6日から、職員を対象に日本語講座を始めた。日系人・日本人の患者のために日本語を習得することが目的。テーマを「おもてなし」とし、日本式の応対法も指導する。  講座のテーマは「おもてなし」。日本語学習を通じて日本式の応対法を指 […]