ホーム | 日系社会ニュース | 禁錮54年9カ月に減刑=焼津市母子3人殺害事件=聖州高等裁の二審判決で

禁錮54年9カ月に減刑=焼津市母子3人殺害事件=聖州高等裁の二審判決で

 静岡県焼津市で2006年12月、交際相手の伯人女性とその子供2人を絞殺して帰伯逃亡し、日本政府の国外犯処罰要請に基づき当地で起訴された被告人エジルソン・ドニゼッテ・ネーヴェスへの二審判決が4月16日に下され、54年9カ月の禁錮刑に減刑された。

 同被告に対しては、2016年9月に聖市バラ・フンダ区の刑事裁判所で行われた陪審員裁判で、被害者ソニアさんと、長男ヒロアキくん(当時15)、次男ヒロユキくん(当時11)殺害の罪で禁錮56年9カ月10日の有罪判決が言い渡されていた。
 この一審判決に対し、被告人側は控訴した。判決文によれば、陪審員裁判の場で被告人が手錠をされ、手の自由を奪われていた、被告人の黙秘に関する検察側の言及があったとして判決の無効を求め、被告人が自白していることに基づく減刑を求めていた。
 しかし、二審判決ではそれらが全面的に退けられ、三人の高裁判事は「被告人は無慈悲で冷酷に、残忍な手段で被害者3人に多大な身体的苦痛を味わわせた。日本での滞在時は違法の高利貸し業を営むなど、その言動は社会的に非難に値する」と被告人を厳しく糾弾し、改めて事実を認定した。
 ただし、刑罰の適用に関しては一審の裁判官と異なる理解をした。二審では、刑法第71条補項に基づき、3人の殺害行為を連続する一つの犯罪行為とみなし、各々の刑罰のうち最も重い刑罰が適用され(今回の場合は、当時未成年だったヒロユキくん殺害の罪に対する18年8カ月の禁錮)、それを、有責性や前歴、被告人の社会的言動や人格、犯行動機や状況を考慮し、3倍まで加重できるという規則が適用された。判決文では、その規則が引用された上で、「54年9カ月の刑が相当」とされた。
 ネーヴェスは3人を殺害した翌日に日本を出国し、2013年8月に当地で逮捕された。検察側は犯行の理由を、交際していたソニアさんとの間の別れ話のもつれと主張したが、2016年の陪審員裁判で被告人は「金を貸していた暴力団員に脅されて、仕方なく殺した。正当防衛だった」などと供述していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用2017年5月23日 聖州110周年委員会ついに発足!=式典は日本祭り会場に決定=若手委員を積極採用  「次の150年、200年へと続く第一歩に」―。19日夜、ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(菊地義治実行委員長)が文協貴賓室で正式発足した。画家の若林和男さんがデザインした、二羽の折り鶴に両国関係の未来を託した『記念ロゴマーク』が発表されるなど、翌年に迫る移民1 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ2017年5月23日 10万人分の手形で絵を=当地で収集、東京パラで展示へ  一般社団法人「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(代表・横山万里子)の海外特派員、宮澤かれんさん(18歳、東京)が4日に来社し、活動報告をした。  この「ハンド・スタンプ・アート・プロジェクト」(HSAP)とは、病気や障害を抱える子供や支援者らの手形を集めて一 […]