ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル中銀》今年のGDP成長率予測を2・51%へ引き下げ=「不況終了の2016年、建て直しの2017年、飛躍の2018年」は絵に描いた餅? 

《ブラジル中銀》今年のGDP成長率予測を2・51%へ引き下げ=「不況終了の2016年、建て直しの2017年、飛躍の2018年」は絵に描いた餅? 

国外要因では米国利上げ期待感、国内要因では選挙リスクと、ブラジル経済の先行きは不透明だ(参考画像・Agencia Brasil)

国外要因では米国利上げ期待感、国内要因では選挙リスクと、ブラジル経済の先行きは不透明だ(参考画像・Agencia Brasil)

 ブラジル中銀が毎週出している経済指標の予測統計、フォーカスが14日に発表され、今年の国内総生産成長率予測が、2・7%成長から2・51%成長へと下方修正された。
 フォーカスはまた、今年のインフレ予測も、以前までの3・49%から3・45%と0・04%ポイント(P)引き下げ、来年2019年のインフレ予測も4・03%から4%へと0・03%P引き下げた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ