ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》メンデス判事がまた大物容疑者釈放=PSDB高速道疑惑の中心=国外に巨額の隠し口座所有=口封じ疑惑にも「根拠なし」

《ブラジル》メンデス判事がまた大物容疑者釈放=PSDB高速道疑惑の中心=国外に巨額の隠し口座所有=口封じ疑惑にも「根拠なし」

メンデス判事(Valter Campanato/Agencia Brasil)

メンデス判事(Valter Campanato/Agencia Brasil)

 最高裁のジウマール・メンデス判事は11日、4月6日から贈収賄工作の容疑で逮捕されていたサンパウロ州高速道開発公社(DERSA)の元技術部門理事のパウロ・ヴィエイラ・デ・ソウザ(通称・パウロ・プレット)容疑者の釈放命令を下した。同氏は民主社会党(PSDB)のオペレーターのひとりと見られており、国外の隠し口座に巨額の預金があることも確認済みだ。またメンデス判事の、中道右派政党の政治家への甘さも指摘されている。12日付現地紙が報じている。

 パウロ・プレッタ容疑者は、2009年から11年にかけて、サンパウロ市の循環高速道「ロドアネル」の建設を巡り、770万レアルの横流しを指揮した容疑で逮捕されていた。この時期のサンパウロ州知事はジョゼ・セーラ氏(2007~2010年4月)とジェラウド・アウキミン氏(2011年~2018年4月)で、いずれもPSDB政権下で起こったものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ