ホーム | ブラジル国内ニュース | ドル高レアル安進む=1ドル=3.7レアルも間近?=ブラジル企業の対外負債が増大

ドル高レアル安進む=1ドル=3.7レアルも間近?=ブラジル企業の対外負債が増大

(参考画像・Fernanda Carvalho/Fotos Publicas)

(参考画像・Fernanda Carvalho/Fotos Publicas)

 【既報関連】米国での利上げ期待感や、ブラジルの選挙リスクによるドル高レアル安が進み、ブラジル企業の抱える外貨建て債務が1カ月あまりで1150億レアルも増大したと、14日付現地紙が報じた。
 外貨建て債務の額面自体が増えたわけではないが、ドル高レアル安のせいでブラジル企業のレアル建て債務が増えた。これは、「外貨建て債務を抱えるブラジル企業の46・9%が、為替変動時の損失回避措置(為替ヘッジ)をとっていない」(ブラジル中銀発表)という事実により、深刻さを増している。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ