ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今週末の19、20日に行われる聖市文化局主催のヴィラーダ・クルツラウ。今年も日本や中国の伝統芸能などが『オリエンタル部門』として披露される。場所はセントロの市立劇場とレプブリカ公園の間、24・デ・マイオ通り。太鼓演奏や日系コメディアン、歌手などが発表する。19日午後6時から中国の龍・獅子踊りで開幕し、次に太鼓パレードが行なわれる予定。20日午前8時からラジオ体操も行なわれるとか。家族と一緒に出かけてみては?
    ◎
 13日に文協大講堂で催された美川憲一さんの公演で、落し物が届けられている。一つは、トシコ・ワタナベ・キムラさんの公共交通機関の乗車カード「BOM」。もう一つは、ミサコ・イシイさんの財布。心当たりのある方は、文協事務局の佐藤さん(11・3208・1755)まで連絡を。

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年5月10日 大耳小耳  伯外務省サイトによると、東京都の在日ブラジル大使館にはエドゥアルド・パエス・サボイア氏が特命全権大使として就任する予定だ。同氏はボリビア国ラパスの伯大使館に勤めていた2013年当時、モラレス大統領と対立して伯国への亡命を求めていた同国上議を「人道的理由」から伯国に受け入れた。 […]
  • 大耳小耳2018年4月10日 大耳小耳  どこもルーラ氏の話題で一色だった先週末。そんな陰で、16年8月に大統領を罷免されたジウマ氏が政界復帰に動いているという話も浮上している。それはジウマ氏が、自身の有権者としての登録をリオ・グランデ・ド・スル州から郷里でもあるミナス・ジェライス州に移したことが明らかになったためで […]
  • 大耳小耳2018年4月10日 大耳小耳  ジャパン・ハウスは「地域活性化プロジェクト」をスタートさせている。これは日本の地方の多様な魅力を発信することを目的とするもの。まず手始めとして、新たに開館するロンドンで新潟県燕三条地域の「燕三条工場の祭典」と連携した企画を10月頃に実施することが発表された。同祭は地域の名だた […]
  • 大耳小耳2018年3月17日 大耳小耳  JICAボリビア通信「高いところから失礼します!!」20号では、興味深い「謎解き」をしている。《ボリビアには、夜になると開店(出現)する屋台「アンティクーチョ」屋さんがあります。アンティクーチョとは、牛の心臓、つまりハツを串刺しにして炭火で焼いたものです。そのハツに辛いソース […]