ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》花嫁を式に運ぶヘリが墜落=奇跡的に無傷の花嫁、結婚式を続行

《サンパウロ州》花嫁を式に運ぶヘリが墜落=奇跡的に無傷の花嫁、結婚式を続行

事故の後も気丈に結婚式を行ったシモーネさん(左)と、フェリペさん(右)(フェリペ・フレイタスさんのフェイスブックより)

事故の後も気丈に結婚式を行ったシモーネさん(左)と、フェリペさん(右)(フェリペ・フレイタスさんのフェイスブックより)

 「結婚式の演出で、花嫁がヘリに乗って登場するはずだったのが、ヘリが着陸寸前に墜落、爆発。しかし、花嫁は無事で、式はそのまま行われた」―こんな驚くべき事件がブラジルで発生した。
 事件が起こったのは5月5日、サンパウロ州内陸部のヴィニェード市の結婚式場だ。広い敷地によく手入れされた芝生が植えられ、欧州の古城を模した建物まで建っている。
 大事故に遭うも奇跡的に無傷で済み、結婚式も行った花嫁のシモーネ・ファリアスさんは、事故から10日後の15日に、「(事故も、助かったことも)すべては神の思し召し。みんなが仰天するようなことだったけど、私は平気。偉大なる神のおかげで私の心は平静よ。全ては奇跡。私たちの式は歴史に残るものとなった」とインターネットに書き込んだ。
 ヘリにはシモーネさん、カメラマン、シモーネさんの甥と操縦士が乗っていた。墜落してから爆発までの時間は1分となかったが、シモーネは無事に脱出し、残る3人も軽傷で済んだ。
 シモーネさんは結婚式後、詰め掛けた報道陣には対応せず、花婿のフェリペ・フレイタスさんと新婚旅行に出かけた。
 式から2日後、民間航空監督庁(Anac)は、墜落したヘリの所有会社は、着陸許可もヘリの営利使用許可も取っていなかったと発表した。
 Anacによると、ヘリ所有会社は営業停止処分や刑事告発の可能性もあるという。(5、16日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ