ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル大統領、政権2周年記念式典を開催=疑惑ふれず功績のみ強調=官僚、議員達に感謝の弁も

《ブラジル》テメル大統領、政権2周年記念式典を開催=疑惑ふれず功績のみ強調=官僚、議員達に感謝の弁も

政権発足2周年記念式典で演説するテメル大統領(Marcos Correa/PR)

政権発足2周年記念式典で演説するテメル大統領(Marcos Correa/PR)

 2016年5月12日に、ジウマ前大統領の罷免を受けて大統領に就任したミシェル・テメル大統領(民主運動・MDB)は15日、政権発足2周年を祝う式典で自らの功績を主張したと、15、16日付現地紙・サイトが報じた。
 「16年5月―18年5月:ブラジルは戻ってきた」と銘打った式典で、テメル大統領は、ほぼ1時間に及ぶ演説を行い、不況からの脱出、94年レアルプラン採用以来最低の経済基本金利や、2年間で大幅に上昇した株価などを取り上げ、「短期間で多くの事を成し遂げた」と語った。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ