ホーム | コラム | 樹海 | 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

・マリス氏が家庭内暴力で同判事告発との記事を週末に出た雑誌が掲載した事が原因だ▼マリス氏は昨年12月に離婚したが、家庭内暴力は肉体的、精神的の両面に及んでいたという。同氏によると、17年10月には髪の毛を引っ張り、自宅の階段で引き倒した上、ナイフを持ち出して殺そうとさえしたが、周りの人が止めたため、殴って突き飛ばすだけで終わったという▼マリス氏は、13年間の結婚生活中、6年間の会話を録音しており、言葉と力による暴行を受けていたと供述。検察はカウダス氏をマリス氏から遠ざける方策を採るよう裁判所に求めた。だが、裁判官は、カウダス氏はもう別居しており、ケンカの原因は金銭上のトラブルと判断し、検察の要請には応えなかった▼カウダス氏の弁護士は「女性が6年間の会話を録音していたのは、将来的に金を要求するつもりだった証拠」とし、録音は言葉による暴力が繰り返されていた事を示すが、肉体的な暴力はなかったと釈明する文書も出した。米州人権裁判所は、女性に対する暴力はどのようなものであれ、厳格な捜査を必要とするとの見解を示した▼カウダス氏は11年にジウマ前大統領から指名され、翌年の米州機構総会で人権裁判所判事に選ばれた。16~17年は長官も務めた。前述の事件は同氏が同裁長官だった年に起きており、家庭を治める事さえ出来ない判事が国際的な人権法廷を取り仕切っていた事の矛盾を浮き彫りにした。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 刺青や大麻に対する受け止め方の違い2018年10月18日 刺青や大麻に対する受け止め方の違い  ホームレスの男性に密着取材したNHKの番組で、首筋や袖口にも刺青を覗かせた青年が、「刺青をしている人が全て悪人ではないと知ってもらいたくて、善行を心がけている」と語っていた。確かに日本ではまだ、刺青は極道などと結び付けて考えられるんだろうなと思い、文化の差を感じた▼ブラジルで […]
  • 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場2018年10月16日 「樹海」拡大版=ボウソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボウソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活動の主戦場が道端という実際の空間か […]
  • なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか2018年10月12日 なぜシロは健闘し、アウキミンは惨敗したのか  大統領選はジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)という、世界中が「危険」と目する極右候補と、汚職で凋落したかつての長期政権の再挑戦という対決になっていることは本紙でも何度も報じていることだ。だが、今回ここではあえて、こ […]
  • ブラジルでも進む高齢化2018年10月11日 ブラジルでも進む高齢化  統一選の最中で余り注目されなかったが、ブラジルでは、10月1日は高齢者に関する特別法発効から15年の節目だった▼発効当時(03年)の高齢者は1500万人で、12年の高齢者は2540万人、17年の高齢者は3020万人だから、高齢化は確実に進んでいる。12~17年の高齢者は18・ […]