ホーム | コラム | 樹海 | 人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

人権裁判所の判事が家庭内暴力で辞任

・マリス氏が家庭内暴力で同判事告発との記事を週末に出た雑誌が掲載した事が原因だ▼マリス氏は昨年12月に離婚したが、家庭内暴力は肉体的、精神的の両面に及んでいたという。同氏によると、17年10月には髪の毛を引っ張り、自宅の階段で引き倒した上、ナイフを持ち出して殺そうとさえしたが、周りの人が止めたため、殴って突き飛ばすだけで終わったという▼マリス氏は、13年間の結婚生活中、6年間の会話を録音しており、言葉と力による暴行を受けていたと供述。検察はカウダス氏をマリス氏から遠ざける方策を採るよう裁判所に求めた。だが、裁判官は、カウダス氏はもう別居しており、ケンカの原因は金銭上のトラブルと判断し、検察の要請には応えなかった▼カウダス氏の弁護士は「女性が6年間の会話を録音していたのは、将来的に金を要求するつもりだった証拠」とし、録音は言葉による暴力が繰り返されていた事を示すが、肉体的な暴力はなかったと釈明する文書も出した。米州人権裁判所は、女性に対する暴力はどのようなものであれ、厳格な捜査を必要とするとの見解を示した▼カウダス氏は11年にジウマ前大統領から指名され、翌年の米州機構総会で人権裁判所判事に選ばれた。16~17年は長官も務めた。前述の事件は同氏が同裁長官だった年に起きており、家庭を治める事さえ出来ない判事が国際的な人権法廷を取り仕切っていた事の矛盾を浮き彫りにした。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?2019年1月18日 「ツイてる滑り出し」はどこまで続く?  ボウソナロ氏の大統領就任から2週間が過ぎた。この間は、同氏の政治家人生の中でも最高の2週間だったのではないかと思われる▼ひとつは、年が明けてから続くドル安と株価の上昇だ。これには「左派でない大統領がついた」という市場の安堵感があることと、パウロ・ゲデス経済相が打ち出し […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]
  • ブラジルでイクラが食べられるか?2019年1月15日 ブラジルでイクラが食べられるか?  昨年の暮れ、思い切って〝冒険〟をしてみた。サンパウロ市のメルカード・ムニシパル(R. Cantareira, 306 - Centro)で「ovas de […]
  • 夫とは好対照な夫人のイメージ2019年1月11日 夫とは好対照な夫人のイメージ  元旦の大統領就任式で、ボウソナロ大統領夫人の株が随分上がった。表に出てきはじめたのが大統領当選後と間もなく、「福音派との結びつきが非常に強い人らしい」という情報しか入ってきていなかった▼だが、そんな彼女がたちまち国民の記憶に残ることを行なった。それが大統領就任式で行な […]