ホーム | イベント情報 | 移民博物館、『ガイジン2』を上映=移民の日を記念し、18日に

移民博物館、『ガイジン2』を上映=移民の日を記念し、18日に

 聖州立移民博物館は、ブラジル日本移民110周年記念公式イベントとして『Gaijin ― Ama me como sou』(山崎千津薫監督、2005年)を18日午後5時から、同館(Rua Visconde de Parnaiba, 1316, Mooca)で上映する。午後5時開場、入場無料だが入場券が必要。
 午後5時半から博物館の展示案内、午後6時から博物館前の庭で日系歌手・伊藤カレンや有名なサックス奏者のデリコ音楽演奏、7時から映画「ガイジン」を上映。午後9時からは山崎監督との座談会が行なわれる。
 移民収容所を改修して作られた同館は着港したばかりの日本人移民約8万5千人が宿泊し、就業先に向かった縁のある場所。通常は月曜休館だが、今回は本イベントのためだけに開場される。
 チケットは千枚限定。希望者は(m.souto@museudaimigracao.org.br)、もしくは県連、文協、援協、国際交流基金、日伯文化連盟(アリアンサ)に連絡を。
 同館の開館時間は、火から土曜の午前9時~午後9時。入場料10レ、学生と60歳以上の高齢者は半額となる。問合わせは(11・2692・1866)まで。

こちらの記事もどうぞ

  • 移民の日先立ち12日に=沖縄県人会の慰霊法要2016年6月10日 移民の日先立ち12日に=沖縄県人会の慰霊法要  沖縄県人会(島袋栄喜会長)の『第22回先没者追悼慰霊法要』が、12日午前10時から同会大サロン(Rua Dr. Tomas de Lima, 72, […]
  • FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も2018年6月16日 FIESP=日曜のパ大通りに日本文化=サンバと琉球太鼓の共演も  FIESP(聖州工連)とSESI(社会工業サービス)の共催で、ブラジル日本移民110周年記念ショーが10日午後、パウリスタ大通りのFIESP文化センター前の特別ステージで開催された。歩行者天国となった同日、多くの通行者が足を止めて、日本文化公演を楽しんだ。  同ショ […]
  • 文協=先駆者慰霊ミサ皮切りに=日本人移民108周年行事2016年6月14日 文協=先駆者慰霊ミサ皮切りに=日本人移民108周年行事  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は日本移民108周年を記念し、今年も移民の日前後に各種行事を行なう。詳細は次の通り。 18日午前8時より『先駆者慰霊ミサ』、サンゴンサーロ教会(Praça Dr. João Mendes, 108, […]
  • 移民106周年式典=日系議員共催で、16日2014年6月12日 移民106周年式典=日系議員共催で、16日  6月18日の移民の日を記念し、安部順二、西本エリオ、野村アウレリオ氏ら日系議員7人が16日午後7時から、聖市議会貴賓室(Viaduto Jacarei, 100, […]
  • 移民106周年=各地で記念イベント開催2014年6月7日 移民106周年=各地で記念イベント開催  ブラジル日本移民106周年を記念し、今年も移民の日前後に各種イベントが開催される。詳細は次の通り。【サンパウロ市】◎14日午前9時からイビラプエラ公園(Av. Pedro Álvares Cabral s/ n, Portao […]