ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(1)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(1)

第一章 一度だけ見た正夢(一九九四年一〇月)

  一、死の淵を覗く

 風土病にかかり高熱と下痢のために入院して、二ヵ月が過ぎようとしていた。
 夕方、六人収容の病室から向いの一室に移された。私だけである。なぜだろうかと考えたが、意識が混濁して考えが纏まらない。電灯がともった頃、数日前若い女子社員がこの部屋に運ばれて来て、夜明けを待たずに死んだ事を思い出した。俺も死ぬんだろうかと、白い天井をボンヤリ見つめていた。
 入院も長くなると、見舞の人たちは間遠になった。熱と下痢は続いていて、私は痩せ細っていた。一九四四年一〇月一七日、新京神社(旧満洲国新京特別市)の秋祭りの夕方、病室を変えられて一人になると、次々に見舞客が来た。会社の人たちは口々に
「早くよくなれよ。直ぐに入隊だよ」
 と、励ましてくれた。上司の奥さんたちも代わるがわる見えて、お祭りのご馳走を枕元に並べた。
「しっかり食べて、早く元気になるのよ」
 と、入隊前の私を案じてくれた。
 その日、私が危篤状態になったものだから、皆さんが次々に見舞に見えたのだが、当のご本人は自分が死にかけているとは思いもしないで、ただ息苦しく床ずれが痛くて、荒い息をはいていた。見舞客が途絶え、病室は静かだった。いつの間にか、私は空間を漂っていた。頭の中に何かが渦巻いているようである。体の痛みもだるさも消えていた。
 (ああ、楽になった)
 そう思いながら漂っていると、いきなり大声が聞えた。
「おい、谷口よ。俺だ。明日入隊だ。一足先に征くぞ」
 同僚の佐藤平八である。その声でハッと正気付くと、空間を漂っていた躯は、寝台に横たわっていた。彼は巻寿司を一コつまむと、私の口の中にねじこんだ。
「しっかり食って元気になれ。明日は来る暇がないが、死ぬんじゃないぞ」
 彼はそう言い残して帰って行った。しばらくして、口中の寿司を噛んでみた。なぜかとても美味くて、二、三度口を動しただけで呑みこんだ。だが、続いて食べたい気持になれなかった。巻寿司一コのせいではないはずだが、翌朝私は危篤から抜け出ていた。
 生と死の間を往き戻りしていたのが、どうした加減か生の方へ引き戻され、発病二ヵ月余りのあと、峠を越した。あれほどひどかった熱と下痢がおさまり始めたのだ。
 あれから五二年後、サンパウロ市のさるご住職から
「あのような現象は、幽体分離現象というのです」
 と、説明を受けた。 

  二、夢

 自力で体を起こす力がなくて、まだ寝たきりであったが、意識の混濁はなくなった。窓外の秋の陽差しを、なつかしい思いで見とれるようになる。
 普通、夢は目覚めると忘れるものだが、回復期の夜明けに見た夢が、妙に強く頭に灼きつけられて、折にふれ思い出していた。
 夢は……。
 多勢の人たちと暗闇のなかを歩いているところから始まった。ずい分長い時間歩いて疲れきっていた。路は上り下りと曲折が多かったが、いつしか平坦になっていた。左側の木立が急に薄くなり、可成奥までおぼろに見透すことができた。右側の密林は黒々とした影をつくっている。間もなく路は鉄道の踏切りにさしかかった。左方には煙をはいている機関車の黒い影が、星空を背にしていた。踏切りを渡ると路は左に曲り、遥か前方に灯火が一つ揺れていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(45)2018年9月18日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(45)   一六、列車は東へ(一)  家畜並みの身体検査は終わった。通訳が私の方のグループに告げた。 「所持品を持って、至急ここに集まって下さい」  すぐ近くの屋根のないプラットホームに導かれた。貨物列車が停まっていた。一両に一六人づつ乗車する。貨車には一〇㎝ほどの厚さに、松葉が […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(43)2018年9月14日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(43)  終戦後連行された捕虜たちは、右の適性検査をされないで、一様に重労働にこき使われた。その上食料はまるで足りなかった。二五四連隊が放りこまれた三収容所では、終戦からその年の末までの約一三〇日間の兵の食料事情は、九五%も不足していた。その上シラミが大発生し、それにつれて発疹チブスが […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(44)2018年9月15日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(44) 「広島はどこかね」 「市内の己斐町だよ」 「僕も己斐本町だ。駅前の高野食堂の息子の哲雄というもんだ」 「なんだ。高野さん、谷口ですよ。新京ではお世話になりました」  高野さんは私が入隊前勤務していた満州電信電話株式会社の大先輩で、しかも同じ町内の出身である。数回食事を共 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(41)2018年9月12日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(41)  有田は台に残されたパンを私達に渡し、例のパンを適当に五つに分けて配った。つまりパン一個を横領したのである。将校がやった横領は、そのために多くの兵を餓死させた。今、下士官が見せた横領は、将校のやったことと比べれば、罪に入らないほど僅かな横領である。私はそのように都合の良い理屈を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(42)2018年9月13日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(42)  (註=一九九二年五月末、この丘の大穴の埋葬地に墓参した時、あの松群を真っ先に探した。あった! あの時より成長していて、倍以上の高さになっていた。  思わずそのことを言うと、五〇年近い年月が過ぎているんだよ。うんと伸びているはずだから違うな」と反論した人がいた。私が四七年前に […]