ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》工業界が投資を削る?=GDP縮小や政局を反映=トラックストも大きく影響

《ブラジル》工業界が投資を削る?=GDP縮小や政局を反映=トラックストも大きく影響

幹線道路脇に停められたトラックと路上に広がった運転手達(Roberto Parizotti)

幹線道路脇に停められたトラックと路上に広がった運転手達(Roberto Parizotti)

 選挙年故の先行き不透明感やトラック運転手のストによる生産停止、ドル高などにより、国内総生産(GDP)の成長予想が下方修正される中、工業界の投資計画が縮小していると19日付現地紙が報じた。
 この傾向を示す例の一つは、サンパウロ州工業連盟(Fiesp)が先週発表した調査報告だ。それによると、442社を対象に調査した結果、3月の時点での投資予定は、平均で17年比1・2%増となっていたが、現在の投資予定は、昨年比0・4%(5億300万レアル)減の1173億レアルとなっている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ