ホーム | 日系社会ニュース | 移民史料館=企業に改修プロジェクト説明会=約30人が参加、館内見学も

移民史料館=企業に改修プロジェクト説明会=約30人が参加、館内見学も

8階で説明する山下副委員長(提供写真)

8階で説明する山下副委員長(提供写真)

 ブラジル日本移民史料館の運営委員会(西尾ロベルト委員長)は、13日、同館改修プロジェクト説明会を開催した。同プロジェクトの資金援助を求めることを目的に行なわれ、25の日系企業、団体などから約30人が参加。現在工事中の8階は、眞子さまのご訪問にあわせて公開される予定だ。
 山下リジア副委員長、同プロジェクトの設計を担当したミナ・モンタジェン社の井上(いのうい)ジョアンさんらが改修工事の説明を行ない、7階と8階を案内した。
 改修工事は、4段階で行なわれ、まず8階の改修、次に9階の改修と7階入り口整備、続いて7階改修、最後に3階事務所の改修などが行なわれる見通しだ。
 伯トヨタ社の下村セウソ副社長は参加者に感謝を述べ、「私もここに来る度に祖先に思いを馳せている。トヨタも60周年という節目を迎え、日本移民との繋がりをもとに一緒に働いていきたい」とプロジェクトを支援する理由を説明した。
 MUFGバンクの木下誠頭取は「史料館は歴史を振り返る場所であり、私達も時間があれば出張者をここに案内する。今後、本社にも説明し、私達も協力していく予定だ」と意向を語った。
 説明会後は、9階でカクテルパーティーとなり、参加者らは歓談を楽しんだ。azbilブラジル社の根岸誠社長(54、東京都)は本説明会で10回目の史料館訪問となった。7階の初期日本人移民の家屋展示に特に関心を示し、「両親から聞いていた移民の話を思い出す」と振り返った。
 史料館については、「日本人の歴史を感じる。残していかなければならないものだが、支援についてはこれから検討していきたい」との考えを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会2018年9月15日 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会  【らぷらた報知13日付】アルゼンチンと日本二国間の修好120周年記念として、アルゼンチン産肉の日本市場解放を祝い、アルゼンチン・パタゴニア・ラム(小羊)のプレゼンテーション及び試食会を8月29日に、ブエノスアイレス市内の料亭ニッポリで開催した。日亜修好120周年記念式 […]
  • 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)2018年8月10日 眞子内親王殿下 ブラジルご訪問を終えられてのご印象=ブラジル訪問を終えて(平成30年8月8日)  宮内庁サイトに8日付で、眞子さまが書かれたブラジルご訪問の印象」が発表された。「訪問した先々で、思い出深い出来事と出会いがありました。その全てをここに書き表すことは到底できませんが、日系社会の方々との交流は、とりわけ大きく心に残っています」などコロニアに向けたと思われ […]
  • 「安永忠邦さんに聴く移民史」=駐在員向けに異例のツアー2018年9月11日 「安永忠邦さんに聴く移民史」=駐在員向けに異例のツアー  「植民地に生まれ、そこで根を張って生活する移民の生の声を聴いて欲しい」――駐在員向けの観光プランを提供する、旅行会社のトレンディーツーリズム(関根いつ子代表)は『温泉リゾート満喫3日間―安永忠邦さんに聴くブラジル移民史―』を10月26~28日に企画している。  今年 […]
  • 眞子さま=トメアスーの熱帯果樹にご関心=森林農法の農場と農業組合で2018年8月3日 眞子さま=トメアスーの熱帯果樹にご関心=森林農法の農場と農業組合で  パラー州トメアスー郡のクアトロ・ボッカスの日系社会を訪問された眞子さまは27日、トメアスー文化農業振興協会(ACTA)での日程終了後、峰下興三郎さんの峰下農場、トメアスー総合農業共同組合(CAMTA、乙幡敬一アルベルト理事長)のジュース工場の視察へ向かった。  峰下 […]
  • 眞子さま=先没者慰霊碑、史料館ご訪問=トメアスーで日系人と交流2018年8月3日 眞子さま=先没者慰霊碑、史料館ご訪問=トメアスーで日系人と交流  眞子さまはパラー州トメアスー郡クアトロボッカスの日系社会を27日に初訪問され、歓迎式典出席のほか、開拓先没者慰霊碑にご献花、地元日本移民や日系人とのご接見、トメアスー文化農業振興協会(ACTA)会館内の史料館ご視察を行った。  飛行場に到着した眞子さまは、まず墓地内 […]