ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》第4地域裁の当直判事が突如のルーラ釈放令=二転三転の末、収監は継続=「全ての法的手段とる」とPT=テメル外遊中に一波乱?

《ブラジル》第4地域裁の当直判事が突如のルーラ釈放令=二転三転の末、収監は継続=「全ての法的手段とる」とPT=テメル外遊中に一波乱?

「ルーラを釈放せよ」と気勢を上げる支持者たち(Roberto Parizotti)

「ルーラを釈放せよ」と気勢を上げる支持者たち(Roberto Parizotti)

 【既報関連】連邦第4地域裁(TRF―4)の日曜当直判事だったロジェリオ・ファブレト判事が8日午前9時ごろ、収賄と資金洗浄の罪で4月7日から収監されているルーラ元大統領に人身保護令(HC)を適用の上、釈放するよう命令した。20年来の労働者党(PT)シンパだった同判事が日曜日に〃ぬけがけ〃で出したルーラ釈放命令で、司法界は大混乱に陥った。釈放を巡る判断は数時間単位で二転三転した後、同日午後7時半にトンプソン・フローレス同地域裁長官が出した「ルーラの釈放を認めない」との判断で一応の決着を見たが、火種はまだ燻っていると、9、10日付現地各紙は報じている。

 ファブレト判事のHC適用の根拠は、ルーラ元大統領が、PT公認の今年の大統領選候補であるというものだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ