ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『朝陰』第464号が6月に刊行された。《桔梗咲く亡父の拓きし旧耕地》(西史子)。万葉集にも「秋の七草」と歌われている桔梗だが、実は日本では絶滅危惧種。ところが亡父によって持ってこられ、ブラジルに根付いている。植物も人と共に移住することが実感される句では。《看板のみ小野田牧場秋深し》(鈴川麦秋)からは、ルバング島から帰還したあの小野田寛郎さんが拓いた農場が、2014年に主が亡くなって以降、寂しい姿になったことが伺われる。《しその実は郷愁そのもの噛みしめる》(松田寒山)には移民の作品ならではの深い味わい。《異人にも弁当分かつ運動会》(前田昌弘)は移住地の運動会で、ブラジル人と弁当を分け合いながら和気藹々と食べる様子を詠ったものだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年9月13日 大耳小耳  『ブラジル岐阜県人会便り』6月号を見ていたら、レジストロ市と岐阜県中津川市の姉妹都市記念式典が10月20日に、現地で行なわれるとの記事があった。リベルダーデから貸し切りバスが出て、ピラルク養殖場、茶畑、鍾乳洞の観光なども含まれている1泊旅行だ。まだレジストロ未訪問の人には、格 […]
  • 大耳小耳2018年9月12日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』第466号が8月に刊行された。《冬の朝気合をかけて体操会》(不破吏子)は冬場のラジオ体操だろうか。アマゾン吟行の連作のひとつ《紅鶴は原始の森を染めて翔つ》(佐々木君代)はフラミンゴの事かと思って調べると、たしかに「和名ベニヅル(紅鶴)」とある。だが、よく読むと「ツ […]
  • 大耳小耳2018年9月7日 大耳小耳      ◎  日伯協会(三野哲治理事長、在兵庫県)の会報『ブラジル』980号が7月に刊行された。移住110周年の特集号で、全16頁中半分以上がその関係で埋まっている。日本側の110周年式典が4月28日に神戸市で盛大に行なわれた件の報告も。その時のノンフィクション作家・山根一 […]
  • 大耳小耳2018年9月5日 大耳小耳  月刊『ピンドラーマ』9月号が刊行された。「せきらら難民レポート」(おおうらともこ)では、ベネズエラ難民の厳しい祖国での生活ぶりが伺える。《5、6時間スーパーの外の行列に並んで購入できるのは、ある週はパスタ一袋だけ、翌週は鶏肉ひとつだけ》《卵1ダースは最低賃金の3倍、闇市は盛ん […]