ホーム | コラム | 樹海 | マララ基金が支援する三つの教育事業とは

マララ基金が支援する三つの教育事業とは

サンパウロ市イビラプエラで行われた討論会でのマララさん(Rovena Rosa/Ag. Brasil)

サンパウロ市イビラプエラで行われた討論会でのマララさん(Rovena Rosa/Ag. Brasil)

 2014年にノーベル平和賞を受賞した人権運動家のマララ・ユスフザイ氏(21)が、三つの教育事業を支援するためにブラジルを訪問中だ。彼女が代表の「マララ基金」が支援するのは、サンパウロ市の「教育活動」とバイア州サルバドール市の「先住民活動全国協会」、ペルナンブコ州レシフェ市の「青少年の権利取り戻し運動」だ▼サンパウロ市での活動はデニーゼ・カレイラ氏が1994年に始めたもので、男女平等という視点で教師を訓練するオンライン講座を開設。性にまつわる暴力や教育における性差別に関する報告書も出している▼バイア州での活動はアナ・パウラ・フェレイラ・デ・リマ氏らが1979年に開始。先住民の文化の独自性や政治、経済のあり方を認めかつ尊重し、先住民が自分達で決断する権利を守る事が目標だ。リマ氏も教師として働いてきたが、現在は、先住民の少女60人を若い活動家として育てると共に、少しでも多くの先住民少女達が基礎教育課程を終える事が出来るよう支援している▼ペルナンブコ州での活動は、「幼少青年の人権を擁護し、あらゆる差別と戦いつつ、活動的な市民と急進的な民主主義を育てる」との旗印の下で1990年に始まった。会長のシウヴィア・シケイラ・カンポス氏は13歳から活動に参加し、同協会を支えてきた▼黒人家庭で基礎教育課程を終える子供は僅か30%、人口の0・5%に過ぎない先住民が非就学者や非識字者の30%を占めるといったデータを挙げ、教育の機会は全国民に保障されるべきだと訴えるマララ氏。保健・教育関連予算さえ削り、政党の選挙資金確保や財政赤字削減を図る政治家達にはさぞかし耳が痛い事だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 海外唯一の靖国講があるブラジル2018年9月4日 海外唯一の靖国講があるブラジル  ブラジル・サンパウロ靖国講の慰霊祭で15歳の西国山口文香さん(二世)が、英霊に「皆さん痛かったでしょう。苦しかったでしょう。ごめんね。(中略)私達は一生懸命に勉強して、世界を平和にするために努力します」と語りかけ、移民の先達にも「「皆さまは、いつどんな時でも、胸に日の […]
  • 大統領選の行方を握るのはPSDBか2014年8月22日 大統領選の行方を握るのはPSDBか  マリナが正式に大統領候補に選ばれ、決選投票に向かう流れだ。しかもジウマ(PT)とマリナ(PSB)。となれば、勝敗の鍵を握るのはどちらがアエシオ(PSDB)と組むかだ。どちらがPSDBに近いか―といえば、マリナとの声が多い▼ジウマとアエシオが決選投票になり、カンポスが生きて […]
  • ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り2015年3月5日 ポップカルチャー系が充実したミナス日本祭り  先週末にあったミナス日本祭り。取材には出向かなかったが、プログラムを見ると、アニメケ(主題歌のカラオケ)、コスプレ大会、J―ポップダンスと、ポップカルチャー系が中々充実していた。公式サイトに掲載された写真の比率を見ても、半数程度が非日系のコスプレ姿で埋めつくされていて、同 […]
  • 樹海2014年10月28日 樹海  今年の大統領選挙は、1989年開始の大統領直接選挙(同年はコーロル氏とルーラ氏の決選投票でコーロル氏が当選)以来の僅差の選挙だった▼89年選挙には23組が出馬。ルーラ氏に隠し子がいた事が判明したりして、有効票の53%を得たコーロル氏が当選した。その後の選挙ではカルドーゾ氏 […]
  • 決選投票におけるマリナの役割2014年10月8日 決選投票におけるマリナの役割  今選挙の特徴は〃逆転〃だ。序盤でのカンポス候補の死でマリナが突然出馬して支持率33%の急上昇を記録し、ジウマ(37%)に肉薄した時には驚愕が広がった。でも後半にアエシオが逆転し、決選投票に割り込む力技を見せた▼PTとPSDB両側から老練な攻撃が繰り返される中で、マリナは的 […]