ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》トラックスト余波=最低運賃と罰金免除を両院が承認=テメル大統領の裁可待ち=総弁護庁は違憲と判断

《ブラジル》トラックスト余波=最低運賃と罰金免除を両院が承認=テメル大統領の裁可待ち=総弁護庁は違憲と判断

5月末に発生したトラックストはブラジル社会に大きな影響を与えた。(参考画像・Secom PF)

5月末に発生したトラックストはブラジル社会に大きな影響を与えた。(参考画像・Secom PF)

 【既報関連】ブラジル連邦議会(上院と下院)は11日、トラック輸送の最低運賃を定めた暫定令(MP)を承認した。このMPでは、5月21日から6月4日までのスト期間中に、道路からトラックを取り除かなかった個人トラック業者や、ストを支援した運送会社に科された罰金を免除することも定められており、テメル大統領の裁可待ちと、12日付現地紙が報じた。ただし、総弁護庁(AGU)は、裁判所が出した罰金をMPで免除する事は憲法違反としている。

 今回のMPで定められた最低輸送運賃以下で物資の輸送契約を行ってしまった業者への罰金も、5月30日から7月19日までの契約の場合は免除される。MPにより罰金が免除される会社は151社、免除額は7億1510万レアルに上る。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ