ホーム | イベント情報 | ありあんさ郷友会の親睦会=牛肉100キロのシュラスコ=8月26日

ありあんさ郷友会の親睦会=牛肉100キロのシュラスコ=8月26日

(左から)市川さん、橋浦さん

(左から)市川さん、橋浦さん

 ありあんさ郷友会(市川利雄代表)は「第53回親睦会」を8月26日正午から、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開催する。入場無料だが、持ち寄り一品を持参すること。
 ミランドポリス郡のアリアンサ移住地出身者の再会の場として始まった懇親会。例年約350人近くが参加し、アリアンサ移住地からもバス一台で駆けつける。
 アリアンサから新鮮な牛肉約100キロが持ち込まれ、シュラスコが楽しめる。当日は、鳥取傘踊りやカラオケなど様々な余興が行われるほか、景品の抽選なども。
 案内のため来社した市川代表、橋浦行雄さんは「年に1回の再会を楽しみにしています」と呼びかけた。問合せは、市川代表(11・99918・8373)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ