ホーム | 日系社会ニュース | 広島市=日系男性が心筋梗塞で死亡=妻が豪雨で帰宅出来ぬ間に

広島市=日系男性が心筋梗塞で死亡=妻が豪雨で帰宅出来ぬ間に

 BBCブラジル電子版は東京発12日付記事(カマタ・ファッチマ記者)で、35年間日本に住むブラジル国籍オガタ・エドゥアルドさん(53)が、西日本豪雨の最中の7日未明に心筋梗塞を起こして死亡したと報じた。
 広島県広島市安芸区で妻サイミ・マルシア・チエミ・カンポスさん(36)と子供2人と4人で暮らしていた。
 マルシアさんは車で通勤しており、いつもの午後6時まで勤務した。普段なら1時間で帰宅出来るのに、この日は7時間以上かかっても自宅に着かない。車には16歳の娘と9歳の息子も同乗しており、夜中の0時頃コンビニに入った後、家に着いたら伯国対ベルギー戦を見ようなどと考えながら再び車に乗り、アパートの近くまで来た。
 だが、瀬野川が氾濫して、それ以上進めなかったため、オガタさんと連絡をとり、近所に住む彼女の姉妹の家に泊めてもらう事にしたのが、午前1時49分だった。
 ところが、息子が発熱して容態が悪化。救急車を呼んだ後にオガタさんと連絡をとろうとしたのに、何度電話をかけても通じない。
 オガタさんは9年前に心臓の手術を受け、毎日薬を飲んでいたため、不安に思ったルシアさんが娘の友人達に頼んで見に行ってもらったところ、扉は鍵が開いており、電気もエアコンもついたままの部屋でオガタさんが息絶えていたという。
 知らせを受けたマルシアさんは、虫垂炎で緊急手術を受けた息子を病院に残したまま、娘と共に車に乗り、洪水や土砂崩れの起きた箇所を避けながらやっとアパートにたどり着いた。オガタさんの遺体は、検死医達が来るまでの2日間、アパートに留め置かれた。
 オガタさんが火葬に伏されたのは10日。火葬後の灰は、息子の帰りを待ちわびていた母親に引き渡すべく、伯国に持ち帰る。オガタさんは35年間、1度も帰国せず、工場で働いていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化2018年10月6日 トヨタ、新規投資289億円=インダイアツーバ工場近代化  ブラジル・トヨタ自動車(ラファエル・チャン社長)は、先月28日、カローラを生産するインダイアツーバ工場に10億レアル(約289億円)の新規投資計画を発表した。オ・エスタード紙が29日付紙面で報じている。  同紙によれば、工場開設20周年記念イベントにおいて同計画は発表された […]