ホーム | ブラジル国内ニュース | 貿易戦争でブラジルに恩恵=中国が大豆の輸入を増やす

貿易戦争でブラジルに恩恵=中国が大豆の輸入を増やす

 米国のトランプ大統領が導入した特定国や特定商品への高関税という保護貿易政策と、中国がそれに対抗して取った米国製品への高関税政策という貿易戦争で、ブラジルが恩恵を被っている。
 その一つは大豆だ。大豆は米国の主要輸出品目の一つで、中国が米国産大豆に高関税を課した事で、ブラジル産大豆に対する需要が増えた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し2016年8月24日 大豆の輸出量減、国内需要増=他の生産物は回復の兆し  8月は大豆の輸出量が減り、トウモロコシや砂糖、コーヒーの輸出量が増えている。  大豆の場合、8月はじめの15営業日の実績から見た輸出量は大幅に落ち込み、400万トン程度で終わりそうだ。直近4カ月の大豆の平均輸出量は8400万トンで、4月の輸出量は1千万トンに達していた。 […]
  • 李首相(右)を迎えるジウマ大統領(Roberto Stuckert Filho/PR)2015年5月20日 〃救世主〃李首相が来伯=鉄道や電力事業に投資=(上)=基幹工事などに530億ドル=牛肉や航空機輸出の合意も  中国の李克強首相が18日に来伯し、19日のジウマ大統領との会談後、35項目からなる2国間協定を締結したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。 企業家約150人を伴って来伯した李首相は、ジウマ大統領と両国間の国交深化と交易の活性化について話し合った後、八つの分野にまた […]
  • 大豆の収穫記録更新か=南部での生産性向上受け2015年3月31日 大豆の収穫記録更新か=南部での生産性向上受け  14/15農年の大豆生産は昨農年比11%増の9580万トンに達する見込みだ。 全国の農地をモニターしているアグロコンサルト社によると、増収は南部での生産性向上を反映したもので、全国平均の生産性も、ヘクタール当たり50・7俵となるという。 州別生産量1位のマット・グロッソ州 […]
  • 17年ブラジル貿易=670億ドル超の黒字計上=今年初日、2日の株式も史上最高値を記録2018年1月4日 17年ブラジル貿易=670億ドル超の黒字計上=今年初日、2日の株式も史上最高値を記録  通商産業開発サービス省(Mdic)は2日、昨年の貿易収支が前年比40・5%増の670億100万ドルの黒字を記録したと発表したと、3日付現地各紙が報じた。  670億ドルを超える黒字は、1989年の統計開始以来、最大だ。  これは、輸出総額が6年ぶりの上昇となる前年比18・ […]
  • 《ブラジル》穀物生産が10年間で21%増?=大豆の生産量は米国も追い越す見込み2017年7月26日 《ブラジル》穀物生産が10年間で21%増?=大豆の生産量は米国も追い越す見込み  ブラジル農務供給省とブラジル農牧調査研究公社の発表によると、ブラジルの穀物生産は今後10年間で21・5%伸び、2億8820万トンに達すると見られている。現在(2016/17農年)の収量予想は2億3720万トンだから、10年間で5100万トンの増収が見込まれている事になる。 […]