ホーム | 文芸 | 刊行 (ページ 20)

刊行

刊行物=朝蔭4月号

 『朝蔭』4月号(第784号)が発行された。 巻頭「句帳」(念腹)その一句「日焼けせし顔を優しくして話す」、「雑詠 寿和選」その3句「カルナバル読経さへぎるサンバの音」(遠藤永観)、「大根を干せば雨雲何処より」(青野妙子)、「薄幸の友の賀状の美しき」(青木駿浪)、「老人の掌」(栢野桂山)、「九十三の誕生日」(宮崎花江)、「句会便 ...

続きを読む »

刊行物=楽書倶楽部22号

ニッケイ新聞 2014年4月26日  随筆集「楽書倶楽部」第22号が日毎叢書企画出版から発行された。  「好きな作家」(谷口範之)「八十二歳何をか言わん」(諏訪とみ)「パタゴニアの冬」(寺田雪恵)「断食療法」(貝田定夫)「積荷ドロボー」(小栗巌)「移民の子」(有澤真理子)など37作品の他、一口雑学、シルバー川柳、健康の知恵など。 ...

続きを読む »

刊行物=あらくさ短歌会歌集

ニッケイ新聞 2014年4月18日  あらくさ短歌会の合同歌集第9号が出版された。巻頭歌(金谷はるみ選)から2句。「赤道を越えて幾日夜如に高くなりしよ南十字星」(岩波菊治)、「足元にとぐろを巻ける毒蛇を殺して今日も原始林を伐る」(酒井繁一)。全73頁。

続きを読む »

ピンドラーマ、4月号

ニッケイ新聞 2014年4月15日  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』4月号が発刊された。 「ブラジルで活躍する日本人 伊澤彩子さん」「さんぱうろぐるめうをっちゃー」「2014選挙の見所」など。サッカー、グルメといった毎月のコーナーも掲載。 問い合わせは同出版社(11・3277・4121)まで。

続きを読む »

刊行物『椰子樹』

ニッケイ新聞 2014年4月11日  椰子樹3月号(360号)が刊行された。 「わが愛する歌人 半田良平」(来島靖生)「ブラジル歌壇を支えた人々 清谷益次」(小野寺郁子)「第五回角川全国短歌大賞」(小濃芳子)、題詠「駅前 多田那治選」、作品集ほか。

続きを読む »

刊行物『朝蔭』3月号

ニッケイ新聞 2014年4月11日   『朝蔭』3月号(第785号)が発行された。 巻頭「句帳」(念腹、その一句「月見草昼より咲いて牛蛙」)、「雑詠 寿和選」その3句「味噌汁の雑煮に馴染む異人嫁」(前橋光子)、「月に冴ゆ警邏の笛に帰路急ぐ」(臼井白山)、「抱擁し挨拶おいて汗をふく」(野々瀬真理子)、「句会便り」(各地句会)ほか。

続きを読む »

子や孫に移民史を― アマゾン日本人移民80周年を記念誌『アマゾン』

アマゾン

2009年にアマゾン各地であった式典や、日系移住地をルポした日本・ポルトガル語併記の記念誌。 アマゾンの発展に貢献した日本人の歴史が分かる一冊。70レアル。 サンパウロ市リベルダーデ区にある本紙(11-3340-6060)、太陽書店(3208-6588)、フォノマギ書店(3104-3329)ほか、アマゾン地域では、汎アマゾニア日 ...

続きを読む »

ブラジル旅行にも最適! 『ブラジル人のためのニッポンの裏技―暮らしに役立つ日本語便利帳―』

ブラジル人のためのニッポンの裏技

日本に住むブラジル人のために作られた本だが、ブラジルを旅行する日本人にも便利な指差し会話帳。50レアル。サンパウロ市リベルダーデ区にある本紙(11-3340-6060)、太陽書店(3208-6588)、フォノマギ書店(3104-3329)で販売中。

続きを読む »

残りわずか!日本でのみ販売中 『百年目の肖像~邦字紙が追った2008年~』 

残りわずか!日本でのみ販売中 『100年の肖像~邦字紙が追った2008年~』 

2008年、日本とブラジルで祝われた日本移民100周年の記念事業をまとめた写真集『百年目の肖像』。ブラジル側ではすでに品切れとなっていますが、海外日系人協会(横浜市、045-211-1780、http://www.jadesas.or.jp)ではまだ販売中です。 お早めにどうぞ!

続きを読む »

月刊誌『潮』=SGI南米布教連載5月に=貴重な笠戸丸移民対談記録

ニッケイ新聞 2014年3月25日 「総合月刊誌『潮』で掲載中の、創価学会インターナショナル(SGI)の池田大作会長の軌跡を追う連載「民衆こそ王者」の5月号から中南米・ブラジル編が始まり、その中で池田大作先生と児玉さんの対談の話も振りかえられる予定です」。ブラジル創価学会の高坂ジュリオ理事長(67、二世)はそう語りながら、池田会 ...

続きを読む »