ホーム | 文芸 | 刊行 (ページ 30)

刊行

刊行物『ぶらじる川柳』

ニッケイ新聞 2012年5月19日付け  『ぶらじる川柳』第62巻(第2号、通巻193号)が刊行された。  「弾琴集」「塞翁が馬」(松野宗純)「随想 花嫁」(大城戸節子)「随想 娘欲しけりゃー」(今立帰)「忘れかけてるいい言葉」(中村喜春)「詩・お猿さん」(桜井しずえ)「詩・回想」(島田喜久枝)、ほか。

続きを読む »

ピンドラーマ、5月号

ニッケイ新聞 2012年5月11日付け  コジロー出版社のブラジル情報誌「ピンドラーマ」5月号が発行された。  ブラジル文学の傑作『Os Sertoes』が書かれた場所として有名な、サンジョゼ・ド・リオ・パルドの紹介のほか、サッカー、音楽など毎月のコーナーを掲載。  問い合わせは同社(11・3277・4121)まで。

続きを読む »

『朝蔭』、4月号

ニッケイ新聞 2012年4月28日付け  『朝蔭』4月号(第390号)が発行された。  巻頭「句帳(十句)」(念腹、その一句「事務始末席にして忙しき」)、雑詠(寿和選)、句評(寿和、その三句「ジャカ種で試作の栗飯乙な味」(杉本君枝)、「柚子しぼる飛び出す種も香を放ち」(玉田千代美)、「ホームにもある礼拝堂復活祭」(玉井邦子))、 ...

続きを読む »

楽書倶楽部、第13号

ニッケイ新聞 2012年4月24日付け  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第13号が刊行された。  「グローバル・エコノミー」(中村勉)、「アマゾンの食物誌12」(醍醐麻沙夫)、「K子ちゃん」宮島右近、「小説 月のかけら 二」筑紫橘郎ほか。  問い合わせは同出版社(11・3209・5228)まで。

続きを読む »

『ピンドラーマ』、4月号

ニッケイ新聞 2012年4月18日付け  コジロー出版社の情報誌「ピンドラーマ」4月号が発行された。  「移民の肖像・為広明さん」「各国移民レポート・インド編」、政治経済、サッカー、音楽など毎月のコーナーもある。  日本食レストランや日系旅行社、土産物店などで配布している。問合わせは同社(11・3277・4121)まで。

続きを読む »

『椰子樹』、3月号

ニッケイ新聞 2012年4月13日付け  『椰子樹』3月号(352号)が発刊された。  「わが愛する歌人(4)」(上田三四二)「作品 小野寺郁子選」「第64回全伯短歌大会・作品募集」「第4回ブラジル短歌賞・作品募集」「正木思水遺歌集を拝見して」(鳥越歌子)ほか。

続きを読む »

刊行『Bobby,O Cao Zen』=藤田さんが愛犬との日々綴る=11日に記念イベント

ニッケイ新聞 2012年4月11日付け  藤田康二さん(二世、76)が愛犬ボビーと過ごした日々を綴った『Bobby,O Cao Zen』(ヴィアパラブラ出版、60頁、20レアル)を11日に発売するにあたり、同日午後7時から本紙地下の喫茶店「コーヒー」(Rua da Gloria, 326, Liberdade)で記念イベントが開 ...

続きを読む »

『蜂鳥』2月号

ニッケイ新聞 2012年3月21日付け  『蜂鳥』2月号(305号)が刊行された。  「蜂鳥集 久子選」より3句、「息子等も初老の兆し重ね餅」(土田真智女)、「日本の国美しや夾竹桃」(荒井寿恵美)、「ニラの花小さきこぶしをそっと開け」(高谷幸子)、「特別作品 夏みかん」(串間いつえ)、「胚芽の呟き」(近藤玖仁子)ほか。

続きを読む »

『朝蔭』2月号

ニッケイ新聞 2012年3月20日付け  『朝蔭』2月号(388号)が刊行された。  「句帳」(念腹)、「乳癌」(藤本千秋)、「理屈はいはないで実行して見ること」(虚子)、「雑詠 寿和選」から3句、「お目出度ふ書けぬ年賀の哀しさよ」(中山真司)、「温泉の町の明りの猫の恋」(山上セツ)、「初旅や曾孫見たさにカナダ行き」(原はる江) ...

続きを読む »

ピンドラーマ、2月号

ニッケイ新聞 2012年2月18日付け  コジロー出版社の月刊情報誌『ピンドラーマ』2月号が刊行された。  「各国移民レポート〜イスラム教徒編」「ブラジル版百人一語」など。政治経済、サッカー、音楽など。  日本食レストランや日系旅行社、土産物店などで配布している。問合わせは同社(11・3277・4121)まで。

続きを読む »