ホーム | 文芸 | 連載小説 (ページ 30)

連載小説

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(14)

ドロドロと鉄が溶けた高炉

 ここミナス州イパチンガ(町)は日本とブラジル合弁の最大のプロジェクトと言われた一貫製鉄所建設の現場だった。  日本側は数百億円の投資をし、ほぼ全ての設備機材を供給し、一方ブラジル側もそれに見合う資金と人員を投下して、まばらに牛が居るような全くの原野だったところに、生産能力五十万トン/年の近代製鉄所を計画し、建設を始めたのである ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(13)

建設工事開始時、現場に掛けられた工事看板

 こんな会話の日々もあって、『大きな舞台で新しい仕事を見つけて、発展をめざしたい。出来ればお金ももっと稼いで、田舎で窮屈な暮らしをしている妹たちにも良い生活をさせたい』そう願っていた勝次に耳寄りなニュースが入ってきた。 『日本の大きな会社がブラジルに進出して近代製鉄所を建設する。その会社ではブラジルで大量の人を採用するが、その建 ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(12)

 杉田源吉家には四人の子供が残された。  父と一緒に家に居た正吉と勝次、それに幼くて知人の家に預けられて居たさと子とよし子である。  男の子二人は係員による事情聴取は受けたが、未成年なので無罪放免となり、女の子たちもそのまま自由に、となった。  『私達の国日本』のために、と信条を通した源吉の家族を支えようと、源吉夫婦に親しかった ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(11)

「ゴーッ」  砂まじりの風が通りすぎて枯れ草が宙に舞った。乾いた太陽がギラギラと輝いた。  厳重に固めた軍警兵の包囲の輪がジリッとまたひとつせばめられた。こちらの呼びかけには何の応答もなく、しんと静まり返った家の中からは物音一つ聞こえない。  こんな状況に業をにやしたか、既に屋敷際の木柵にとりついた一群が一斉に撃ち出した。  バ ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(10)

 手堅く仕事を伸ばし、仲間内でも信頼の厚い川本が口を開いた。 「源さん、貴方の言うことはもっともだ。今までの積みあげをみんな奪ってしまって、非道を通してきた外人に今更頭をさげられないという貴方の気持ちは、痛いほど分かる。しかし、ここはブラジルなんだ。たとえどこの国籍を持って居ようと、この国に住んでいる以上、この国の規則に従い、こ ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(9)

    *      * ――ここで説明をしておかねばならない。第二次世界大戦終了直後のブラジル日系コロニアは、通信の不自由だった事情もあって、絶対多数を占める日本の敗戦を認めないいわゆる『勝ち組』と、後には勢力を増したが当初はごく少数のインテリ連に限られた敗戦認識派、いわゆる『負け組』とに二分された。  勝ち組の中の過激派は、 ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(8)

 以前は気力にあふれて話をしたのに、めっきり口も重くなった。ただ、残された四人の子供たち、正吉、勝次、以下の二人の女の子に対する時だけは、その強い閉じられた顔に、昔どおりの明るい笑顔が浮かぶのだった。  大陸の夜は深々と更けて、平原の乾いた空気に寒さがひとしお身にしみた。広い耕地の中にポツンと建った源吉の家の中では粗末な木造りの ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(7)

「父ちゃん、火だ」正吉が低く叫んだ。 「うーむ」子供の手を強く握り返しながら源吉はうめいた。  めぼしいものをあらかた奪い尽くしたあげく、誰かが火をつけたらしい。店の奥の方から黒い煙がもくもくと上がり、やがて黄色い炎の色がチラチラと見え出した。群集の興奮はその極みに達した。  もう何のためにこんな騒ぎをやっているのかも分からない ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(6)

「分かった松さん、ありがとう。礼を言うよ。それじゃ、裏からコンセイソン通りを抜けて教会の裏手に出よう。あの辺は住宅地だし、ものの分かった人達が多いから、害を加えられることもなかろう。ふさ、大事な物だけ身につけな。沢山は持とうと思うな。おれはさと子と勝次を連れて行くから、お前はよし子を頼むぞ」  家の外には高く叫ぶ声、バタバタと走 ...

続きを読む »

実録小説=勝ち組=かんばら ひろし=(5)

 何しろ絶対多数のブラジル人に囲まれて住むのであり、ことに官憲の保護も十分に及ばないこの様な田舎町では不安を増すような噂が多かったのである。「ポポーッ」九時半を告げるハト時計が鳴った時だ。「大変だ。外人たちが大勢こっちへ向かってくる。もう広川さんの家をやって、今は平田さんの店を襲っている。その次はきっとここがやられる」様子を見て ...

続きを読む »