ホーム | 日系社会ニュース (ページ 3)

日系社会ニュース

修養団、6市で講習会=日本から谷野講師招き

来社した桜井会長、谷野講師、蓮沼名誉会長

 ブラジル修養団連合会(桜井仁会長)が日本から青年部の谷野渉講師補(27、和歌山)を招き、聖、パラナ州6都市を巡る児童講習会を行っている。講習会には7~16歳の若者が集まり、2泊3日の共同生活を通し、お互いの思いやりや感謝の心、また同団が掲げる「愛と汗」の精神を育む。  聖州モジ・ダス・クルーゼス市では4~6日に行われ、156人 ...

続きを読む »

《ブラジル》移民110周年=東洋街活性化を遺産に=鈴蘭灯や広場改装を検討=日系企業の支援に期待?

東洋街の課題について議論された

 ついに幕開けとなった日本移民110周年の〃遺産〃として、東洋街活性化の検討が進められている。聖市と日系社会との移民110周年記念官民合同事業の一環として設置された「東洋街活性化部会」の第1回会議が8日召集され、取組むべき項目について協議が行われた。早ければ「移民の日」の6月までには、リベルダーデ広場で何かしらの形で改装工事が進 ...

続きを読む »

オザスコで元旦拝賀式=30人が新年の安寧祈る

拝賀式に参加した皆さん

 オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)は1月1日に同会館で拝賀式を行い、約30人が参集した。57年続く恒例行事で、参加者らは新年の挨拶を交わすとともに、1年の安寧を祈った。  拝賀式は午前10時に日伯両国歌の斉唱で始まった。聖南西柔道連盟の高ネルソン代表が乾杯の音頭を取り、日本酒と婦人会お手製のお雑煮と振舞われた ...

続きを読む »

《ブラジル》「プロポーズのドキドキ思い出す」=記憶をたどる「回想法」=増田さん、日本語で心理療法

回想法を行う増田さんと小沢さん

 「夫にプロポーズされたときのことを話していると、ドキドキした感情まで思い出すわ」。嬉しそうに話すのは、あけぼのホームに入居する小沢ハルコさん(仮名、84)だ。あけぼのホームはサンパウロ州グアルーリョス市にある援協傘下唯一の特別養護老人施設で、高齢日系人を中心に42人が入居する。16年6月からJICA青年ボランティアとして活動す ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■丸橋氏、レシフェ総領事に就任=百周年に続き、110周年も

丸橋次郎在レシフェ総領事

 日本移民100周年で在聖総領事館の首席領事を務めていた丸橋次郎氏(61、大阪)が、1月1日の在レシフェ領事事務所から総領事館への格上げに伴って、新たに総領事に就任した。  これまでポルトアレグレ、ブラジリア、リオ・デ・ジャネイロ、サンパウロで16年間を経た後に、ポルトガル大使館、モザンビーク大使館で参事官を務め、昨年9月17日 ...

続きを読む »

移民110周年、ついに幕開け!=ドリア市長登場で勢いづく=初釜、初生けで絢爛豪華に

「アケマシテオメデトウゴザイマス」と挨拶を締めくくったドリア市長

 ブラジル日本移民110周年祝賀事業が、いよいよ開幕――。7日、聖市最高級のチヴォリ・サンパウロ・モファレジ・ホテルで、『新年祝賀会とブラジル日本移民110周年祝賀事業開幕式』が開催された。これを皮切りに、今年は全伯各地で300以上の祝賀事業が催される。茶道裏千家による初釜や、生け花協会13流派の優美な初生けが祝宴に華を添えるな ...

続きを読む »

USP日本庭園、整備進む=110周年で皇族ご訪問を熱望

現在の庭園の様子

 ブラジル・ニッポン移住者協会(杓田美代子会長)はサンパウロ州立総合大学(USP)構内にある日本庭園の整備を進めている。同庭園は、1967年に初来伯した皇太子同妃両殿下(現、今上天皇皇后両陛下)のご臨席のもとで開園。同協会は今年6月に庭木の剪定、池の修復作業を終える予定だ。移民110周年式典で皇族がご来伯される場合、同庭園へのご ...

続きを読む »

特別写真グラフ=豪華に日本移民110周年開幕式=ドリア市長、コバス副市長が出席=380人で晴れやかに開始

会場からの熱烈な歓迎に笑顔で応えるドリア市長

続きを読む »

商議所=新移民法セミナーを開催=永住ビザ消滅など変更点多数=30年ぶり、観光客にも影響

注目を伺わせた新移民法セミナー

 ブラジル日本商工会議所は、佐伯法律事務所のミシェレ・アイダール弁護士を講師に招き、「新移民法セミナー」を先月19日に開催した。軍事政権下の80年に制定された旧法以来、約30年ぶりの改正となった新移民法では、保護主義的性格が色濃く、法的に不明瞭な点が多かった外国人に対する差別の撲滅が謳われ、その権利と義務が明記された。それに伴い ...

続きを読む »

県連日本祭りでギネスに挑戦=日本食500種類で記録目指す

賛成多数で可決となった

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)は今年7月の日本祭りで、ギネス記録に挑戦する。先月14日にブラジル三重県人文化援護協会で行われた12月度県連代表者会議で決議した。用意する日本食の種類の多さで登録を目指しており、各県人会の協力が必須となる。  県連は日本祭りがギネスに登録されることで、同祭の知名度の高め、さらなるス ...

続きを読む »