ホーム | 日系社会ニュース (ページ 30)

日系社会ニュース

愛善ホテル創業20周年=「一つ屋根の下から始まった」

ケーキカットで節目を祝った

 ナザレ・パウリスタ郡の長閑な高台に位置し、およそ10アルケールの広大な敷地を有する愛善ホテル(石田王貴人社長)は、『創業20周年式典』を、先月15日、同ホテルで開催した。  初代経営者の石田顕雄さん(二世、76)は、フォード、GM、VWなどの大手自動車会社で機械技師として働き、定年退職後、4アルケールの土地を購入し、ホテル経営 ...

続きを読む »

聖市=天皇誕生日、盛大に祝う=両陛下初訪問から50年=皇族ご来伯に高まる期待

皇室の弥栄を祈り万歳三唱

 23日に84歳を迎える今上陛下のお誕生日を祝して、天皇皇后両陛下の肖像画が常設されるサンパウロ日本移民史料館9階で、祝賀会が1日に開かれた。プロミッソンやドラセナなど聖州奥地からも慶祝に駆けつけ、日系団体代表者ら約70人が集った。正午からは在聖総領事公邸でも祝賀会が催され、およそ400人が天皇皇后両陛下のご健康を祈った。  午 ...

続きを読む »

オイスカ、クーニャで植樹=2年間で50万本目指す

植林の様子

 NGO「オイスカインターナショナル」(中野良子総裁)は11月25日、聖州クーニャ市で植樹を行なった。同団体は2年間で50万本を植える予定で、今回はその第一回目として日本から中野総裁、渡辺忠副総裁ら9人が来伯。協力者約50人とともに水源地に千本の苗を植えた。  ブラジル政府は25年までに1200万ヘクタールの植林目標を掲げ、州政 ...

続きを読む »

丸海グループ=「MARUSO」1日開店=東洋街にコンビニ風3階建て

リ広場のMARUSO

 聖市のリベルダーデ広場に、丸海グループの新店舗「MARUSO」(Praça da Liberdade, 276)が1日午前11時に開店した。日本のコンビニエンスストアを意識した同店舗。3階建てで、食品のほかに生活用品やおもちゃも販売。  開店式では丸海スーパーの大滝智生店長(48、新潟県)が日語で挨拶を述べた。「当店のオープン ...

続きを読む »

ロライマ日伯協会が会館完成=伯国最北、日本風庭園も=草の根文化無償資金で建設

施設正面(提供:ANIR)

 【既報関連】北伯ロライマ州都ボア・ビスタにある「ロライマ日伯協会」(ANIR、福田美知恵会長)が10月27日、日語と日本文化発信拠点となる文化センターの竣工式を行った。日本政府による草の根文化無料資金協力で得た約8万3千米ドルで建設された。  同会はブラジル日本移民百周年を機に2008年6月に設立された。12年から文化センター ...

続きを読む »

留学生30人が将来考える=第5回ブラジル留学生の会

参加者全員で集合写真

 第5回ブラジル留学生の会が11月11日、聖市の日本語センターで開催された。当地に留学する学生らが社会人を招き、広く将来について助言をもらうことを目的に、2015年11月から半年ごとに開催。今回は聖州の以外にもリオ州や南大河州などから30人以上の学生が参加した。  日立南米社副社長の金田行孝さんや果物の栽培・加工・販売を行なう高 ...

続きを読む »

卓球バレー=来年初旬に伯国協会設立=堀川さんが6回目の来伯

来社した小嶋さん、堀川さん、田村さん

 障碍者、高齢者を含め万人が楽しめるスポーツ「卓球バレー」の普及のため、日本卓球バレー連盟の堀川祐二副会長(60、岡山)が11月に来伯し、聖市やゴイアニア市、パラグアイの日系高齢者施設やスポーツ施設を訪問するなどした。先月22日に来社し、手応えを語った。  堀川さんは11月8日に伯国入りし、サンパウロ州総合大学に留学中の愛知県立 ...

続きを読む »

タウバテ文協70周年祝う=「文協は努力と汗の結晶」=工業移民も大いに貢献

当日の式典の様子

 タウバテ日伯文化協会(漆畑哲雄オスカル会長、会員150世帯)は『創立70周年記念式典』を、10月22日に同会会館で開催した。式典に併せ、会館建設にあたって多額の寄付を寄せた故・和田宗久さんを顕彰し、「和田宗久文化教育センター」の記念プレート除幕式も行われ、260人が節目の年を祝った。  「終戦直後の1945年、荒廃した祖国の窮 ...

続きを読む »

「最古の芝居」狂言公演=ポ語交じりの台詞で大笑い

「昆布売」の一幕

 狂言師の小笠原匡(ただし)さんと息子・弘晃さんが来日し、先月15、16の両日に文協大講堂で狂言公演を行なった。HISブラジル主催。上演はポ語交じりで行なわれ、狂言を初めて観た来場者も大いに楽しませた。  匡さんが当地で公演を行なうのは2回目。15年に聖市のSESCピニェイロス劇場で初公演を行ない、好評を博した。  公演の冒頭で ...

続きを読む »

■ひとマチ点描■本門佛立宗、御教歌要集を刊行

高級感溢れる装丁の御教歌要集

 20年がかりの地道な翻訳作業が結実し、ブラジル本門佛立宗(高崎日現教区長)は念願だった『日ポ・佛立御教歌要集』(コレイア教伯・佐藤雅江共編)を先月28日に発刊した。  開祖・日扇聖人の生誕二百周年に併せ刊行された同集は、法華経を中心にした御教歌1772首を収録。日語、ローマ字ルビ、四行の詩文形式でポ語訳文が付され、韻や音を踏ま ...

続きを読む »