ホーム | コラム | 大耳小耳

大耳小耳

大耳小耳

 第70回全伯短歌大会の「批評と感想」で小池みさ子さんは、《鹿児島のボンタン飴も買いたして母の一周忌ブラジルに発つ》(天野江利沙)という作品に注目していた。「ブラジルで母が亡くなって一周忌に駆けつけるとき、母の故郷の名物・鹿児島のボンタン飴を買って帰るという二世の歌。日本とブラジルに別れて暮らす家族の思いやりが詠み込まれている」 ...

続きを読む »

大耳小耳

 日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長)の会報『ブラジル特報』1626号が9月に刊行された。いつもながら読みどころ満載なのに驚く。なぜブラジルがサッカーW杯で最近勝てなくなったのかを人種論から論じた《ブラジルが「普通に」勝てる時代は終った》とのコラムが俊逸。かつてペレの時代のW杯には黒人出場選手は珍しかったが、今では多くの国が「ブ ...

続きを読む »

大耳小耳

 聖州北東海岸部ウバツーバ市のアンシェッタ島のクルーズツアーが今月22日に企画されている。聖州環境保護区に指定されている同島は、かつて監獄島だったことで知られる。46年から3年間のうちに172人の日本人が収監され、そのうちの160人は、ただ単に臣道連盟幹部だっただけの無実の人々だった。昨年、ウバツーバ市議会は当時の日本人への人権 ...

続きを読む »

大耳小耳

 『ブラジル岐阜県人会便り』6月号を見ていたら、レジストロ市と岐阜県中津川市の姉妹都市記念式典が10月20日に、現地で行なわれるとの記事があった。リベルダーデから貸し切りバスが出て、ピラルク養殖場、茶畑、鍾乳洞の観光なども含まれている1泊旅行だ。まだレジストロ未訪問の人には、格好のツアーかも。申し込みは同県人会(11・3209・ ...

続きを読む »

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』第466号が8月に刊行された。《冬の朝気合をかけて体操会》(不破吏子)は冬場のラジオ体操だろうか。アマゾン吟行の連作のひとつ《紅鶴は原始の森を染めて翔つ》(佐々木君代)はフラミンゴの事かと思って調べると、たしかに「和名ベニヅル(紅鶴)」とある。だが、よく読むと「ツル目とは近縁ではない」とも。ツルそっくりだが違うらし ...

続きを読む »

大耳小耳

     ◎  日伯協会(三野哲治理事長、在兵庫県)の会報『ブラジル』980号が7月に刊行された。移住110周年の特集号で、全16頁中半分以上がその関係で埋まっている。日本側の110周年式典が4月28日に神戸市で盛大に行なわれた件の報告も。その時のノンフィクション作家・山根一眞氏講演も大盛況だったとか。移民220周年を迎える21 ...

続きを読む »

大耳小耳

 月刊『ピンドラーマ』9月号が刊行された。「せきらら難民レポート」(おおうらともこ)では、ベネズエラ難民の厳しい祖国での生活ぶりが伺える。《5、6時間スーパーの外の行列に並んで購入できるのは、ある週はパスタ一袋だけ、翌週は鶏肉ひとつだけ》《卵1ダースは最低賃金の3倍、闇市は盛んだったが、庶民の賃金ではおよそ手に届きがたいものだっ ...

続きを読む »

大耳小耳

 ノロエステ連合日伯文化協会とガブリエル・モンテイロ日伯文化協会の共催により「第46回ノロエステ農業者の集い」が9月16日、ガブリエル・モンテイロ市内で開催される。当日は、午前8時に同市内サンペドロ広場の教区サロンに集合。市内の日系農家を訪れ、ピラルクー養殖やトマトの有機栽培などについて見聞を深め、午後3時頃に終了する。安永信一 ...

続きを読む »

大耳小耳

 アドベンチスタ希望の庭教会は老人医学講演会『治せる痴呆症と治せない痴呆症』を9月1日午後2時半から、同教会(Rua Mauro, 32)で開催する。入場無料。今年で3回目の開催となる今回は、老人医学専門家医でサンタクルス病院老人科の森澄香医長を招く。森規和郎名誉牧師は「幅広い経験と知識に基づいてお話されますので、きっと皆様の痴 ...

続きを読む »

大耳小耳

 ブラジル日本文化福祉協会の文化ホールを完成させるには約200万レアルが必要で、現在集まっているのは120万レアル。「さあ~始めよう」企画者の中平さんは「文化ホールが出来た後も継続して開催したい」と話す。「イベントが毎年の恒例のようになってきた。日本文化を守るためや、日本文化が根付いていることを伝えるための役割を果たしている」と ...

続きを読む »