ホーム | コラム | 大耳小耳

大耳小耳

大耳小耳

 ジャパン・ハウス館内のレストラン・ジュンジ・サカモトで期間限定「しょうが焼き定食」が販売されている。これは現在開催中の『Aroma & Flavor(香と味)』展をより深く理解するために特別に用意されたもの。しょうがのタレを絡めた豚肉に、蓮根チップスと、キュウリと大根のお漬物、ご飯と味噌汁のセット。営業時間は、平日(月 ...

続きを読む »

大耳小耳

 『朝陰』第464号が6月に刊行された。《桔梗咲く亡父の拓きし旧耕地》(西史子)。万葉集にも「秋の七草」と歌われている桔梗だが、実は日本では絶滅危惧種。ところが亡父によって持ってこられ、ブラジルに根付いている。植物も人と共に移住することが実感される句では。《看板のみ小野田牧場秋深し》(鈴川麦秋)からは、ルバング島から帰還したあの ...

続きを読む »

大耳小耳

 『JICAボリビア通信』第26号には、ウユニの「列車の墓場」について書いてあった。鉄道ファンならずとも興味のわく名称だ。いわく《ウユニの東側(ウユニ塩湖とは反対)には、「列車の墓場」がある。今は使われていない真っ直ぐな線路、そして、赤く錆びたたくさんの機関車、車両、貨物が放置されている。ここから太平洋の港へと塩や鉱物を運んだ重 ...

続きを読む »

大耳小耳

 JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人材派遣業などを手がける事業法人を設立。農業ビジネスに ...

続きを読む »

大耳小耳

 もう文協には日本語中心の会員はいなくなったようだ。先日、文協から郵送されてきた封筒を開けてみると、会誌『コロニア』だった。「そういえば久しく見ていなかったな」とパラパラめくって驚いたのは141号(2013年)、142号(14年)、143号(15年)、144号(16年)、145号(17年)の5年分の内容が一冊にまとまっていたこと ...

続きを読む »

大耳小耳

 ブラジル福島県人会が、昨年迎えた創立100周年記念誌「ふくしま百年の日」を配布している。全56ページ、日語。内堀雅雄県知事の挨拶や当日の式典の様子を伝える写真も盛りだくさん。ほか、内堀知事が行なったジャパン・ハウスでの講演会についての本紙記事も掲載された。同式典に行き損ねた人は是非、福島県人会(Rua da Gloria, 7 ...

続きを読む »

大耳小耳

 日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, 328)30日午前9時半から、日本伝統の芸術に触れる『芸術コレクション』を開催する。ブラジル日本移民110周年公式イベント。入場無料。折り布や書道、漫画の体験教室が行なわれ、体験教室で作った作品は7 ...

続きを読む »

大耳小耳

 サッカーW杯日本代表対ポーランド戦が28日午前11時から始まる。試合はジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52)と岩手県人会(R. Thomaz Gonzaga, 95)のほか、カフェ喜怒哀楽(Rua São Joaquim, 381)でも観戦できる。同店は日本の放送を流すため、実況と解説が日本語。24日のセネガル戦 ...

続きを読む »

大耳小耳

 リオ五輪柔道女子で金メダルを獲得したラファエラ・シルバを育て上げた藤井裕子さんが、女性として初めて、ブラジル柔道男子代表監督に任命されたことが国際柔道連盟から発表された。藤井さんは、12年ロンドン五輪で英国代表女子を指導、13年5月からブラジル代表女子コーチに就任。リオ五輪での指導実績が評価され、昨年の本紙主催「第61回パウリ ...

続きを読む »

大耳小耳

 17日付の中日新聞によると、16日から3日間、長野県新田町の「もんぜんぷら座」で『ブラジル日本移民110年の軌跡展』が行われていた。市内で暮らす日系二~三世を中心に実行委員会が作られ、パネルや記念誌などで日本人移民の歴史を紹介したそう。当たり前だが、在日ブラジル人にとっても110周年。ぜひ一緒に祝って、日本移民について日本の人 ...

続きを読む »