ホーム | コラム | オーリャ! (ページ 10)

オーリャ!

ジャパンハウスが優先するのは「ブラジルが見たいもの」か「日本が見せたいもの」か

 五輪閉会式での〃安倍マリオ〃は当国で反響が大きい。と同時に「あのポップさを、なぜリオのジャパンハウス(JH)でも出せなかったのか」という疑問が浮かぶ。  大きな予算を割いて文化発信を行なったJH。その意義は大きいが費用対効果はどうか。伯国マスコミに注目されることはほぼ無かった。「カリオカが知りたい日本」をもっと掴んでいれば話題 ...

続きを読む »

ブラジル人が日伯学園に子供を通わせるワケ

 スザノ日伯学園は、衰退する日系団体の生き残りをかけ、既にある運動設備を学校として再活性化を図ったのが始まり。現在では生徒数500人、名門私立学校として地位を固めるまでに。  注目すべきは日本語を学ぶ生徒数の多さだ。午前中に伯国式の義務教育を終えた後、午後は選択制の授業。全校で非日系人が60%を越えるなか、半数以上が日本語を選択 ...

続きを読む »

ポケモンGOに熱中するブラジル人

 休日にイビラプエラ公園に行った。いつも通り多くの人で賑わっていたが、半数がスマートフォンをいじっていた。画面に集中しながら横の友人と盛り上がり、器用に人を避けつつうろうろ歩く。ほとんどの人が「ポケモンGO」というゲームをしている。  特に人が多かったのは美術館付近。無料で通信が出来るwifiがあるからだ。暑い日差しの下、画面を ...

続きを読む »

コラム オーリャ!

 大きな問題もなく閉幕したリオ五輪。実際に会場を訪れると「遺産とは何だろう」と考えさせられる。場内を見渡せば、小奇麗な外国人が多く目に付いたからだ。  施設内の売店は軽食15レ~、飲み物10レ~と庶民向けではない。公式グッズもマスコットやTシャツが100レする。現地に訪れると商業主義という印象ばかり残った。  市内のバスから見え ...

続きを読む »

不安要素の多いブラジルだからこそ、花を生ける

 20日に開会式が行われた「第25回アルジャー・アフロード祭り」ではメインパビリオン内に生け花香月流(藤原博子2代目家元)の作品が飾られた。  入り口から左の壁際に陳列された作品群は伯国の派手な色やサイズの花を使いつつも上品に整い、全体に調和するような雰囲気だった。香月流の石井洋子さん(78、岐阜)は今回の作品群全体のテーマを「 ...

続きを読む »

日本酒ブームの次は焼酎、泡盛?

 日本酒造組合中央会が先日、國酒(日本酒、焼酎、泡盛)普及事業のため、市内ホテルでセミナーと試飲会を行なった。三種を味わって違いを感じてもらい、理解を促すことが狙いという。 会場は一般人や飲食店関係者で大賑わいとなり、関係者も手応えを感じたというが、どこまで反響があるのかは未知数。報道関係は邦字紙のほか伯国テレビ局が一社のみ。飲 ...

続きを読む »

もっと観戦会を企画しては

 10日夜に文協で行なわれた、リオ五輪男子サッカーの観戦会は大いに盛り上がった。でも、どこかお行儀がよく、もっと鳴り物を入れて大騒ぎをしてもいいぐらいだと感じた。 とはいえ、日系人や駐在員、親日伯人という様々な層が一体となって応援している様子には、とても好感が持てた。残念なのはたった1回しか観戦会がないことだ。 五輪に対するコロ ...

続きを読む »

期せずして慰霊碑関係者が一堂に

 河村建夫議員を招聘して、県連創立50周年式典を開拓先没者慰霊碑からほど近い聖州議会で祝った意義は大きい。 県連は元々、日本海外移住家族会連合会の現地業務をする団体として発足。同連合会の会長が田中龍夫氏(元文部大臣)であり、その地盤を引継いだのが河村建夫議員だからだ。同合会の藤川辰雄初代事務局長が慰霊碑建設を県連に働きかけて、計 ...

続きを読む »

被爆体験の継承の重要性

 金曜日に行われたリオ五輪開会式は、日本時間6日午前8時15分(広島原爆投下)にあわせ、日本移民登場の演出をするという感動的な内容だった。 またこの土日には聖市内で原爆死没者追悼法要が行われた。なかでも日曜の長崎原爆死亡者追悼ミサでは被爆二世だけではなく、日系三世などの若者も見られた。 体験者である被爆者協会会長は「平和が大事、 ...

続きを読む »

日系人を描いた映画はいつできる?

 13日に日本で伯国映画が公開される。「ストリート・オーケストラ(Tudo Que Aprendemos Juntos)」(15年、セルジオ・マッシャード監督)という、聖市エリオポリスのスラム街の子供たちによる管弦楽団の映画だ。その連絡をくれた知人は「また伯国にスラム街の印象が付くね」と言っていた。 日系人を描いた映画の代表作と ...

続きを読む »