ホーム | コラム | 東西南北 (ページ 22)

東西南北

東西南北

 26日午前10時20分頃、サンパウロ市内で広域停電が発生し、13分間、電気が消えた状態となった。それはパウリスタ電力公社の変電所のひとつで異常が発生したためだ。公社によると、最も影響を受けたのは、同市西部のラッパやピニェイロス、ブタンタンだが、南部のブルックリンやサントアマーロ、北部のトゥクルヴィ、大サンパウロ市圏のオザスコや ...

続きを読む »

東西南北

 ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は23日夜、リオ市で開催中だった「ロック・イン・リオ」を訪れ、VIP席で踊る姿などを目撃され、話題となった。同市長はこの際、主催者のロベルト・メジーナ氏のみならず、バイア州サルバドール市長のACMネット市長と会食する姿も見られている。ACM氏と言えば、民主党(DEM)の代表的な政治家でもあるた ...

続きを読む »

東西南北

 22日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の北部や南部で、夜になると水道の水の出が悪くなる地域が出てきているという。サンパウロ州主要6大水系では、9月に入ってからの降水量が10ミリを超えたところがなく、水不足を心配している人もいるようだ。現在の貯水量は、カンタレイラ水系が「未開の水域」抜きで53%、アウトチエテは51%、グアラピラ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市南部ブルックリンに、ドリア市政になってからは初の「緑の歩道」がお目見えした。幅1・5メートルの歩行者専用の歩道は、オフィス街としても有名なCPTM9号線ベリーニ駅に向かうジョエル・カルロス・ボルジェス通りに設けられた。同じようなタイプの緑の歩道はハダジ市政の頃、日系社会にはおなじみのリベルダーデ区ガルヴォン・ブエノ ...

続きを読む »

東西南北

 21日の現地紙と現地紙サイトでは、話題にしているものが大きく異なった。本頁では現地紙で大きく紙面を割いたものを報じているが、ネット上ではCNTなる調査団体が行った18年大統領選のアンケートが話題となっている。同調査ではルーラ氏が32%で支持率トップ、ボウソナロ下議が19%で2位と報じているが、これに限らずフォーリャ、エスタード ...

続きを読む »

東西南北

 19日、テメル大統領は国連総会でスピーチを行ったが、テメル大統領の後にスピーチした米国のトランプ大統領は、ここ最近と同様に強気で、この場所でも北朝鮮への軍事介入の可能性を否定しなかった。「平和」のイメージの強い国連の会議の席で、ここまではばかることなく好戦的な物言いをする米国の大統領の姿は見ていて心配になるが、果たしてベネズエ ...

続きを読む »

東西南北

 本日付本頁でも報じているように、連邦検察庁長官にラケル・ドッジ氏が就任した。国民としては、なにかと敵役扱いされがちなテメル大統領が選んだ、もしくは、極秘会談を行ったという情報のイメージが先行している感が否めないが、史上初の女性長官でもあり、検察庁やラヴァ・ジャットをはじめとした捜査にいかなる形で新たな側面をもたらすかにも期待し ...

続きを読む »

東西南北

 冬が明けるのは9月22日のはずだが、ここのところ、サンパウロ市では連日、30度を越す暑さが続いている。それは現在、南東部以北を巨大な熱帯高気圧が覆っていて、寒冷前線を締め出すブロッキング現象を起こしているためだ。このため、次にいつ雨が降るのか読めない上、まだ雨季のシーズンに入ってないこともあり、天気予報でも、「向こう半月の降雨 ...

続きを読む »

東西南北

 ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長が13日、大統領選出馬の噂が強くなっているエンリケ・メイレレス財相をけん制する発言を行った。ドリア氏曰く、「メイレレス氏は国の経済を向上させることだけに集中してほしい」とのこと。だが、これは明らかに、自身が大統領選に出馬した際に強力なライバルとなりうる同財相を意識したものだ。メイレレス氏は低迷 ...

続きを読む »

東西南北

 米国のトランプ大統領が、テメル大統領を含む中南米の首脳たちに声をかけ、ベネズエラの政治危機の問題について話し合いたいともちかけた。これが仮に実現するとなれば、国連総会の直前あたりになりそうだという。今やベネズエラの問題は中南米全体の問題でもあり、マドゥーロ独裁政権が立ち上げた、憲法改正のための制憲委員会には、中南米17カ国が承 ...

続きを読む »