ホーム | コラム | 東西南北 (ページ 369)

東西南北

東西南北

1月16日(木)  聖市は、ロタソンの運賃をバスと同じく一・七レアルと定めた。聖市南部のロタソン協同組合は、「乗客一人当たり〇・三レアルを市に支払わなければ、営業許可を無効とする」という聖市の増税行為に反発し十三日、聖市を告訴した。ちなみにバス会社の場合は、市に一人当たり〇・〇二レアル支払っている。ジウマール・タット聖市交通局長 ...

続きを読む »

東西南北

1月15日(水)  聖市内のブラデスコ銀行強盗事件で、流れ弾に当たった男の子(七つ)は、父親が小切手を現金に替えるのを、支店の外で待っていた時のことだった。銃撃戦が始まった時、自転車の上に座っていた男の子は、持っていた傘を開いて、銃弾から身を守ろうとし、傘は銃弾で穴だらけ。「父親は、ショックでインタビューに応じることはできなかっ ...

続きを読む »

東西南北

1月14日(火)  昨年の大聖市圏でのシャシーナ(大量虐殺事件)は六十七件で、二〇〇一年より一件多かった。死亡者数は二百二十三人で、〇一年の三百二十七人より百人ほど少なかった。一方今年は新年早々からシャシーナが発生。大聖市圏ジアデーマ市では二日夜、男性三人が頭部を撃たれて死亡。十二日にはオザスコ市で、男性三人が射殺される二件目が ...

続きを読む »

東西南北

1月11日(土)  九日午前にベロ・オリゾンテ市地下鉄で発生した列車正面衝突事故で、負傷者は七十七人にのぼっていた。昨年二月に開通して以来、最悪の事故だった。七番列車が、十二番列車の発車を待たずに突入したという。同地下鉄管理会社CBTUは、地下鉄コントロールセンターが衝突の可能性を運転士たち通知しなかったか、七番列車の運転士の運 ...

続きを読む »

東西南北

1月10日(金)  七日に始まった聖市路線バス会社の従業員ストライキで、九日までにバス四十台が破壊された。聖市東部のエスプレッソ・パウリスターノ社とコンソルシオ・トローレブス・アリカンドゥーヴァ社がストを続行中。地方労働裁判所は、二社のストを不当なものとして、従業員らに職場復帰を命じた。      ◎  ベロ・オリゾンテ市地下鉄 ...

続きを読む »

東西南北

1月9日(木)  パゴッデ歌手のマルセーロ・P・ヴィエイラ(芸名ベーロ)被告が七日、リオ市第三十四刑事裁判所で懲役六年を言い渡された。ベーロ被告は昨年、麻薬密売者に麻薬購入のため一万一千レアルを渡し、コレクション用の武器と交換していた容疑で逮捕。後日、ベーロと麻薬密売者との電話会話が公開された。被告側も原告側も今回の判決を不服と ...

続きを読む »

東西南北

1月8日(水)  大聖市圏ジアデーマ市刑務所で五日夜、十四人の受刑者が爆弾を使って脱走する事件が発生。爆発で監房に直径八十センチほどの穴が開いた。付近で待機していた乗用車二台に、受刑者らは乗り込み逃走。六日までに四人が再逮捕されたという。定員六十人のこの刑務所は、事件当時二百八十人を収容していた。      ◎  バス事故が相次 ...

続きを読む »

東西南北

1月7日(火)  ルーラ新大統領が就任し、首都ブラジリアには「一目ルーラを見たい」と大勢の人々が赤い旗を掲げて押し寄せ、盛大なパーティーとなった。翌日二日、ブラジリアの大地は二十トン以上のゴミだらけ。清掃人五百人が、数日かかってゴミを集めた。      ◎  聖市南部コンゴニャス空港で四日、ゴイアス州の双発機が着陸時にブレーキを ...

続きを読む »