ホーム | 食・音楽 (ページ 4)

食・音楽

謎の老舗日系レストラン『SATO』

迷品のラーメンと刻みネギがのるカレー

 これはバールなのか、レストランなのか――それが問題だ…。一説には600以上も日本食を出す店がサンパウロ市にはあるといわれる中でも、バール的店舗は珍しい。50種のメニューには「果たして日本食かと首をかしげるものがある」と聞き、怪しい一品を食すべく早速出動だ!  店の看板メニューには「KARE RAISU」の文字! 英語のRice ...

続きを読む »

カイーミ生誕100周年=音楽史上に残る大作曲家=バイア男の生活と海を歌う

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

メキシコ、タイ、イタリア、ブラジル4カ国ミックス料理『Oba』

素朴で感じの良い店内

 次なるターゲットを求めてネットサーフィンしていたら、食指を惹かれる1店が。店名はブラジルっぽくて耳に残る『Oba』。メキシコ、タイ、イタリア、ブラジル料理と随分手を広げているが、お味はいかに? さっそく行って確かめるべし!  地下鉄コンソラソン駅からテクテク歩くこと10分。素朴な概観の同店は、内装もカラフルで手作り感あふれてい ...

続きを読む »

〃老舗〃フェイジョアーダ専門店 『ボリーニャ』

ボリーニャ

 ブラジルを代表するおいしい料理といえば、何といってもフェイジョアーダ。えっ、典型的すぎる? いやいや、多国籍料理も良いけれど、やっぱり定番は郷土料理でしょ。昔の日本移民は最初食べられなくて困ったとの話も聞くが、西洋料理になれた現代の日本人には抵抗はない。むしろ異国の料理なのに、なぜかお袋の味みたいでホッとする。 というわけで〃 ...

続きを読む »

歌手青木カナさん=音楽通して日伯つなぐ=20周年記念ライブ開く

舞台で熱唱する青木さん

ニッケイ新聞 2014年4月2日 来年1月にブラジルでの音楽活動20周年を迎える青木カナさんが、先月26日に聖市ベラビスタ区のライブハウスでライブを行った。老若男女約100人が来場し、明るい歌声とユーモアあるトークを楽しんだ。 1995年に渡伯し、聖州立音楽大学の声楽科に入学。苦学の学生時代を経て、99年に同州アヴァレー市の作曲 ...

続きを読む »

ボサノバ名盤5枚が復刻=世界的ブームから50年

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → ログイン.  会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »

日伯音楽交流のパイオニア=ドラマーのラッチーニョ氏逝く

日本でのブラジル音楽普及パイオニア4人(左より坂尾、ニルソン、小野、大島。1984年東京小野リサのアパートにて、写真提供=坂尾)

ニッケイ新聞 2014年3月22日 日伯音楽交流に最も顕著な活動をしてきたブラジル人ドラマーが、聖市のマンダキ病院で17日に亡くなった。このニルソン・アルカンタラ・ペレイラ氏は「ラッチーニョ」の芸名で親しまれていた。日本のブラジル音楽評論家の故大島守、元在サンパウロ総領事館員坂尾英矩の両氏と親交が深かった関係で、日伯間交流事業に ...

続きを読む »

音楽活動20周年ライブ=節目迎えた青木カナさん

ニッケイ新聞 2014年3月22日  歌手の青木カナさんが、来年でブラジルでの音楽生活が20周年を迎えることを記念し、26日午後9時からビッシーガ区のカフェ・ピウピウ(Rua 13 de Maio, 134)でライブを行う。入場料20レアル。  東京都出身。幼少よりクラシックピアノを嗜み、91年にボサノヴァ・バンドを結成。95年 ...

続きを読む »

ヴェージャ紙「おいしくて安いで賞」アジア料理店『Tian』

アジア料理 Tian

 もしや、都市伝説? 今年のヴェージャ紙で、聖市高級住宅街イタイン・ビビ区のとあるレストランが「おいしくて安いで賞」に輝いたという。同区に安くてうまい店なんて本当に存在するのか? 自分の舌で確かめるべく、忍者ぐるめ隊出動だ! ズラリと高級な店構えの店が並ぶ同区にあって「Tian」は思いのほかシンプルだ。当地では珍しいアジア料理店 ...

続きを読む »

「国境ない音楽」テーマに=文協ドミコン、16日

ニッケイ新聞 2014年2月11日  文協音楽委員会(本田ジュリア委員長)が『第67回文協ドミンゴコンサート』を、16日午前11時から文協小講堂(R. Sao Joaquim, 381)で開く。入場無料だが、1キロの保存できる食料品を持参のこと。  「国境ない音楽」をテーマに、バイオリニストのエレナ・イマサトさん、作曲家でピアニ ...

続きを読む »