ホーム | ブラジル国内ニュース 最新人気ランキング TOP 50

ブラジル国内ニュース 最新人気ランキング TOP 50

  • 《ブラジル》「ゲイ治療許可」の裁判判断が大問題に=国内外の芸能人たちが大反対運動...
    2017年9月22日 に投稿された
     ブラジルの首都、ブラジリアの地方裁判所で、同性愛を病気とし、本来の性に戻るべく精神科で治療を施すことを認める判決が出て、国の内外に強い波紋を投げかけている。  ブラジルでは毎年、世界でも有数の規模のゲイパレードが行われ、ゲイを含む同性愛に対して寛容な見方をする人も多いが、キリスト教の福音派右派な...
  • 《ブラジル》年1万1千人が自分の命絶つ=21日に初の自殺白書発表
    2017年9月22日 に投稿された
     保健省が21日に発表した自殺白書によると、ブラジルでは毎年、1万1千人の自殺者が出ていると同日付現地紙サイトが報じた。  9月10日が世界自殺予防デーである事を受けて作成した、同省初の白書によると、2011~16年の自殺者は6万2804人で、79%は男性だったという。  人口10万人あたりの自...
  • 車を間違え射殺される=自動車強盗多発地帯の悲劇
    2017年9月22日 に投稿された
     19日夜、サンパウロ大都市圏のイタペセリカ・ダ・セーラ市で、路上駐車していた自分の車と間違えて、他人の車の扉を開けようとした23歳の男性が、強盗だと思った車内の男性に射殺される事件が起きた。21日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジャン・アラウージョ・ルフィーノ・シャーガスさんで、シャーガ...
  • 《ブラジル》テメル告発、2度目も下院に=最高裁の判事投票で圧倒的な差=メンデスのみが大統領支持=ドッジ検察庁長官も初同席...
    2017年9月22日 に投稿された
     20日、連邦最高裁は連邦検察庁によるテメル大統領への告発を下院での審議に伏すか否かの審理を行った。判事投票は20日の時点で7対1、最終的には10対1で、起訴状を下院に回し、大統領に対する最高裁での審理開始を認めるか否かの判断を待つことになった。21日付現地紙・サイトが報じている。  今回...
  • ブラジルのTVドラマ史上、初の劇中性転換=大変身の女優で話題騒然
    2017年8月25日 に投稿された
     ブラジルのTVドラマで前代未聞の、劇中での性転換キャラクターが登場すると、現在大きな話題を呼んでいる。  そのドラマはグローボ局の看板でもある夜9時のノヴェーラ(毎日放送の連続ドラマ)「ア・フォルサ・ド・ケレール」で、演じるのは新人女優のカロル・デュアルテだ。  劇中では、カロル演じるイヴァー...
  • 《ブラジル》テメル大統領=安心できない2度目の告発=マイアとの関係に暗雲が=PSB議員受け入れ巡り=担当弁護士も降板を発表...
    2017年9月23日 に投稿された
     ロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)が、民主運動党(PMDB)や政府の行動に不快感を示した上、下院に送付された2度目の告発が読み上げられる予定だった22日に、顧問弁護士が降板を表明するなど、テメル大統領周辺が慌しくなっていると、22日付現地紙、サイトが報じている。  テメル大統領に...
  • リオ州LJ=カブラルに45年の実刑判決=元知事夫人も有罪に
    2017年9月22日 に投稿された
     リオ連邦地裁のマルセロ・ブレタス判事は20日、セルジオ・カブラル元リオ州知事に対し、同州でのラヴァ・ジャット作戦(LJ)絡みの汚職の数々で45年の実刑判決を下した。21日付現地紙が報じている。  カブラル被告は昨年11月に、リオ州でのLJに付随するカルカッタ作戦で逮捕され、今回の裁判に臨...
  • 《ブラジル》ルス駅からクンビッカ空港までの直行高速電車=来年のCPTM13号線開通で実現...
    2017年9月23日 に投稿された
     サンパウロ市地下鉄ルス駅からクンビッカ空港までを結ぶ高速電車が、早ければ来年4月にも登場する見込みと、20日付現地紙が報じている。  これは来年4月に予定されている、CPTM13号線の開通によって実現する。この線は12号線のエンジェニェイロ・グラール駅から同空港までをつなぐが、12号線そのものが...
  • PSG=ネイマールか、カバーニか?=過去のPKで成功率が高いのは?
    2017年9月20日 に投稿された
     PSGのネイマールが、同チーム内のエジンソン・カバーニと、どちらがPKを蹴るかでもめた件が世界のサッカー・ファンの話題になり続けている。  事の発端は、17日に行われたフランス・リーグのPSG対リヨン戦の後半34分に起こった。チームメイト、ムバッペへのゴールエリア内で起こったファウルで得...
  • 《ブラジル》8月の税収が予想外の伸び=基礎収支赤字枠維持可能か=GDP成長率も上昇修正へ...
    2017年9月22日 に投稿された
     ブラジル国税庁が20日、8月の税収は昨年同月比10・78%増の1042億レアルとなり、同月としては15年以来の好結果だったと発表したと21日付現地紙が報じた。  昨年11月以降の税収は、マイナス1・19%からプラス3%の間で推移しており、大半の予想を上回る10%台の増加は関係者を驚かせた。  ...
  • ロック・イン・リオ=前半の3日が終了=ハプニングあり、政治的主張あり...
    2017年9月19日 に投稿された
     ブラジルを代表する2年に1度の国際的大イベント、ロック・イン・リオが、15~17日に、第1弾となる最初の週末の日程を終えた。ここまでのハイライトを振り返ってみよう。  まずは開幕日の15日。午後7時にはじまった、メイン・ステージでの開会式には、ブラジルが誇る世界的スーパー・モデルのジゼリ・ブンチ...
  • 《ブラジル》雇用が5カ月連続で拡大=8月は3万5457人増加=12カ月間ではまだマイナス...
    2017年9月23日 に投稿された
     労務省が21日に発表したところによると、8月は正規雇用者数が3万5457人分増え、5カ月連続の雇用拡大となったと21、22日付現地紙、サイトが報じた。  同省が全就労・失業者台帳(Caged)を基に集計した結果、労働市場では今年、1月と3月以外は採用が解雇を上回る状態が続いており、1~...
  • 《ブラジル》果物の生産額で新記録=16年は333億レアルに
    2017年9月23日 に投稿された
     ブラジル地理統計院(IBGE)が21日、2016年の果物の生産額は、統計を開始した1974年以降で最高の333億レアルだったと発表した。  この数字は、昨年度の各自治体の農産物の生産状況をまとめたPAM2016によって明らかになった。同年の果物の生産高は、前年比で26%伸びたという。  P...
  • リオ市=ロッシーニャでの混乱続く=陸軍兵700人の動員決定
    2017年9月23日 に投稿された
     【既報関連】リオ市南部のロッシーニャ地区での麻薬密売者たちの抗争が収まらず、22日、混乱解決のために陸軍兵700人が動員されることになった。22日付現地紙が報じている。  17日に始まった銃撃戦は、ロッシーニャを支配していた麻薬密売組織「アミーゴス・ドス・アミーゴス(ADA)」元首領で連邦刑務所...
  • ネイマールが「FIFA・ザ・ベスト」の最終候補3人の中に=アシスト数と「奇跡の試合」の印象で...
    2017年9月23日 に投稿された
     22日、国際サッカー連盟(FIFA)が、世界最優秀選手を意味する「FIFA・ザ・ベスト」最終候補として、ネイマール(PSG)を含む、3人の選手の名前を発表した。  最終選考に選ばれた3人は、クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリッド)、メッシ(バルセロナ)とネイマールの3人で、201...
  • 《ブラジル》夏時間継続の是非を問う=近日中にアンケート調査も
    2017年9月23日 に投稿された
     ブラジルでは大統領府が現在、夏時間を継続して採用するか否かを検討しており、近日中にアンケート調査を行う可能性も出ていると21、22日付現地紙・サイトが報じている。  ブラジルでの夏時間は1931年に試験採用され、1985年からは毎年採用されている。  だが、導入当時は、電力使用量のピークが午後...
  • 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も
    2017年9月23日 に投稿された
     ブラジル地理統計院(IBGE)が、21日に2016年度の農産物の生産状況を発表した。  それによると、綿花の生産は2年連続で減り、16年の収量は前年比13・6%減の3・5トンだった。棉の植付面積は99万6200ヘクタールだった。綿花減産は、国内2大産地のマット・グロッソ州とバイーア州が、エル・ニ...
  • Sabesp=大聖市圏への放水補強へ=建設中の水系に大きな期待
    2016年7月14日 に投稿された
     サンパウロ水道公社(Sabesp)が、ここ数年の大聖市圏での水危機を受けた対策として、内陸部にある水源からの取水量を増やし、大聖市圏への放水量を倍にしようと考えていると、13日付フォーリャ紙が報じている。 Sabespが考えているのは、聖州ヴァーレ・ド・リベイラ市の近くを流れるサンロウレンソ川の流...
  • シコ・ブアルキが6年ぶりのアルバム=音楽や歌詞での聴きどころは?
    2017年8月26日 に投稿された
     カエターノ・ヴェローゾやミルトン・ナシメントらと並ぶ、ブラジルと州音楽(MPB)界の重鎮、シコ・ブアルキ(73)が25日、6年ぶりとなる新作アルバム「カラヴァナス」を発表し、話題となっている。  シコは、MPB勢の中ではサンバ色の強い楽曲を書くシンガーソングライターとして知られているが、...
  • 《ブラジル》連邦検察庁=LJ担当者の大半を交代=ドッジ新長官が新陣容発表=不逮捕特権所有者らの今後は...
    2017年9月21日 に投稿された
     ラケル・ドッジ連邦検察庁長官が就任2日目の19日にラヴァ・ジャット作戦(LJ)担当者の新陣容を発表し、同日付官報にも掲載したが、特捜班(GT)の人員は8人に減り、継続するのは2人のみと20日付現地紙が報じた。  新たに発表された検察庁本部付GTは、大統領や閣僚、連邦議員といった、不逮捕特...
  • 9月22日から28日までのサンパウロ市のイベント情報
    2017年9月21日 に投稿された
    【サッカー】 《全国選手権》 <第25節> 9/23(土) ・サントス対アトレチコ・パラナエンセ(ヴィラ・ベルミロ) 9/24(日) ・フルミネンセ対パルメイラス(マラカナン・スタジアム) ・サンパウロ対コリンチャンス(モルンビ・スタジアム)   【9月21日...
  • 大聖市圏=収監者55人が集団脱走=構内の施設や公園に火放つ
    2016年10月19日 に投稿された
     サンパウロ市から50キロ余りのサンパウロ州フランコ・ダ・ロッシャで17日、精神科治療を必要とする服役者らが暴動を起こし、55人が集団脱走する事件が起きたと18日付現地紙や同サイトが報じた。  暴動が起きたのは17日午後4時半頃。フランコ・ダ・ロッシャ精神科治療病棟1に収監されていた服役者達が、房...
  • 実はブラジルも地震国=年平均90回発生=ほとんどが微震と弱震=過去にはM6・6の大地震も...
    2005年3月11日 に投稿された
    3月11日(金)  【エスタード・デ・サンパウロ紙六日】ブラジルは地震に縁のない国というのが通説となっている。ところが年間平均九十回発生しており、地震国の仲間入りをしていることが明らかになった。そのほとんどが揺れを感じない微震や弱震だが、マ...
  • 大聖市圏=CDPで過密収容が顕在化=定員3倍の囚人収容習慣化=日中に日光浴場で睡眠とも...
    2014年4月16日 に投稿された
    ニッケイ新聞 2014年4月16日  伯国で刑務所の不足がいわれて久しいが、15日付エスタード紙が、大聖市圏にある暫定刑務所(CDP)が超満員で、就寝の場所や時間帯の確保にも苦慮している実態を報じている。 CDPは裁判所で刑が確定するのを待つ容疑者を収容するところだ。大聖市圏では現在、このCDPに収...
  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下...
    2017年5月24日 に投稿された
     サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関して出されたものだ。 ...
  • 大聖市圏=家屋滑落4人死亡3人負傷=周辺家屋も立ち入り禁止に
    2015年12月29日 に投稿された
     聖市の南、大聖市圏のイタペセリカ・ダ・セーラ市で26日の夜に降った大雨で、崖が崩れ、4人が生き埋めになって死亡したと28日付伯字各紙が報じた。 被害者は2人の女性と、それぞれの娘だった。死亡した4人以外にも、4人が負傷した。 駆けつけた消防士によると、現場は同市ミランテ・ダ・ラゴーア地区で、崖が崩...
  • カゼミーロが一躍ヒーローに=伝統の一戦でバルサ封じる
    2016年4月5日 に投稿された
     2日に行われたスペインのサッカー・リーグ、リーガ・エスパニョーラの伝統の一戦、バルセロナFC対レアル・マドリッド戦で、あるブラジル人選手の活躍が絶賛され、一躍、世界的な脚光を浴びた。 その選手とは、レアルのボランチ、カゼミーロだ。この日のカゼミーロは、メッシをはじめとするバルサの強力攻撃陣の動きを...
  • 《ブラジル》最高裁=テメル大統領の要請通らず=全員がジャノー続投認める...
    2017年9月14日 に投稿された
     ブラジル最高裁が13日、テメル大統領が出していた、大統領自身に対する捜査からロドリゴ・ジャノー長官を外すようにとの要請を却下したと同日付現地紙サイトが報じた。  5月17日のJBSショック以降、ジャノー長官が大統領に対する疑惑告発に向けた捜査を行っている事は周知の事実だが、大統領は、ジャノー長官...
  • 31歳、ジョナスの挑戦=ポルトガルリーグの得点王
    2016年3月24日 に投稿された
     2018年ロシアW杯出場を目指し、南米予選を戦っているブラジル代表のFWジョナス(31)は、ポルトガルの名門ベンフィカで今期、27試合29得点の活躍で代表に招集されたが、そんな彼が、プロのキャリアを諦め、薬局に勤める寸前だった事を23日付エスタード紙が報じた。 ポルトガルリーグで首位を走るベンフィ...
  • リオ=ロッシーニャで銃撃戦=麻薬密売組織の内部抗争で
    2017年9月19日 に投稿された
     17日にリオ市南部のファヴェーラ、ロッシーニャで麻薬密売者同士の銃撃戦が起き、少なくとも1人が死亡。さらに18日にも軍警による捜査で再び銃撃戦が繰り広げられて1人が死亡するなど、予断を許さない状態となっている。18日付現地紙、サイトが報じている。  現場となったのはリオ市南部のファヴェー...
  • 欧州市場が狙うべきブラジル選手は?=ルーカス・リマら5人
    2016年1月15日 に投稿された
     ヨーロッパ・サッカー界にとり、1月は移籍市場が動く期間のひとつだが、イギリスの新聞「ミラー紙」のサイトが、この期間に獲得すべきブラジル人選手5人を写真つきで紹介している。 筆頭にあげられているのはサントスのミッドフィールダー、最近はセレソンも常連のルーカス・リマ(25)だ。同サイトでは、「全国選手...
  • 大聖市圏=5人に1人が不安訴える=暴力事件の記憶が影響?
    2012年2月29日 に投稿された
    ニッケイ新聞 2012年2月29日付け  聖市クリニカ病院が大聖市圏の住民を対象として行った調査によると、19・9%の人が不安を訴えたと25日付フォーリャ紙が報じた。  聖市とその周辺の39市に住む5037人に聞いたところ、何らかの事件に巻き込まれてトラウマに陥った...
  • ネイマールが練習中に喧嘩=バルサ新加入のセメドと
    2017年7月29日 に投稿された
     27日夜、バルセロナFCの練習中、ネイマールが同僚のネルソン・セメド選手と喧嘩をする一幕を見せ、世界的に話題を呼んだ。  インターナショナル・チャンピオンズ・カップのためにアメリカはマイアミに来ていたバルサで、ネイマールが一騒動起こした。  その発端は、ゲームを想定した練習中に、ディフェンダー...
  • ジウマ大統領が省庁再編決意=支出削減「小さな政府」へ=議会再開、懸念は下院議長...
    2015年8月4日 に投稿された
     ジウマ大統領(労働者党・PT)は、行政をスリム化し、支出削減と、意思伝達の潤滑化を目的として、現在38を数える省庁を削減する方針を打ち出したと3日付エスタード紙が報じた。 新組織図はまだ構想段階だが、政府内関係者の話では、水産・養殖庁、安全保障局(GSI)、戦略局(SAE)、港湾局、中小企業局...
  • 《ブラジル》テメル大統領=国連総会前日にトランプ大統領と会談=ベネズエラ問題で話し合う=「他国干渉なし」を確認=カリブ海諸国の協力必要とも...
    2017年9月20日 に投稿された
     テメル大統領は18日、ニューヨークの国連総会に出席するために渡米した。その日の晩餐会では米国のトランプ大統領と席を共にし、ベネズエラの危機についても話し合った。19日付ブラジル国内紙が報じている。  テメル大統領は18日午前8時台にブラジリアの連邦検察庁でラケル・ドッジ長官の就任式に出席...
  • BNDES=世界銀行超す融資額=世界不況を乗り切り=5年間で391%も増加...
    2011年3月12日 に投稿された
    ニッケイ新聞 2011年3月12日付け  ブラジルの社会経済開発銀行(BNDES)の融資額が5年間で391%増加し、世界銀行の3倍に達したと10日付エスタード紙が報じた。  昨年のBNDESは963・2億ドルを融資しており、国際復興開発銀行(Bird)の融資額288...
  • 大聖市圏=低所得者層の学校が健闘=7校が教育指数ノルマ早期達成
    2016年9月16日 に投稿された
     大聖市圏で、低所得者の子女が通う公立校ながら、15年の基礎教育開発指数(Ideb)が21年までの目標値を上回った学校が7校あったと15日付フォーリャ紙が報じている。  Idebは2年毎に算出され、「1~5年生」「6~9年生」の評価を5年生と9年生を対象とするポ語と算数(数学)の試験などを基に行...
  • 《ブラジル》19日より郵便局でスト=営業面では大きな支障なしも
    2017年9月21日 に投稿された
     19日より、全国20州と連邦直轄区で郵便局のストが行われている。20日付伯字紙サイトが報じている。  今回のストに参加しているのは、全国郵便電信企業労働者組合(Fentect)の傘下の郵便局で、アクレー、ロンドニア、ロライマの3州を除く、全国の郵便局がストに入っている。  聖州では、系列の異な...
  • 下院がディストリタン否決=憲法改正票数に大きく届かず=野党と少数政党が反対=来年は従来通りの比例代表制か...
    2017年9月21日 に投稿された
     19日、下院本会議で、選挙において純粋な得票数だけで当選者を決める「ディストリタン(大選挙区短期相対多数性)」を導入するか否かの投票が行われたが、憲法改正に必要な得票数を大きく下回り、却下された。これにより、少なくとも来年の選挙への導入はなくなった。20日付現地紙が報じている。  今回の...
  • テメル副大統領=盛り上がる熱烈支持の動き=PMDBの要人中心に=ジウマ罷免後を見据え=波乱要素はLJ捜査か...
    2015年8月11日 に投稿された
     ジウマ大統領(労働者党・PT)への不支持率の高まりなどを受け、副大統領のミシェル・テメル氏を政界のリーダーにしようと、同氏が所属する民主運動党(PMDB)の主要人物たちが働きかけていると、9日付伯字紙が報じている。 現在、ジウマ大統領の罷免を求める動きが民主社会党(PSDB)をはじめとした野党...
  • 鉱滓ダム決壊から6カ月=賠償額は1550億レに?
    2016年5月6日 に投稿された
     15年11月5日にミナス州マリアナ市で起きた、サマルコ社の鉱滓ダム決壊事故から6カ月が過ぎた。現在も行方不明の犠牲者がおり、家族や家、家財道具などを失った人々は、トラウマと闘いつつ、日常生活を取り戻す事に心を砕いているが、ドッセ川で漁を行って生計を立てていた人々も、元の生活に戻る時期さえ見通せずに...
  • アマゾナス州マナウス=ベネズエラ人の子供に結核=死因不明の死者も出ている...
    2017年5月13日 に投稿された
     アマゾナス州マナウス市に住み着くベネズエラ出身の先住民が急増する中、幼少の子供3人が結核に罹患している事が確認された。  ワラオ族と呼ばれる先住民が何百人も住み着いているのは、同市内の橋の下と、高速道の脇だ。  同市市役所によると、今年に入ってから同市に住み着き始めたベネズエラからの先住民は4...
  • ジャノー=退任直前に告発第2弾=「テメルはPMDB汚職の長」=他の党要人らも同様に=ジョエズレイ問題は微妙だが...
    2017年9月16日 に投稿された
     14日、退任直前のロドリゴ・ジャノー連邦検察庁長官が、テメル大統領に対する2度目の起訴状を最高裁に送付した。今回の容疑は、民主運動党(PMDB)の下院部門の贈収賄犯罪を率いた疑いと、ラヴァ・ジャット作戦の捜査妨害でのもので、他のPMDBの要人たちも同時に起訴された。15日付現地紙が報じてい...
  • バレーボール=ワールドリーグに挑むブラジル代表メンバー発表=リオ五輪金メダルメンバーに若手も組み合わせる=レナン新監督の船出はいかに?...
    2017年5月10日 に投稿された
     昨年のリオ五輪でも金メダルを獲得したブラジルの男子バレーボール代表チームの新監督、レナン・ダル・ゾット氏が8日、6月に世界各地で開幕となるバレーボール・ワールドリーグに向けた代表メンバーを発表した。  代表入りしたのは18人で、7日に決勝が行われたばかりのブラジル国内のバレーボールリーグ...
  • ラファエル・マルケス、日本の思い出を語る=元大宮アルディージャのFW=今年は名門パルメイラスで15得点の活躍...
    2015年12月11日 に投稿された
     Jリーグ、大宮アルディージャに2009年8月から12年の半ばまで所属、FWとして97試合出場29得点と活躍したラファエル・マルケス。その後ブラジルのボタフォーゴ、中国の河南建業に所属、15年はパルメイラスの一員として活躍し、公式戦15得点でチーム2位。コリンチャンス、サンパウロFCと、ライバル相手...
  • PTの放送にパネラッソ=ルーラ氏本人の謝罪にも
    2016年2月25日 に投稿された
     23日午前8時30分頃、労働者党(PT)の政見放送がはじまったのを受け、聖市をはじめとした都市部でパネラッソ(鍋たたき抗議)が一斉に起こった。24日付伯字紙が報じている。 PTの放送は同党の理念や取り組んでいることを説明したものだが、今回の放送はルーラ前大統領を巡る二つの住宅問題疑惑や、同氏やジウ...
  • サンパウロ州=目立つ教師に対する暴力=1日平均で2人が被害に
    2017年9月19日 に投稿された
     サンパウロ州では、学校の教師が1日に2人は暴力行為を受けていると、17日付現地紙が報じている。  サンパウロ州保安局の資料によると、今年の2月~6月の5カ月間に、学校の教師が暴力被害を被ったとして州内の警察署に出した被害届は、178件あった。  その内の112件は、殴られたり、椅子などを投げつ...
  • セナの元トレーナー逮捕=飛行機内で痴漢行為繰り返す
    2017年9月13日 に投稿された
     ブラジルの伝説的F1レーサーの故アイルトン・セナの元トレーナーとしても有名なヌーノ・コブラ容疑者〈79〉が11日、相次ぐ痴漢行為により逮捕された。12日付現地紙が報じている。  コブラ容疑者は、2015年1月19日、パラナ州クリチーバから聖市に向かうGOL航空の飛行機の中で、隣り合わせになった女...
  • 《ブラジル》JBSの株価が4%下落=社長交代で10億レを失う
    2017年9月20日 に投稿された
     【既報関連】世界一の食肉加工会社JBSの経営審議会が16日夜、インサイダー取引で13日に逮捕されたウエズレイ・バチスタ容疑者に代わり、同容疑者の父で同社創始者のジョゼ・バチスタ・ソブリーニョ氏を社長に選出したのを受け、18日の証券市場では同社株が3・95%下落し、10億レアル近い損失を計上したと1...
  • 今年のブラジル音楽賞は?=特別表彰はマリア・ベターニア
    2015年6月12日 に投稿された
     ブラジル国内の音楽賞の中で最も権威の高いもののひとつ、ブラジル音楽賞(プレミオ・ダ・ムジカ・ブラジレイラ)が10日、リオの市営劇場で行われた。 今年で26回目を迎える同賞では、毎年、ブラジル音楽界に功績を残した人物を特別表彰(オメナージェン)するのがならわしとなっているが、今年表彰されたのはマ...