ホーム | ビジネスニュース 最新人気ランキング TOP 50

ビジネスニュース 最新人気ランキング TOP 50

  • 《ブラジル》テメル大統領が燃料増税と支出削減発表=ガソリンの税額は倍以上に=企業家からは強い反発の声=それでも59億レの削減必要...
    2017年7月22日 に投稿された
    《ブラジル》テメル大統領が燃料増税と支出削減発表=ガソリンの税額は倍以上に=企業家からは強い反発の声=それでも59億レの削減必要 テメル大統領は20日、今年の年末までに104億レアルの増収を図るべく、燃料に対する社会統合基金(PIS)/社会保険融資納付金(Cofins)の増税を発表した。それと同時に59億レアルの支出削減も発表したが、共に早くも強い懸念を持たれている。21日付現地紙が報じている。  燃料1リットルあ...
  • 《ブラジル》テメル大統領が増税認める=財政目標に100億レアル足りず=燃料関連税は即引き上げか=燃料価格下落が衝撃を吸収?...
    2017年7月21日 に投稿された
    《ブラジル》テメル大統領が増税認める=財政目標に100億レアル足りず=燃料関連税は即引き上げか=燃料価格下落が衝撃を吸収? 政府は19日、今年の財政目標である、基礎的財政収支の赤字額を1390億レアル以内に収めるためには、100億レアルの不足が出ると判断し、その埋め合わせのために、燃料にかかる税を引き上げることを決めたと、20日付現地紙が報じた。  政府関係者によると、ミシェル・テメル大統領(民主運動党・PM...
  • 三菱商事 松永氏が社長に就任=黒子氏は関西支社副社長に
    2014年3月27日 に投稿された
    三菱商事 松永氏が社長に就任=黒子氏は関西支社副社長にニッケイ新聞 2014年3月27日 伯国三菱商事の取締社長に昨年就任した黒子多加志氏(54、東京)が、日本側の急な欠員に伴い退任したため、松永愛一郎氏(51、岡山)が新社長に就任した。黒子氏は帰国後、関西支社の副社長およびエネルギー事業部長を担う。 エネルギー関係の専門家で、1982年から燃料グ...
  • 穀物輸送=ブラジル北部の鉄道敷設計画に、アメリカ穀物メジャーなどが関心=126億レアル規模の官民合同計画=長年の課題は解決するか?...
    2017年7月19日 に投稿された
    穀物輸送=ブラジル北部の鉄道敷設計画に、アメリカ穀物メジャーなどが関心=126億レアル規模の官民合同計画=長年の課題は解決するか? ブラジルは世界有数の穀物生産国だが、内陸部で収穫された穀物を港まで運ぶためのインフラ設備が著しく脆弱だ。これを受け、米国の穀物メジャーなどが立てた、ブラジル中西部マット・グロッソ州の一大穀倉地帯でとれた大豆を北部に運ぶための鉄道敷設計画に、国内外の企業や投資家グループが興味を示していると1...
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」...
    2017年5月24日 に投稿された
    《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」 日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状況に手応えを感じていた...
  • 《ブラジル》CKC農協連携=種撒き終え、具体化の段階へ=中南米日系農業者委託事業=農水省、継続に前向きな姿勢...
    2017年7月21日 に投稿された
    《ブラジル》CKC農協連携=種撒き終え、具体化の段階へ=中南米日系農業者委託事業=農水省、継続に前向きな姿勢 今年で最終年となる農林水産省の五ヵ年事業「中南米日系農業者委託事業」の一環として、中央開発株式会社(以下CKC、本社・東京)は、『第一回日系農業者団体連携強化会議』を14日、聖市内のEZアクリマソン・ホテルで開催した。ブラジル全土をはじめパラグアイ、ボリビア、アルゼンチンから32団体が参加...
  • 《ブラジル》ビジネス信頼感指数続落=「現状認識」の項目が50ポイント割れ...
    2017年7月21日 に投稿された
    《ブラジル》ビジネス信頼感指数続落=「現状認識」の項目が50ポイント割れ ブラジル全国工業連盟(CNI)が20日に発表した7月のビジネス信頼感指数(工業界の企業家の信頼感指数、ICEI)が、先月の51・9ポイントより1・3ポイント低い、50・6ポイントだったと、20日付現地サイトが報じた。  大企業に限ったICEIは52・3ポイントだったが、中規模企業は49・6ポイン...
  • ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」...
    2015年10月23日 に投稿された
    ブラジル三井住友保険=進出50周年、450人が祝う=柄澤本社社長「まだ成長の余地ある」 三井住友海上火災保険のブラジル上陸50周年を記念したカクテルパーティーが21日夜、開催された。原敬一ブラジル三井住友海上火災保険代表取締役、アメリカ三井住友海上火災保険の兼好克彦会長、梅田邦夫駐伯日本国大使、ブラジル保険会社協会ホッシー・マルコ会長など関係者ら約450人が出席し、節目の年を祝った。...
  • ビジネスコラム=PwCブラジル=第20回=労働法改革-法案6787/2016号...
    2017年5月6日 に投稿された
    ビジネスコラム=PwCブラジル=第20回=労働法改革-法案6787/2016号【サマリー】  連邦政府は2016年12月23日に、労働法改革の実現を目指した法案6787/2016号を発表しました。 【詳細】  現在広く社会的な議論の対象となっている問題の一つは、連邦政府による労働法改革についてです。  法案6787/2016号は2016年12月に国会宛に...
  • ブラジル=テメル政権=景気刺激の政策集を発表=市場は一応肯定的な評価...
    2016年12月17日 に投稿された
    ブラジル=テメル政権=景気刺激の政策集を発表=市場は一応肯定的な評価 ミシェル・テメル大統領(民主運動党・PMDB)は15日、エンリケ・メイレレス財相、エリゼウ・パジーリャ官房長官、ジオゴ・オリベイラ企画相、レナン・カリェイロス上院議長、ロドリゴ・マイア下院議長らを従えて記者会見を行い、景気刺激を目的とした政策集を発表した。16日現地紙が報じている。  テ...
  • 《ブラジル》食肉問題=EU、ブラジルの対応に苛立ち=強い口調で非難の書簡届く=手始めに馬肉が禁輸に...
    2017年6月15日 に投稿された
    《ブラジル》食肉問題=EU、ブラジルの対応に苛立ち=強い口調で非難の書簡届く=手始めに馬肉が禁輸に 【既報関連】ブラジル産食肉の主要輸出先の一つである、欧州連合(EU)が、ブラジルからの食肉輸入を禁止する可能性があるとブラジルに伝えていると、14日付現地紙各紙が報じた。  EUの政策執行機関である欧州委員会が、ブライロ・マッジ農相に宛てた書簡には、ブラジルは、3月の連警によるカルネ・フ...
  • トヨタが新型カローラを発表=機能性さらに向上、デザインも
    2017年3月28日 に投稿された
    トヨタが新型カローラを発表=機能性さらに向上、デザインも トヨタ・ド・ブラジルが16日、聖市のエスパッソ・ヴィラ・ドス・イペスで「カローラ2018」の発表会見を行った。操作性とデザイン性に注力して開発され、年間販売台数の目標は6万台。17日から販売されている。会見には1月から社長に就任したラファエル・チャン氏も出席し、新型カローラの魅力や昨年の売上げ...
  • 《ブラジル》東旺=豚骨ラーメンで真剣勝負=“伯国場所”で目指す金星=試験開店、日独で5年修行...
    2017年5月20日 に投稿された
    《ブラジル》東旺=豚骨ラーメンで真剣勝負=“伯国場所”で目指す金星=試験開店、日独で5年修行 現役時代「東旺(あずまおう)」として幕下力士にまでなった森田泰人マルシオさん(39、二世)。引退後、第二の人生の舞台として選んだのはラーメン業界だった。日本の有名店で3年、ドイツでも2年修行して経験を積み、当地にラーメンブームが起こったのを見て、満を持して試験販売を始めた。相撲部屋のちゃん...
  • セーラ・ペラーダ再開発へ=日本企業が金採掘に挑戦
    2015年9月18日 に投稿された
    セーラ・ペラーダ再開発へ=日本企業が金採掘に挑戦 パラー州南東部に位置し、1980年代に栄えたブラジル最大の露天掘り金鉱「セーラ・ペラーダ」で、3人の日本人投資家が再開発に乗り出そうとしている。 先月30日付けフォーリャ紙が報じた所によると、投資家らは、州政府と共に採掘場の権利を握るガリンペイロ協同組合(Coomigasp)の承認を受け次第、3カ...
  • オリエンタルモーター社=14カ国目の拠点を聖市に
    2014年4月15日 に投稿された
    オリエンタルモーター社=14カ国目の拠点を聖市にニッケイ新聞 2014年4月15日  精密小型モーターのリーディングカンパニーである「オリエンタルモーター」株式会社(東京都台東区、野村重幸社長)が、世界で14か国目の拠点をサンパウロ市に開設した。  筆頭株主であるオリエンタルモーターUSAの兼村豊社長を迎え1日、開所式が行われた。...
  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減
    2017年5月23日 に投稿された
    《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減 ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。  消費者の趣向の変...
  • JALサンパウロ線の復活も=大西会長「飛ばしたい気持ち強い」
    2014年4月2日 に投稿された
    JALサンパウロ線の復活も=大西会長「飛ばしたい気持ち強い」ニッケイ新聞 2014年4月2日  【共同】日本航空の大西賢会長(58)は31日までに、ブラジルのサンパウロで共同通信のインタビューに応じ、経営破綻後の再建策により2010年に廃止した成田―サンパウロ線について「飛ばしたい気持ちが非常に強い」と語り、十分な需要が見込めれば復活させたいとの意向を明らか...
  • WTO=自国産業保護政策撤廃を要求=「日欧に対する敗北」と報道=協定違反は元から承知?...
    2016年11月15日 に投稿された
    WTO=自国産業保護政策撤廃を要求=「日欧に対する敗北」と報道=協定違反は元から承知? 世界貿易機関(WTO)は11日、ブラジルが実施してきた7種の自国産業保護政策と減免税措置がWTO協定に違反するとして、その撤廃を求めたと12日付現地紙が報じた。  最も批判された保護政策は、ブラジル国内で組立作業を行う自動車メーカーに対して国内調達部品の割合を決め、それに合致した場合には工業...
  • 世界貿易機関=「ブラジルの通商政策は閉鎖的」と評価=「回復のペースは鈍い」とも...
    2017年7月19日 に投稿された
    世界貿易機関=「ブラジルの通商政策は閉鎖的」と評価=「回復のペースは鈍い」とも ブラジル経済は世界貿易機関(WTO)から「未だに保護主義で閉鎖的」と評価されていると、18日付フォーリャ紙が報じた。WTOは、「ブラジルは過去4年にわたり、保護的な通商政策を改めなかった」と厳しい評価を下している。  ブラジル産業の内、核エネルギー、金融、医療、航空、不動産、マスコミ、鉱業、石油...
  • キッコーマン=醤油の美味しさと魅力知って=初の大規模PRイベント
    2013年3月14日 に投稿された
    キッコーマン=醤油の美味しさと魅力知って=初の大規模PRイベントニッケイ新聞 2013年3月14日  キッコーマン株式会社・ブラジル駐在員事務所(森和哉代表)による大規模な夕食会『第1回キッコーマンクラブ』が聖市ヴィラ・オリンピア区のイベント会場で11日夜、開催された。  今回招かれたのは、レストラン関係者やメディア、同社の醤油の愛好者ら約120人。醤油の...
  • 〃夢の新技術〃が伯国上陸=可燃ごみをセラミックに=商業ベース導入は伯国が初=聖市東部で今月稼動開始...
    2015年6月13日 に投稿された
    〃夢の新技術〃が伯国上陸=可燃ごみをセラミックに=商業ベース導入は伯国が初=聖市東部で今月稼動開始 日本発・世界で唯一の新技術を使った有機物分解セラミック生成装置「ERCM」が、聖市東部のイタケーラ区で稼動を始めた。開発者の荒木國臣さん(ASK商会会長、58、神奈川)によれば、ERCM(Earth Resource Ceramic Machine)は、あらゆる有機廃棄物(可燃ごみ)を熱分解し...
  • プロケーブル=中南米で事業拡大目指す=フジクラと合弁会社設立=OPGWを現地生産へ...
    2015年5月20日 に投稿された
    プロケーブル=中南米で事業拡大目指す=フジクラと合弁会社設立=OPGWを現地生産へ ブラジルの送電・通信工事会社「ProCable Energia e Telecomunicacoes S/A」(本社=聖州ジアデーマ、西村フミタカ社長、以下「プロケーブル」)が電線製造会社「Fujikura Cabos para Energia e Telecomunicacoes Ltda...
  • ブラジル経済にもトランプショック=大統領選以来8%のドル高レアル安に=ブラジルの金利引き下げにも影響=危機感募らせたブラジル中銀がレアル買い介入...
    2016年11月17日 に投稿された
    ブラジル経済にもトランプショック=大統領選以来8%のドル高レアル安に=ブラジルの金利引き下げにも影響=危機感募らせたブラジル中銀がレアル買い介入 8日に行われた米国大統領選で、共和党のドナルド・トランプ氏が当選して以来、ドル高傾向が高まり、金利政策などにも影響が出そうだと15日付現地紙が報じた。  14日の為替市場は、直前営業日、11日の終値と比べて1・47%ドル高の1ドル=3・4458レアルを記録した。  選挙の行われた11月...
  • 《ブラジル》 歳出上限法が正式に承認=政府は景気刺激策を模索=財相、銀行金利引き下げ要請...
    2016年12月14日 に投稿された
    《ブラジル》 歳出上限法が正式に承認=政府は景気刺激策を模索=財相、銀行金利引き下げ要請 ブラジルテメル政権発足当初よりの最重要課題である、国庫歳出に20年間に渡って上限を定める憲法改正案(上限法)の上院審議が13日午前10時に始まった。  上下両院で、2回ずつの承認が必要な上限法は、これまで下院で2回、上院で1回承認されており、最後の上院可決を待つばかりだった。  野党側は採...
  • インフラ支援=政府間協議の新設を合意=11年ぶり、テメル大統領訪日=伯国への投資呼びかけ...
    2016年10月20日 に投稿された
    インフラ支援=政府間協議の新設を合意=11年ぶり、テメル大統領訪日=伯国への投資呼びかけ ミッシェル・テメル氏は18、19両日、ブラジル大統領としては11年振りに日本を公式訪問した。インドのゴアで開催された新興五カ国(BRICS)首脳会談を終えて訪日した同大統領は、19日に経団連の懇親会に出席したのち、天皇陛下と皇居でご会見。その後、首相官邸で安倍首相と会談し、インフラ投資への協力...
  • JTBがブラジル進出=アラツール社と合弁会社=企業向けサービスに重点...
    2013年8月13日 に投稿された
    JTBがブラジル進出=アラツール社と合弁会社=企業向けサービスに重点ニッケイ新聞 2013年8月13日  株式会社「ジェーティービー」(JTB、本社東京都、田川博己代表取締役社長)が、当地の大手旅行会社と初の合弁会社「Alatur JTB Viagens e Turismo S.A. (Alatur JTB)」を設立、ブラジルをはじめ、南米での事業拡大を進める...
  • ピラール農畜産展=新マスカット人気急上昇=文協、日語校が力強く後押し=同小粒種も半額で好評...
    2015年3月10日 に投稿された
    ピラール農畜産展=新マスカット人気急上昇=文協、日語校が力強く後押し=同小粒種も半額で好評 3月5日から8日まで聖州ピラール・ド・スール市で、第19回農畜産展が行われた。会場内のパウリスタ柿生産者協会(APPC)の展示ブースには、カキ、ライム、キウィ、パイナップル、ぶどう、マスカットを始めとする同地直産の果物が展示販売され、訪れた人の目を惹いていた。今年の目玉は粒が大きくて種がなく、...
  • 鉄鋼大手ウジミナス=経営めぐり二大株主対立!=新日鉄住金が無効訴訟か=「新社長の選出方法は違法」...
    2016年7月6日 に投稿された
    鉄鋼大手ウジミナス=経営めぐり二大株主対立!=新日鉄住金が無効訴訟か=「新社長の選出方法は違法」 ブラジル鉄鋼大手ウジミナスでは先月25日、新社長にセルジオ・レイチ副社長が就任したと発表されたが、筆頭株主の新日鉄住金は「株主間協定に反して、違法に選出された」として、5日聖市内の事務所で記者会見を開いた。14年に不当な報酬を受け取ったとしてフリアン・エグレン社長ら経営陣3人が解任されたことを発端...
  • 謙造鮨=東洋街に久々の寿司店開店=こだわり食材で日本の味を再現
    2017年5月17日 に投稿された
    謙造鮨=東洋街に久々の寿司店開店=こだわり食材で日本の味を再現 「本格的な握り寿司を手頃な価格で」―。日本食店が軒を連ねる東洋街のトマス・ゴンザガ通り45F番に15日、日本式寿司店『謙造鮨』が新たに開店した。「日本で食べられる寿司と同品質のものを提供できる店はないものか」―。そんな友人からの要望を受けた店主の思いが、ついに形となって実現した。  「本...
  • BNDESが上半期に赤字=企業の格下げなどで13年振り
    2016年8月16日 に投稿された
    BNDESが上半期に赤字=企業の格下げなどで13年振り 社会経済開発銀行(BNDES)の今年上半期の決算が、2003年以来となる赤字を計上したと、13日付伯字紙が報じている。 16年1―6月のBNDESの赤字は21億7400万レアルに及んだ。昨年同期は35億レアルの黒字だった。 BNDESが今回、大幅な赤字となったのは、同銀行の取引先が債務不履行に陥っ...
  • 安田マリチマがSOMPOに=4年後までに150%成長目標
    2016年7月22日 に投稿された
    安田マリチマがSOMPOに=4年後までに150%成長目標 安田マリチマ保険が7月1日、「SOMPOセグロス」に社名変更したことを受け、フランシスコ・カイウビー・ヴィヂガル・フィーリョ社長が8日、同社のサポートをする損保ジャパン日本興亜・ド・ブラジルの川部弘明代表取締役とともに本紙を訪れた。 損保ジャパンは2013年、マリチマ社の株式の大半を取得して子会社...
  • 在外資産再国内化法案に注意を=25万ドル超の未申告資産=18年から口座情報交換か...
    2015年7月31日 に投稿された
    在外資産再国内化法案に注意を=25万ドル超の未申告資産=18年から口座情報交換か 国境を超えた不法蓄財や脱税を阻止するため、米国やOECD(経済協力開発機構)を軸とした国際的な規制の枠組み作り気運が高まる中で、当地の国税庁に未申告の資産を日本などに持っている人や法人に不安が広がっている。当地で未申告の日本の銀行口座に25万ドル以上(約3090万円)を所有している個人や法人、...
  • 海外駐在員の悩み聞きます=東京海上が無料サービス
    2015年11月24日 に投稿された
    海外駐在員の悩み聞きます=東京海上が無料サービス 【共同】東京海上日動火災保険が来月から、海外進出している企業の駐在員の悩みを聞き、アドバイスする無料のメンタルケアサービスを始めることが20日、分かった。海外旅行保険を契約している企業が対象。サービスを充実して保険の販売増加につなげる狙い。 中小企業の海外進出が相次ぎ、少人数で展開している企業も多...
  • 5年間で2275%も=携帯電話での支払い急増
    2015年4月14日 に投稿された
    5年間で2275%も=携帯電話での支払い急増 連邦政府が移動型の通信機器を使った支払いを認めて以来、携帯電話で支払いを行う人の数が急増中と11日付エスタード紙が報じた。 携帯電話などの移動型通信機器での支払いは、5年間で2275%増えた。現在40%を占めるインターネットによる支払いは135%の伸びに止まっており、多機能型の携帯電話の普及が...
  • 商議所昼食会=上田善久パ国大使が講演=パ国発展の可能性説く
    2015年4月25日 に投稿された
    商議所昼食会=上田善久パ国大使が講演=パ国発展の可能性説く ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が10日、聖市内のチボリホテルで行われ、会員ら150人が参加した。 パラグアイ共和国駐箚特命全権大使の上田善久氏が、「パラグアイの国情と好転する投資環境」をテーマに講演した。 上田氏はパラグアイの投資対象国としての魅力を語り、そのメリットとして...
  • ブラジルの経済情勢指数が上昇=不況で消費冷え込みも指摘
    2017年5月12日 に投稿された
    ブラジルの経済情勢指数が上昇=不況で消費冷え込みも指摘 ジェトゥーリオ・ヴァルガス財団(FGV)が11日にサンパウロ市で、ラテン・アメリカ経済に関する調査データを発表した。それによると、ブラジルの経済情勢指数は今年の1月から4月の間に17ポイント上昇して79ポイントとなり、ラテン・アメリカ諸国の平均値の78ポイントを上回ったと11日付アジェンシア・ブラ...
  • 日本企業=セニブラがパルプ生産停止=サマルコ鉱山の堤防決壊で
    2015年11月12日 に投稿された
    日本企業=セニブラがパルプ生産停止=サマルコ鉱山の堤防決壊で 【既報関連】ミナス州マリアナ市のサマルコ社鉱山で5日に起きた鉱山廃水用ダムの堤防決壊事故の影響で、同州イパチンガ市に本社があるパルプ製造メーカーのセニブラが10日、7日からパルプの生産を中止し、代替案を検討中である事を公表したと11日付エスタード紙が報じた。 同社は1973年、日本の製紙メーカーや...
  • 亜国へインフラ使節団=ジェトロと会議所が募集
    2016年5月18日 に投稿された
    亜国へインフラ使節団=ジェトロと会議所が募集 ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)と日本貿易振興機構(ジェトロ)サンパウロ事務局(大久保敦所長)が、7月12~15日の内の3日間、亜国ブエノス・アイレスへの『アルゼンチン・インフラミッション』の参加者を募集している。定員は30人程度、締め切りは今月27日。 亜国政府からのインフラ投資計画に関す...
  • ダイソー=「規制と闘い、積極展開する」=内藤雅義専務取締役が来伯=可能な限り商品数増やす...
    2013年12月5日 に投稿された
    ダイソー=「規制と闘い、積極展開する」=内藤雅義専務取締役が来伯=可能な限り商品数増やすニッケイ新聞 2013年12月5日  昨年12月に南米1号店をオープンさせてから約1年経った100円ショップ「ダイソー」(本社・広島県)。今年10月には聖市トゥクルビーショッピング内に2号店を開くなど順調な展開を見せる中、1日に本社の内藤雅義・専務取締役、佐藤隆史・総合企画室室長が来伯し、現地責任...
  • 日本語可、安価なプランも=保険会社JAPOLが創業
    2016年1月12日 に投稿された
    日本語可、安価なプランも=保険会社JAPOLが創業 「万一に備えたいが、保険には高くて入れない」―。そんな悩み解決する企業が誕生した。昨年5月、日系実業家の松原ゆかさん、ポーランド系の伯人弁護士ロドリゴ・バルボーザさんらが立ち上げた、保険取扱企業『JAPOL(ジャポー)』だ。 ブラジル東京海上や南米安田保険とタッグを組み、日系人向けサービスを共同開...
  • ウジミナス=15年は36億レの赤字=民事再生に至る可能性大=気になる支配会社の出方...
    2016年2月20日 に投稿された
    ウジミナス=15年は36億レの赤字=民事再生に至る可能性大=気になる支配会社の出方 新日鉄住金とアルゼンチン系のテルニウムが29・45%と27・66%を共同出資、ラ米最大の鋼板メーカーでもある製鉄会社ウジミナスが、15年度に大幅な赤字を計上、民事再生法適用寸前に陥っている。 19日付エスタード紙によると、18日発表の15年第4四半期決算は6期連続の赤字で、その額は、前年同期の1億...
  • 光明(株)=パラグアイ移転で大統領出席=戦後移民創立の照明会社=「今後はラ米にも製品広げる」...
    2017年4月29日 に投稿された
    光明(株)=パラグアイ移転で大統領出席=戦後移民創立の照明会社=「今後はラ米にも製品広げる」 戦後の子供移民である阿部恭三さん(73、山口県)が設立したサンパウロ州の照明機器メーカー「イタイン・イルミナソン」(アルド・ベニテス・カブレラ社長)が、パラグアイ東部のアルト・パラナ県シウダー・デル・エステ市に本社を移転し、社名も「Koumei S.A.(光明株式会社)」に変更した。3月2...
  • パラナで接遇セミナー開催=松岡利恵子さんが各地で講演
    2015年6月18日 に投稿された
    パラナで接遇セミナー開催=松岡利恵子さんが各地で講演 6月16~24日にかけてパラナ州各地で日本文化を基にした接遇セミナーが開催されている。リポーターやラジオパーソナリティなどを経て、司会者としてホテル等で実績を積む松岡利恵子さんが講演を行う。テーラ・ロッシャ社の主催、アクティブ・ソルーションス社の後援。 本企業独自の考え方やルールを紹介しながら...
  • 6月の「15日締めインフレ率」発表=+0・16%は11年ぶりの低数値...
    2017年6月24日 に投稿された
    6月の「15日締めインフレ率」発表=+0・16%は11年ぶりの低数値 毎月の公式インフレ率の予測となる、前の月の16日から、その月の15日までのデータで算出される、15日締め広範囲消費者物価指数(IPCA―15)の6月の数値は、0・40%だった5月より0・24%ポイント低い0・16%だった事が分かった。  これは6月のIPCA―15としては、マイナス0・15%のデ...
  • 三菱東京UFJ銀行=「更なる百年に向け貢献を」=中南米総支配人に小池淳介氏...
    2015年7月14日 に投稿された
    三菱東京UFJ銀行=「更なる百年に向け貢献を」=中南米総支配人に小池淳介氏 全世界約40カ国に拠点網を有する三菱東京UFJ銀行の「中南米総支配人」に5月15日、小池淳介氏(50、東京)が就任した。同氏は昨年、ブラジル三菱東京UFJ銀行の頭取に就任していたが、今回、兼務することになった。 就任記者会見を行った同氏は、同行の前身となる横浜正金銀行が当地に進出してから今年で...
  • 三菱東京UFJ銀に新頭取=人事異動、将来の好況に期待
    2017年1月11日 に投稿された
    三菱東京UFJ銀に新頭取=人事異動、将来の好況に期待 三菱東京UFJ銀行の中南米総支配人である小池淳介氏(東京)と、昨年11月、新たにブラジル三菱東京UFJ銀行の頭取に就任した木下誠氏(神奈川)が先月20日に人事異動に関する記者会見を行った。  小池氏は当地法人の頭取を兼務していたが、今回の異動で中南米総支配人専任となった。同行が持つ中南米地域...
  • 化粧品や衛生用品は順調=伯国は今や世界3位の消費国
    2015年4月8日 に投稿された
    化粧品や衛生用品は順調=伯国は今や世界3位の消費国 2014年の国内総生産(GDP)は0・1%の成長に止まり、工業界が足を引っ張ったとも言われる中、14年も11%の成長を遂げ、1017億レアルを売り上げた業界がある。 それは、シャンプーやクリーム、マニキュア、香水、その他の化粧品や個人衛生用品業界だ。この業界は過去20年以上成長する一方で、ブラ...
  • 随所にPB回復の兆し=LJの影響乗り越える?
    2016年10月25日 に投稿された
    随所にPB回復の兆し=LJの影響乗り越える? ペトロブラス(PB)がラヴァ・ジャット作戦(LJ)による負の遺産を乗り越え始めたと22日付現地メディアや24日付エスタード・デ・サンパウロ紙が報じた。  14年から始まったLJの捜査で世界でも類を見ない大型汚職が摘発され、「ペトロロン」の言葉さえ生まれた石油公社は、信用格付ランキングも大幅に低下...
  • ブラジル小売業=統計史上最大の減少を記録=「落ち込みは続く」と識者
    2017年1月11日 に投稿された
    ブラジル小売業=統計史上最大の減少を記録=「落ち込みは続く」と識者 銀行業務集中サービス社(Serasa)の発表によると、昨年のブラジルの小売業は2001年の統計開始以来最大の落ち込みを記録したと10日付現地紙が報じた。  小売業での分割払い、デビットカード払い、クレジットカード払い、小切手払いの総額は前年比6・6%減で、2012年の水準まで落ち込んだ。下げ幅も...
  • サンパウロ州ビールが値上げ=商品流通サービス税値上げで
    2015年11月28日 に投稿された
    サンパウロ州ビールが値上げ=商品流通サービス税値上げで ジェラルド・アルキミンサンパウロ州知事が、ビールと煙草に対する商品流通サービス税(ICMS)の税率を引き上げる条例を裁可した。 同条例は、25日付のサンパウロ州官報に掲載された。条文によると、ビールやその他のアルコール飲料の税率は18%から20%に上がり、タバコは25%から30%に上昇する。ジェネ...