ホーム | コラム 最新人気ランキング TOP 50

コラム 最新人気ランキング TOP 50

  • 歌やピアノと数学、語学
    2017年7月20日 に投稿された | 樹海 の下
    歌やピアノと数学、語学 ひょんな事で数学(算数)の教師が足りないから手伝ってと頼まれ、1年余り。微分積分、三角関数など、さび付いた頭を磨き直しながらの時間は楽しい。大学1年の夏休みに帰省した折、母校の教師に頼まれて音大志望の後輩に教えたのも数学だった▼数学を教えて気づく事の一つは、日頃から訓練している子の計算力の高さだ。...
  • 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ
    2017年7月21日 に投稿された | 樹海 の下
    《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ 「四世ビザ」は、今後50年の日系社会、いや日伯関係を左右する最重要なテーマではないか。1990年6月、日本法務省が入国管理法を改正し、二、三世への在留条件を緩和したのに匹敵する衝撃を、日系社会に与えるかもしれない。  とはいえ、それ以前に気になっている四世のビザの問題がある。日本で働く両...
  • 東西南北
    2017年7月20日 に投稿された | 東西南北 の下
    東西南北 党の方針をめぐり、現在、分裂の危機にあるブラジル社会党(PSB)。元々が左翼政党でありながら、ビジネス界とのつながりも強いという、一見相反する要素を併せ持っていた政党だけに、このような事態を引き起こしやすくはあった。2014年の大統領選の際は、同党から出馬した故エドゥアルド・カンポス氏が、その「左...
  • 大耳小耳
    2017年7月20日 に投稿された | 大耳小耳 の下
    大耳小耳 23日まで、サンパウロ文化センター(Rua Vergueiro, 1000)で日本の映画監督、是枝裕和氏の作品が上映されている。入場料は2レ。『誰も知らない』(2004年)や『海街diary』(2015年)など上映予定。各上映時間は同イベントのFacebookページ(http://ur0.pw/E...
  • 《ブラジル》ヒアリより怖いものは?
    2017年7月14日 に投稿された | 樹海 の下
    《ブラジル》ヒアリより怖いものは? 「“殺人アリ”が日本上陸!」――最近、日本では「ヒアリ」のことを盛んにそう報じている。南米大陸原産のアリの一種らしく、ウィキペディアを要約すると《世界の侵略的外来種ワースト100選定種。毒性の強い近縁種であるアカカミアリよりも強力な猛毒の針をもち、刺されると傷のような激しい痛みだけでなく呼...
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上)
    2017年6月6日 に投稿された | 樹海 の下
    《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(上) 「35歳でオバアチャンっていうのが、あちこちにいるんだよ」――日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長が先月末に来社した折り、日本のデカセギ事情を聞いている最中に、そう言われて頭を抱えた。つまり、17歳ぐらいで出産を二世代に渡って繰り返している▼将来のことを深く考えずに訪日し、工場労働ばかり...
  • 《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法
    2017年7月18日 に投稿された | 樹海 の下
    《ブラジル》「奴隷の呪い」と統合労働法 1943年施行の統合労働法(CLT)は、少し日本の憲法に似ている。歴代大統領が試みてきたにも関わらず、74年間も実現しなかった難事だからだ。軍事政権すらやらなかった。  その間、憲法自体はなんと3回も作り直された。だが労働法は「触れてはいけない聖域」であり続けた。それを改正しただけでも...
  • 東西南北
    2017年7月21日 に投稿された | 東西南北 の下
    東西南北 サンパウロ州政府が発表した最新データによると、サンパウロ市での6月の交通事故死者は、昨年同月の67人から83人に増加したという。とりわけ、バイクでの事故死が20人から31人に、自転車での事故死が1人から4人に急増したのが目立っている。今年上半期の交通事故死者は482人で、これも昨年の476人をやや...
  • 日本民謡公演の舞台裏
    2017年7月19日 に投稿された | オーリャ! の下
    日本民謡公演の舞台裏 16日の「ブラジル日本民謡協会創立50周年記念公演」は盛況の内に閉幕した。昨日来社した塩野会長は「素晴らしいステージになったのは出演者全員のおかげ」と感謝を繰り返した。本公演には、慶祝団もあわせ約400人が出演した。日本舞踊なども出演を快く承諾してくれた。  公演では笠を被った虚無僧姿の謎の尺八...
  • どこまで遺伝、どこから環境=日本人の外見を特徴付けるものは?=駒形 秀雄...
    2015年7月30日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    どこまで遺伝、どこから環境=日本人の外見を特徴付けるものは?=駒形 秀雄 ブラジルは多くの民族の入り混じった国と言われています。街でメトロなどに乗ったりすると手持ち無沙汰でもあり、つい周りの人達の外見や容貌に目が行きますが、自分と比べて「こちらとは大分違うな」と認識させられることになります。 体格で言えば一般にガイジン(ブラジル人)の方が背が高い、胴体に...
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提
    2017年5月12日 に投稿された | 樹海 の下
    四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提 11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世ビザ解禁がかなり進展し...
  • パステス (Pastéis)
    2015年8月18日 に投稿された | 小野リサのBom apetite! の下
    パステス (Pastéis) ブラジルの街には、あちこちで朝市があります。 ブラジルに住んでいた頃、お買い物が終わって帰るときに、必ず立ち寄るところがありました。 それは市場の端にある「パステス屋」さんです。 実はパステスは、1940年頃にサントスの街で日本人によって作られたそうです。 そしてサンパウロに広まり...
  • 《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(下)
    2017年6月9日 に投稿された | 樹海 の下
    《デカセギ》知られざる在日日系社会の厳しい現実(下) 日本の大手派遣会社アバンセの林隆春社長の話を聞き、「在日日系人の多くは、ブラジルの貧困層を日本に再生産しているだけ」という部分があると痛感した。デカセギブームが始まった90年代前半、「先進国日本に行くんだから、連れて行った子供もブラジルより良い教育が受けられるはず」ぐらいの楽観的な気分だっ...
  • 第15回 ブラジルの不動産は危険がいっぱい
    2015年1月31日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第15回 ブラジルの不動産は危険がいっぱい ブラジルのビジネスを難しくしている要素の一つとして「不動産」がある。賃貸も売買も落とし穴がいっぱいだ。ブラジルも一応資本主義国なので、中国のようにすべてが借地で、政府が一方的に突然立ち退きを迫り、ほとんど賠償もしないということはないが、別の意味で似たようなことが起こる。 特に店舗などは、一度お...
  • 日系人口は190万人で統一を
    2016年4月23日 に投稿された | 樹海 の下
    日系人口は190万人で統一を ブラジルの日系人口は何人なのか――。本紙は通常「150万人」を使ってきた。だが、日本国外務省のブラジル基礎データ頁(22日参照)には「日系人総数推定・約190万人」に加えて「在日ブラジル人数・約17万4千人」とあり、合計すれば「約200万人」だ▼一方、海外日系人協会のサイトには、海外日系人数として...
  • 甘くなかったキリンの進出=ブラジルビールの王者は誰=スカッと乾杯、難しい?=駒形 秀雄...
    2016年1月5日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    甘くなかったキリンの進出=ブラジルビールの王者は誰=スカッと乾杯、難しい?=駒形 秀雄 キリン本社(HD)ではこの様な事態に対して「生産を縮小して2019年には黒字化を目指す」としていますが、他方では「ブラジル会社の合併、売却の可能性もなしとは言えない」と声明しています。現今の経済不況の中、会社としても中々苦しいところでしょう。 ところで日系ビール愛好者からは次のような声も上がってい...
  • ジャパン・ハウスを訪れた正直な感想=聖市在住 山本 紅
    2017年6月23日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    ジャパン・ハウスを訪れた正直な感想=聖市在住 山本 紅 テレビなどで連日報道されているわがサンパウロ市のジャパン・ハウスに行った。  数か月前、テレビで大々的に報道された檜のファサード(建物正面)を見るために、わざわざ夫とパウリスタ大通りまで出かけたが、少々がっかりして帰って来た。  これは檜を格子状に組み上げた「地獄組」と呼ばれ幅36メー...
  • 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一...
    2017年5月20日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一 ブラジル日系文学アカデミーの会長でこの度の団長宮村秀光氏とは、日本・ブラジル歴史の勉強調査などで協力し合ってきている仲です。彼が訪日旅行する機会に宮城県石巻市、登米(とめ)市を訪問する計画を依頼され、県人会から宮城県庁、石巻市役所、登米市役所に受け入れを要請しました。  石巻市では、日本...
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」
    2017年5月23日 に投稿された | 樹海 の下
    《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」 テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政治家の汚職がひどいとは...
  • 四世にも特定ビザ発給を
    2016年6月25日 に投稿された | 樹海 の下
    四世にも特定ビザ発給を 最近、日系代表5団体の間で、四世にも「特別定住ビザ」(現在は三世まで)を発給するように日本政府に意見書を出す動きがあると聞き、これは歓迎すべきだと思った。現在の聖市の日系団体を見回しても、リーマンショック以降に大量帰伯した日本育ちの三世世代が職員となって活動を支えている。日本語が達者で、日本文化を...
  • 第8回 「東京とサンパウロの違いは?」
    2014年12月6日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第8回 「東京とサンパウロの違いは?」 東京とサンパウロを比較すると、お互いに新しい面が見えてくる。どちらも都会でビルが林立した世界的な大都市であり、国の経済の中心地。 ただ、本来ならば東京都と比較するのはサンパウロ州ということになるが、サンパウロ州は人口4404万人、面積も約25万㎢で桁違い。東京都が人口約1339万人で2188㎢...
  • 日本祭りがギネス入りへ
    2017年7月12日 に投稿された | オーリャ! の下
    日本祭りがギネス入りへ 県連は来年の日本祭りで何かしらのギネス登録申請を検討している。その下準備として、今回2日目にギネスワールドレコーズ社(米国)から審査担当者に会場を見てもらった。  同社のラルフ・ハナ氏は視察の上、「47もの自治体の親睦組織が集まってイベントを開催すること自体が珍しい」と言及。「ブラジルは日本移民...
  • リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫
    2017年2月21日 に投稿された | 樹海 の下
    リオのカーニバルで人生を変えた(?)三島由紀夫 杉山欣也金沢大学教授の人文研研究例会(21日付7面で詳報)には、考えさせられるところが多かった。27歳だった三島由紀夫が選んだ最初の世界旅行(1951年12月から半年間)の主要訪問地がリオ、ローマ、アテネだったからだ。生涯に3回も世界旅行したとはいえ、初回こそ一番行きたい場所を選ぶ。そこにブラ...
  • キビとキビのタブレ
    2015年6月23日 に投稿された | 小野リサのBom apetite! の下
    キビとキビのタブレ ブラジルは食の宝庫です。世界のお料理の中でもポピュラーになったのがなんとアラブ料理です。 日本では最近ケバブなどが流行っていますが、ブラジルの街中にはアラブ料理のファーストフード等もあるくらいです。 私は幼少の頃、アラブスナックが大好きで、ショッピングの後には必ず立ち寄って美味しいキビやエスフ...
  • 第43回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ③
    2015年9月5日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第43回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ③ ブラジルには、日本人にはなかなか信じられないこと、日本や他の国では起きないし、理屈では納得できないことが多々ある。  商品サンプルを送っても通関で止められて、高い関税を払わされて大変なこと。そして、ちゃんと輸出をして販売しようとすると、何重にも税金がかかり、販売網づくりを間違うと、あっと言う間に日...
  • ブラジルでも楽しめるお花見
    2014年3月20日 に投稿された | 竹内香苗のブラジルだより の下
    ブラジルでも楽しめるお花見ニッケイ新聞 2014年3月20日 日本はそろそろ桜が咲き始めている頃でしょうか。 社会人になってから、どういうわけか突如桜の花をこよなく愛するようになり、それまで花より団子派だったのが一変、毎年桜の季節を待ちわびるようになりました。そして桜が咲いている間は、毎日通勤時に赤坂サカスの桜を見て、ど...
  • 第23回 日本企業のブラジル撤退はブラジルのせいか? ①
    2015年4月11日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第23回 日本企業のブラジル撤退はブラジルのせいか? ① 昨年終盤から今年にかけて、複数の日本企業のブラジル撤退話を聞いた。ブラジルと関係して20年以上、これまでも数多くの日本企業の撤退劇を見て来たが、よく「やっぱりブラジルは難しいですね」「こんなにコロコロと法律や税金が変わったらビジネスになりませんよ」「関税、物価が高すぎてお手上げです」などの言葉...
  • サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式...
    2017年7月4日 に投稿された | 樹海 の下
    サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式 パラナピアカーバのガイド、ゼリアさんから聞いた「ここの鉄道システムは一時期、日本の会社のものだった。その最初の頃に事故が起きて、日本人を含めて何人か死んだ」との話を、食事をした現地レストランの会計ペドロ・デ・ソウザ・マイアさん(59)にもぶつけてみた。すると彼は祖父の代から3代続きの鉄道マ...
  • 成功者の考え方とは?
    2017年7月4日 に投稿された | オーリャ! の下
    成功者の考え方とは? ブラスニッカ社創業者の山田勇次さんは渡伯後、小学校に入学するが「自分より6歳も幼い子どもと学んでいてつまらなかった。授業を真剣に聞いていなかったら、怒った女性教師に耳を引っ張られ、彼女を殴って退学になった」と破天荒だった少年時代のエピソードを披露した。  若くして先見の明があり、20歳のとき土地...
  • 野口英世の足跡を追う=1923年に伯国で黄熱病研究=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子...
    2017年1月27日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    野口英世の足跡を追う=1923年に伯国で黄熱病研究=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子 2017年、年明け早々、ニッケイ新聞1月14日、続いて17日号において、現在ミナス・ジェライス州で拡大している黄熱病の報道が掲載された。  その後、連日この話題が続いている。同紙には「黄熱病は7年ぐらいの周期で繰り返され、最後の流行が2008―2009年であった」ということであるから、ほぼ7...
  • 《ブラジル》 移民110周年実行委員会は地方連合会を主役に
    2017年1月14日 に投稿された | 樹海 の下
    《ブラジル》 移民110周年実行委員会は地方連合会を主役に パラナ州とサンパウロ州が二大日系集団地であることは、誰もが認めるところだが、連合会のあり方はまったく異なる。パラナ州は傘下の74団体が集まって総会を開き、74人の会長の中から、連合会(リーガ・アリアンサ)の会長を選出する。本部がロンドリーナにあるので、多くの場合、北パラナの団体会長が連合会会長...
  • イタリア系にも通じる沖縄文化
    2017年7月5日 に投稿された | オーリャ! の下
    イタリア系にも通じる沖縄文化 2日のレキオス芸能同好会主催の「鼓魂」の開幕「かぎやで風」で、三線を演奏したイタリア系二世のサンテ・マリオ・リオネッロさん(62)。昨年から野村流古典音楽保存会の会員として活動している。  以前、20年間ほど沖縄空手を習い、黒帯を取得したリオネッロさん。「沖縄県系の家族とイタリア系家族は似たとこ...
  • コロニア偉人の伝記を普及させよう
    2016年5月31日 に投稿された | オーリャ! の下
    コロニア偉人の伝記を普及させよう 「肩にタコがある」―先輩の日系カメラマンがそう言うので触ってみると、確かに硬くて大きな瘤があった。年中重いカメラバッグを担いでいたためだという。よくそこまで仕事に打ち込んだものだと感心した。 「仕事熱心で勤勉」というのは、日本人の代表的な特徴と言われる。この美点を末永く子孫に継承するには、どうすれ...
  • 憧れのリオの名所を訪問!
    2014年10月23日 に投稿された | 竹内香苗のブラジルだより の下
    憧れのリオの名所を訪問! 先週金曜日から日曜日にかけて、2泊3日でリオデジャネイロに行って来ました。サンパウロから飛行機でおよそ1時間。リオデジャネイロは、ポルトガル語では「ヒオジジャネイロ」と読み、「Cidade Maravilhosa(素晴らしい街)」という愛称で親しまれています。  ブラジルに住み始...
  • 第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩
    2015年10月24日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第50回・最終回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑩ ブラジル南部サンタカタリーナ州のジョインビリ、ブルメナウ、フロリアノポリスの3都市を市場調査で回ったが、ブラジルはやはり広い。ヨーロッパ、特にドイツ風の街並み、白人比率の高さ、街の清潔さ、オーガナイズされた雰囲気がある。  黒人と同時に、日系人にもめったに会わない。さらに、北部が40度超えの暑い日...
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載1)=地方日系団体が3分の1に激減?!...
    2016年10月11日 に投稿された | 樹海 の下
    日本移民110周年は目前だ! (連載1)=地方日系団体が3分の1に激減?! 2009年5月2日、聖南西文化体育連盟(UCES、25団体加盟)の山村敏明会長と小川彰夫氏が、会議に顔を出さない傘下6団体を訪ねて歩くというので、同行取材した。朝9時ごろサンパウロ市を出発して一日で1千キロを走って6会館をまわり、帰りついたのはなんと深夜2時・・・。日本で例えれば、ずっと下道を...
  • 移民史の基礎文献をポ語訳する意義
    2016年2月16日 に投稿された | 樹海 の下
    移民史の基礎文献をポ語訳する意義 大学時代に担当教官に良く言われたのは、「専門家と云われるためには、最低100冊の関係書籍を読め」という言葉だった。当地で「日本移民史の研究者がいない」との嘆きを聞くたびに思うのは、「ポ語訳された日本移民史の基礎文献が100冊あるのか?」という疑問だった。文献がなければ、研究者になりたくてもなれない...
  • 二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(中)...
    2017年2月1日 に投稿された | 特別寄稿 の下
    二宮尊徳翁とアマゾン開拓=報徳の森に生かされる=神奈川県在住 松田 パウロ=(中)新天地へ 光あれ  足柄の山野に狩りし、足柄の地酒をこよなく愛した福沢諭吉は、箱根湯本の福住旅館に静養し、報徳の教えゆったりと全身から吸収していた。  観光の地・箱根は、訪れる人誰にも天地玄妙なるを解読していると言えよう。  先人の治山治水事業の精華として、相模湾の幸、清流の鮎、丹沢山系の...
  • 第45回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑤
    2015年9月19日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第45回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑤ 会社設立後、業種・業態によって、ブラジルでは次にやらなければならないことが全く違ってくる。商品によっては、ブラジルで販売するための認証を政府機関から取得しなければならない。そこでまた、前回記した会社設立時と同じ役所の真実に再会する。  認証取得後の販売段階では、本当に高い税金と格闘しなければならな...
  • なぜブラジルCDSが500bpを突破して上昇中なのか?
    2015年9月30日 に投稿された | ビジネスニュース の下
    なぜブラジルCDSが500bpを突破して上昇中なのか? 「ブラジルCDS」という金融派生商品の保証料率が28日に540bpまで上がった。国の債務不履行に備える保険のような商品で、数字が高いほど〃危険〃。ウクライナで内戦状態のロシアでも380前後だから相当危険か。伯国もコンフェデ杯(13年)前は100前後と安全圏だったが、その後の上昇傾向は激しい▼連邦政...
  • 実は政府自身がインフレの原因か?
    2016年9月23日 に投稿された | 樹海 の下
    実は政府自身がインフレの原因か? ブラジルの政治、経済を理解するには「本当の因果関係」を見極める必要がある。経済動向を見るのに最も重要なのは「インフレの原因」をどう考えるかだ。ジウマ前大統領をはじめ、政治家は一般に「インフレのせいで経済は悪化した」というニュアンスで演説する。「政府のコントロールを越えて勝手にインフレが進行する...
  • 母の後ろ姿見てルーツに興味
    2017年6月27日 に投稿された | オーリャ! の下
    母の後ろ姿見てルーツに興味 「婦人パワーで県人会を元気にしよう」――25日に沖縄県人会館で行われた婦人親睦デー芸能祭で約300用意された席は早々に埋まり、手伝いの琉球国祭り太鼓の若者が忙しく椅子を増やしていった。  会場後方で鑑賞していた眞榮平カオリさん(23、二世)、アユミさん(14、同)姉妹は県人会イベントに初参加で、...
  • 健康麻雀に参加して
    2015年9月16日 に投稿された | オーリャ! の下
    健康麻雀に参加して 独立記念日に出社すると、日毎ビルの入り口で鍵を持ち、来客を待っている上品なご婦人がいた。手にしている文庫本の趣味も良く、面識はないが「おはようございます」と挨拶した。 聞くと毎週月曜日と木曜日にビルの12階で「健康麻雀大会」を主催しているのだと言う。何が〃健康〃かといえば「飲まない」「吸わない」「...
  • 戦々恐々とする次期大統領の最有力候補
    2016年5月28日 に投稿された | 樹海 の下
    戦々恐々とする次期大統領の最有力候補 次期大統領選挙の最有力候補といわれるアエシオ・ネーベスPSDB党首の周辺が、だいぶ、きな臭い。テオリ・ザヴァスキ最高裁判事が24日、セルジオ・マッシャード元トランスペトロ総裁の司法取引証言を承認したため、同総裁とレナン上院議長との密談内容が詳細に報道されたからだ▼捜査状況を心配したアエシオが、レナ...
  • 第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧
    2015年10月10日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第48回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ⑧ なかなか予定が立たないブラジルという話を何度か書いてきたが、大いに予定を狂わされるものの一つで、今の日本では信じられない、われわれにはどうしようもできないのが、ブラジルのストライキ(以下スト)である。今週もなんと銀行職員のスト。ATMは動いているものの窓口は閉まっている。企業活動にかなり影響が出る...
  • 【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開...
    2017年1月6日 に投稿された | 樹海 の下
    【ブラジルの刑務所暴動】「イスラム国」と同じ(?)ような首切り映像公開 10年余り前、まだサンバチームで打楽器を叩いていた頃、カーニバル前になると夜通し行われるバイロ(地区)のフェスタにバテリア(打楽器隊)の一員として招待され、時々、演奏していた。あるとき、サンパウロ市モッカ区の公道を通行止めにして舞台を作り、本格的な音響機材をそろえた深夜のフェスタに出た▼演...
  • ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある
    2016年8月13日 に投稿された | 樹海 の下
    ラファエラの金メダルは日本の勝利でもある 《黒人女性、貧困、リオ五輪初の金メダル、ブラジルの顔》―スペイン「エル・パイス」紙ポ語版10日付電子版はそう報じた。柔道家ラファエラ・シルヴァの金メダルは伯国のものだが、実は日本の〃勝利〃でもある。日本の日本人にも心から喜んでほしい▼彼女はリオ市郊外の巨大貧民街「シダーデ・デ・デウス(神の町、以後...
  • フェスタ・ジュニーナ
    2015年7月1日 に投稿された | オーリャ! の下
    フェスタ・ジュニーナ 「6月祭(フェスタ・ジュニーナ)を知らずに2度目の6月(ジューニョ)が過ぎていく」とぼやいたら、友人が招待してくれた。 彼の姪っ子姉妹が通う学校の生徒が学年ごとに披露するお遊戯会といった様相で、「私の作った衣装が一番」と祖母が胸を張り、我が子を写真やビデオに収めようと場所取り合戦に...
  • 第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ①
    2015年8月22日 に投稿された | 日伯コンサル奮闘日記 の下
    第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ① 日本でブラジルのことを説明するのは極めて難しい。さすがにこの数年、日本のメディアでもブラジル経済のことが取り上げられるようになってきて、サンバ、サッカー、アマゾンといったステレオタイプな見方は少なくなってきた。最近は危険(治安)・不景気・五輪の開催可否と言ったところか…。  どちらにしても、一から...
  • ブラジルに蝉しぐれはあるのか
    2017年1月20日 に投稿された | 樹海 の下
    ブラジルに蝉しぐれはあるのか 「セミはブラジルにいるのか」―そんな議論が日系社会の俳句界には昔からある。要は「蝉しぐれ」という季語が使えるかどうかという話だ。今年から加わった研修記者がUSPピラシカーバ農大に昨年留学し、昆虫学を勉強していたというので、この問題を尋ねた。すると「いますよ。捕まえて標本を作りましたから」とあっ...