ホーム | コラム 最新人気ランキング TOP 50

コラム 最新人気ランキング TOP 50

  • 世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨...
    2017年5月23日 | 特別寄稿
    世界的企業JBSが政界裏幕を暴露=今度はテメル大統領に爆弾炸裂=ブラジリアは改革放って右往左往=聖市在住 橘 馨 5月に入って気候も良くなり、経済の面でも明るさが見えて来た。何ともパッとしないブラジルもこれで良い方に進むのかと期待していたら、おっとどっこい、行政の中心部に爆弾炸裂です。それで先週後半から大統領府の業務はストップ、政界の偉い先生方も右に走り左にあたりで、大混乱となっています。  この全...
  • 巨額投資は先見の明?
    2017年5月26日 | オーリャ!
    巨額投資は先見の明? 先日、某日系損害保険会社の駐在員に話を聞く機会があった。当地の不景気を嘆き、「もともと日本に比べて車の盗難が多いが、不景気だとさらに増えて、保険金の支払いが膨らむ。それに車が売れないから、新規の保険契約も減っている」とため息混じりに話した。  これ以上不景気が続くと、意図的に事故を起こす保険金詐...
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう
    2017年5月26日 | 樹海
    《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう 皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席される可能性がある。そ...
  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」
    2017年5月23日 | 樹海
    《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」 テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政治家の汚職がひどいとは...
  • 大耳小耳
    2017年5月26日 | 大耳小耳
    大耳小耳 サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日まで聖市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila Guilherme)で行われるパーティー用品の法人向け展示会『第11回エスポ・パルケ・イ・フェスタ』に出展する。時間は午前11時~午後8時まで。赤いリボ...
  • 日本宗教がディズニー監督の心の支え
    2017年5月23日 | オーリャ!
    日本宗教がディズニー監督の心の支え ブラジル人初のディズニーアニメ映画監督となった松田レオナルドさんとの取材後、「もしも書きたければ、私が創価学会で仏教を学んでいることを記事に加えても大丈夫です」と松田さんからメールが入った。  調べてみると同学会のニュースサイト「SEIKYO Online」に3月27日付けで掲載された松田さんの...
  • 東西南北
    2017年5月26日 | 東西南北
    東西南北 監督交代が激しいのはブラジルサッカー界の常だが、全国選手権開幕からわずか2試合を消化した時点で、既に2チームの監督が交代した。開幕2連敗のアトレチコ・パラナエンセのアウトゥオリ監督と、1分1敗のネイ・フランコ監督だ。ネイ・フランコ氏は、並行して行われたコパ・ノルデスチで優勝を逃した直後に解任された...
  • 《ブラジル》繰り返される報奨付供述と情報漏洩
    2017年5月25日 | 樹海
    《ブラジル》繰り返される報奨付供述と情報漏洩 17日夜、グローボ局サイトとニュースが流したJBS社主の報奨付供述は、政・財・司法の各界に波紋を投げかけている▼最も素朴な疑問は、なぜ、最高裁が公開を認める前に供述内容が報じられたかだ。ラヴァ・ジャット作戦開始以来、報奨付供述、司法取引という言葉が頻繁に出てくるが、供述内容公開は司法取引成立後に裁...
  • 本紙連載集めた『勝ち組異聞』が日本で出版
    2017年3月4日 | 樹海
    本紙連載集めた『勝ち組異聞』が日本で出版 メキシコとの国境に壁を作るというトランプのナショナリズム政策、シリアの難民問題、英国のEU離脱など世界情勢は大激変しているが、その根幹に共通してあるのは「移民問題」だ▼日本国内でも身の回りに外国人がどんどん増えている。コンビニの店員はもちろん、学校にはどこのクラスにも最低一人、二人の外国人児童...
  • 大耳小耳
    2017年5月27日 | 大耳小耳
    大耳小耳 三信インターナショナルの三宅信史代表は「今まで映画製作に10回携わったが、実際に公開までこぎつけたのは3作品だけ」と話し、「企画段階まで進んでも現実には色々な問題がでてくる」と苦労を滲ませた。ただ、『0からの風(vento do Zero)』(07年、塩屋俊監督)がサンパウロ国際映画祭の招待作品に...
  • 東西南北
    2017年5月27日 | 東西南北
    東西南北 24日に行われた連警の〃書簡作戦〃で、親族や息子を含む配下、合計24人が逮捕されたベイラ・マルは、25日朝、ポルト・ベーリョの刑務所から、行き先を伏せた状態で、他の刑務所に移送された。移送には空軍機が使われ、20人もの職員が関わったという。メモを使って、獄中から〃シノギ〃を指揮し、過去数年間の〃ア...
  • 東西南北
    2017年5月25日 | 東西南北
    東西南北 17日に暴露されたJBS社社主ジョエズレイ・バチスタ氏の報奨付供述で、上議資格停止とPSDB党首辞任に追い込まれたアエシオ・ネーヴェス氏が、23日に釈明のビデオメッセージを公開した。同氏は「私は公職の立場において、一度たりとも不当な金銭的利益を得たことはない。供述を行った人物は私を罠にはめた」と論...
  • 伯国発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=聖市ヴィラ・カロン在住 毛利律子...
    2017年5月19日 | 特別寄稿
    伯国発見直後の或るユダヤ人=「パウ・ブラジル商人」の肖像=聖市ヴィラ・カロン在住 毛利律子 ブラジル北東部のペルナンブッコ州とアフリカ大陸の間の大西洋に、「フェルナンド・デ・ノローニャ島」という国内屈指の観光地として繁栄している群島がある。2001年に世界遺産リストに登録され、登録名は「フェルナンド・デ・ノローニャ諸島とロカス環礁の保護区群」である。  そこは、フェルナンド・デ...
  • 甘くなかったキリンの進出=ブラジルビールの王者は誰=スカッと乾杯、難しい?=駒形 秀雄...
    2016年1月5日 | 特別寄稿
    甘くなかったキリンの進出=ブラジルビールの王者は誰=スカッと乾杯、難しい?=駒形 秀雄 キリン本社(HD)ではこの様な事態に対して「生産を縮小して2019年には黒字化を目指す」としていますが、他方では「ブラジル会社の合併、売却の可能性もなしとは言えない」と声明しています。現今の経済不況の中、会社としても中々苦しいところでしょう。 ところで日系ビール愛好者からは次のような声も上がってい...
  • どこまで遺伝、どこから環境=日本人の外見を特徴付けるものは?=駒形 秀雄...
    2015年7月30日 | 特別寄稿
    どこまで遺伝、どこから環境=日本人の外見を特徴付けるものは?=駒形 秀雄 ブラジルは多くの民族の入り混じった国と言われています。街でメトロなどに乗ったりすると手持ち無沙汰でもあり、つい周りの人達の外見や容貌に目が行きますが、自分と比べて「こちらとは大分違うな」と認識させられることになります。 体格で言えば一般にガイジン(ブラジル人)の方が背が高い、胴体に...
  • 《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」
    2017年5月19日 | 樹海
    《ブラジル》政治評論家が口を揃えて「テメルはお終い」 17日夜7時半、テメル政権に致命的な激震が走った。JBS社主兄弟の司法取引供述に、「ジャブル官邸で今年3月7日、テメル大統領が兄弟に、エドゥアルド・クーニャ元下院議長が司法取引に応じないよう裏金を渡し続ける工作を相談している様子を録音したもの」が含まれているとオ・グローボ(G)紙サイトに暴...
  • 38年間住んだベネズエラを後にして=小谷孝子(画家)
    2017年4月20日 | 特別寄稿
    38年間住んだベネズエラを後にして=小谷孝子(画家) 画家の小谷孝子さんは38年間もベネズエラに住んだが、不況や治安の悪化などあまりの国情の変わりように耐え切れなくなり、昨年3月に日本に永住帰国した。「第2の祖国」への惜別の思いを込めた文章が、昨年末の12月28日にサイト「ベネズエラで起きていること」(https://venezuelainjap...
  • 日系人口は190万人で統一を
    2016年4月23日 | 樹海
    日系人口は190万人で統一を ブラジルの日系人口は何人なのか――。本紙は通常「150万人」を使ってきた。だが、日本国外務省のブラジル基礎データ頁(22日参照)には「日系人総数推定・約190万人」に加えて「在日ブラジル人数・約17万4千人」とあり、合計すれば「約200万人」だ▼一方、海外日系人協会のサイトには、海外日系人数として...
  • 鱈のコロッケ
    2015年5月12日 | 小野リサのBom apetite!
    鱈のコロッケ【美味しい料理は国境を越える!】  ポルトガルの植民地だったブラジルには、ポルトガルの名残が幾つもあります。鱈のコロッケはその一つでもあります。 魚料理を多く取り入れたポルトガル料理には、イワシを始め塩蔵鱈をよく使用します。中でも塩蔵鱈はいろんな調理を楽しめると思います。ジャガイモやオリーブ油...
  • 深沢正雪著『「勝ち組」異聞』(無明舎出版)を読む=~遠隔地ナショナリズム論と「勝ち負け」抗争の今日的再考~=岸和田仁(『ブラジル特報』編集人)...
    2017年5月10日 | 特別寄稿
    深沢正雪著『「勝ち組」異聞』(無明舎出版)を読む=~遠隔地ナショナリズム論と「勝ち負け」抗争の今日的再考~=岸和田仁(『ブラジル特報』編集人) 第2次大戦が日系社会を分断し、日系人同士の錯綜した対立を引き起こしたが、そのトラウマが癒えるまでには長い時間を要した。それは、政治的社会的背景がそれぞれ異なる米国でもブラジルでも日系社会を激震させた歴史的事実である。  端的な例をあげれば、1942年、カリフォルニア州北部のツールレイク収...
  • 野球を通じて社会貢献
    2017年2月11日 | オーリャ!
    野球を通じて社会貢献 先日、聖州の地方都市マリリアを訪れた際、文協運動場に六つの大野球場があり、宿泊施設や食堂も完備、遠征用バスも保有していると聞き、圧倒された。同野球チームは全伯最強だという。  さらに、市役所や小学校と提携し、無料バス運行や道具貸出、遠征費用の無償提供や補助まで行うというから驚く。だから、貧困層の...
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提
    2017年5月12日 | 樹海
    四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提 11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世ビザ解禁がかなり進展し...
  • 四世にも特定ビザ発給を
    2016年6月25日 | 樹海
    四世にも特定ビザ発給を 最近、日系代表5団体の間で、四世にも「特別定住ビザ」(現在は三世まで)を発給するように日本政府に意見書を出す動きがあると聞き、これは歓迎すべきだと思った。現在の聖市の日系団体を見回しても、リーマンショック以降に大量帰伯した日本育ちの三世世代が職員となって活動を支えている。日本語が達者で、日本文化を...
  • 大耳小耳
    2017年5月25日 | 大耳小耳
    大耳小耳 県連「移民の故郷巡り」の次回は、特別版でポルトガルへ行く。9月17日から5泊6日。旧宗主国だっただけに、言葉はもちろん料理や文化の面でも共通点が多く、「ブラジルの故郷」を訪ねる興味深い旅になりそう。首都リスボンでは日本ポルトガル交流イベントに参加するほか、柔道協会や大使公館との行事も予定されており...
  • コラム オーリャ!
    2012年5月24日 | オーリャ!
    コラム オーリャ!ニッケイ新聞 2012年5月24日付け  ユタテレコード主催の「ユタテゴールデンショー」は今年で5回目を迎えるが、イベント開始以来時間厳守を徹底している。松岡伸雄取締役の「日本人がやるからには」との台詞には、日本人としての誇りが感じられた。  ショーでは準備に携わるブラ...
  • カポエイラの魅力
    2017年5月19日 | オーリャ!
    カポエイラの魅力 ここ1カ月ほどカポエイラ教室に通っているが、これが面白い。そもそもカポエイラとは、黒人奴隷がアフリカから伝えた格闘技とダンスを織り交ぜたもの。そこに楽器の演奏が伴い、リズムに合わせて手合わせをするのだが、勝敗はつけない。  魅力は、初心者でも自分の実力を出せるところだと思う。カポエイラはアクロバ...
  • 第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ①
    2015年8月22日 | 日伯コンサル奮闘日記
    第41回 日本人が信じられないブラジルの不都合な真実 ① 日本でブラジルのことを説明するのは極めて難しい。さすがにこの数年、日本のメディアでもブラジル経済のことが取り上げられるようになってきて、サンバ、サッカー、アマゾンといったステレオタイプな見方は少なくなってきた。最近は危険(治安)・不景気・五輪の開催可否と言ったところか…。  どちらにしても、一から...
  • 肉を美味しく食べる魅惑のソース
    2014年9月25日 | 竹内香苗のブラジルだより
    肉を美味しく食べる魅惑のソース ああ、肉が止まらない! ブラジルではとにかく肉をよく食べます。大きな串に刺さったシュラスコスタイルも人気ですが、お皿にどーんとお肉が乗って出て来るステーキ屋さんもたくさんあり、これまた人気です。 ブラジルに来て間もない頃は、日本で食べる脂の乗ったやわらかいお肉が恋しくて、ブラジルで食べる肉はな...
  • 憧れのリオの名所を訪問!(4・終)
    2014年11月13日 | 竹内香苗のブラジルだより
    憧れのリオの名所を訪問!(4・終) リオデジャネイロは「Cidade Maravilhosa(素晴らしい街)」という愛称で親しまれている通り、何とも魅力的な街。これまでに書ききれなかったリオにまつわるあれこれについて綴り、リオの旅シリーズ最終回にしたいと思います。 まずは、こちら。さて何でしょう?  これはコパカバーナビーチの...
  • 東西南北
    2009年10月29日 | 東西南北
    東西南北ニッケイ新聞 2009年10月29日付け  聖市地下鉄のセーとイタケーラ両駅で、車両とホームの間に、障害者の乗り込み補助と事故防止用のせり出しをつけることに。車両とホームの隙間に足をとられての骨折や小さい子供が落ちる事故も多く、10センチ以上の隙間に保護具をとの条例...
  • パウロ・コエーリョを原語で読む!
    2014年10月2日 | 竹内香苗のブラジルだより
    パウロ・コエーリョを原語で読む! サッカーのペレ、F1のアイルトン・セナ、建築家オスカー・ニーマイヤー、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン・・・世界に名の知れたブラジル出身の偉人はたくさんいます。作詞家、小説家のパウロ・コエーリョもその一人。私が初めて読んだブラジル人作家によるポルトガル語の本は、パウロ・コエーリョの作品でした...
  • ジャパンハウスは何を見せるところなの?
    2016年7月1日 | オーリャ!
    ジャパンハウスは何を見せるところなの? ジャパンハウスに対するコロニアの目は実に厳しい。日系社会との意見交換をこれまで2度行なったが、会合には静観する雰囲気が漂う。 「諸外国の反日感情にはどう対応するのか」「日本独自の最先端技術をどう伝えるのか」。質疑応答では、日系社会側からの日本の外交戦略を憂う声が上がる。 ジャパンハウスで見せたいも...
  • チキンステーキ
    2015年7月21日 | 小野リサのBom apetite!
    チキンステーキ 小さい頃から母の定番で、私の大好きな一品です。鶏肉のステーキの付け合わせは、ジャーマンポテトが我が家の食べ方でした。ブラジルでは牛肉の次によくいただきます。...
  • 大耳小耳
    2017年5月13日 | 大耳小耳
    大耳小耳 10日、「埼玉県出身者の集まり」があると聞いて、同県出身の耳子も足を運んだ。出席者は駐在員や、現地採用社員など20~40代が10人ほど。呼びかけ人はブラジル日本商工会議所に勤める吉田章則さん。「今年は埼玉からの移民100周年の節目。日系社会と一緒に何かできないかと模索している」とのこと。埼玉県人会...
  • 新レジ袋となあなあ主義
    2015年6月9日 | 樹海
    新レジ袋となあなあ主義 ハダジ市長が聖市内で使うレジ袋統一を発表したのは今年1月。4月5日からは全市共通の袋の使用が義務付けられ、警告や罰金適用も始まったが、日々目にする光景は90日間の適応期間中の市民への通達や啓蒙活動が十分でなかった事を如実に表している▼緑の袋は再生資源ごみ用で、生ごみなどを捨てるのにこの袋を使え...
  • 東西南北
    2017年3月18日 | 東西南北
    東西南北 13~17日にサンパウロ市で開催されたサンパウロ・ファッションウィークで16日、新しい試みが行われた。カメラのフラッシュの光が当たると浮き出る特殊インクで、モデルの身体に反女性差別、性被害撲滅を呼びかける文言を書いたのだ。書かれたメッセージは「私は好きなように装う」「胸元(が開いているの)は誘って...
  • 大耳小耳
    2017年5月19日 | 大耳小耳
    大耳小耳 ジャパン・ハウスの開幕週間の間(先月30日から4日まで)、館内カフェで「味の素ゼネラルフーズ(株)」の『AGF〈煎〉レギュラー・コーヒー』と、老舗和菓子店「榮太樓總本舗」の『日本橋まんじゅう』が入場者に無料で配られた。ブラジル産のコーヒー豆を一部使用し、日本の軟水に合わせて設計された気高く繊細な香...
  • フード・トラックで郷土食を
    2015年8月13日 | ビジネスニュース
    フード・トラックで郷土食を 5年前、道端の古びたフード・トラックでパステルとさとうきびジュースを買い、2回も腹を下した。フード・トラックとは後部座席を台所に作り変え、道端で食事を販売する移動型屋台のことだ。後からブラジル人の友人に「不衛生だから自分は買わない」と注意され、確かに日本育ちの繊細な胃袋じゃね…と反...
  • 四世ビザ解禁への期待高まる
    2016年10月7日 | オーリャ!
    四世ビザ解禁への期待高まる CIATEが実施した三、四世への意識調査(5日付け詳報)は、興味深い結果が出た。例えば、20~40代の回答者約500人のうち、約100人は四世と答えた点だ。  つまり働き盛りの若者のうち、四世が2割を占める時代になったのだ。その100人のうち、なんと85人ほどが「訪日就労に関心を持っている」と答...
  • ◇コラム 樹海
    2003年2月28日 | 樹海
    ◇コラム 樹海 移住者が来なくなっても、日本から若い人たちはたくさん訪伯する。そして、ボランティア活動を熱心に、積極的に行う。その多くがファベーラでの活動であることが特徴だ▼以前、若い人たちに尋ねたことがある。「どうして日系人の孤老や生活困窮者に目を向けないのか」。...
  • 河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄...
    2016年11月28日 | 特別寄稿
    河川輸送大国パラグァイ=常石造船所を見学して=海がない国の工夫と知恵=アスンシォン在住 坂本邦雄 去る11月10日(木)はアスンシォン老人クラブ寿会(菊池明雄会長)の会員41人が、首都アスンシォンの南方約40キロに所在する常石グループの造船所を見学した。港町ビリェタ市のパラグァイ河沿い工業団地内に、2008年に開設された同造船所。寺岡工場長の案内によって、皆で老いの好奇心もよろしく、珍しい...
  • 大耳小耳
    2017年5月20日 | 大耳小耳
    大耳小耳 柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も」という人は多い。そん...
  • リオ五輪開会式で顕彰された日本移民
    2016年8月9日 | 樹海
    リオ五輪開会式で顕彰された日本移民 実に美しい五輪開会式だった――あの光景を「世界の30億人がテレビ鑑賞、欧米メディアは絶賛した」と伯国メディアは自賛している。やはり、ブラジル人はフェスタ上手だと痛感する。インディオが自然と共存することを、上から垂らした光る綱を、美しく綾なす形で表現する場面など幻想的の一言だ▼さらに夜8時過ぎになん...
  • チョコがたくさん! ブラジルのイースター祭
    2014年4月17日 | 竹内香苗のブラジルだより
    チョコがたくさん! ブラジルのイースター祭ニッケイ新聞 2014年4月17日  今週末4月20日の日曜日はイースター。ブラジルではイースターは「パスコア」といいます。ブラジルはカトリック教徒の多い国ではありますが、今ではイースターは宗教的な意味合いを超えて、一種のイベントとして楽しんでいる様です。かなり前からスーパーマーケットやお菓子屋さん...
  • 移民110周年に向けた準備をはじめよう
    2015年10月14日 | 樹海
    移民110周年に向けた準備をはじめよう 秋篠宮殿下のご来伯日程が正式発表となった。28日に着聖なさるので、ちょうど2週間後だ。11月8日まで12日間も滞在される。その間、聖市、パラナ州4都市、南麻州カンポ・グランデ、パラー州ベレン、首都、リオで日系人らとお会いになる過密な日程だ▼今回も聖州は聖市のみだが、パラナ州は入植百周年ということも...
  • スタジアムでサッカー観戦!
    2014年11月20日 | 竹内香苗のブラジルだより
    スタジアムでサッカー観戦! ブラジルに来てはや2年。昨年6月に行われたコンフェデ杯は、ブラジリアへ日本対ブラジル戦の応援に行きましたが、世界有数のサッカー大国に住んでいながら、あろうことかサッカークラブチームの試合はスタジアムで観戦したことがありませんでした。いつか行きたいとずっと想い続ける中、ついに実現! 11月16日...
  • サッカーを通じた多文化共生事業
    2017年1月14日 | オーリャ!
    サッカーを通じた多文化共生事業 「伯人サッカークラブ大泉」の存在意義は大きい。7人制競技ソサイチの話だ。チームは関東リーグ初代王者を目標に掲げるが、それよりも大事なのは、運営方針にある「共生」というキーワードではないか。  所属選手は伯人以外に、亜国など南米出身者で大半を占め、日本人も一緒に戦う。つまり団結して結果を出すこと...
  • ブラジルからFELIZ NATAL! (最終回)
    2014年12月25日 | 竹内香苗のブラジルだより
    ブラジルからFELIZ NATAL! (最終回) Feliz Natal! ポルトガル語でメリークリスマスは、こう言います。2012年にブラジルに来てから、今回で3度目のクリスマス。もちろんこの時期ブラジルは真夏で、暑い日々が続きます。 最初は、真夏に迎えるクリスマスは不思議な感じがしていましが、3度目の今回はもうすっかり慣れ、サンパウロを包...
  • 消えゆくか、沖縄のテーゲー文化=10年ぶりの故郷の大変化に嘆息=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子...
    2017年1月16日 | 特別寄稿
    消えゆくか、沖縄のテーゲー文化=10年ぶりの故郷の大変化に嘆息=聖市ヴィラカロン在住 毛利律子 移民研究家による表現では沖縄の出身者を二つに分け、一つは移民となった人たちで「沖縄系移民」、もう一つは沖縄から本土に移住し、沖縄以外の土地で住んでいる人たちで「沖縄出身者」と呼ぶ。アメリカ軍政府の統治下にあった1945年から1972年までの27年間、英語では、「オキナワ」の語尾にーanを付けて...
  • 《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化
    2017年4月11日 | 樹海
    《ブラジル》オダギリジョー主演で『革命の侍』映画化 キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの戦友としてボリビア山中で政府軍と戦って亡くなった唯一の日系人、前村フレディ(ボリビア二世、1941―67)の話を2012年2月に連載『ゲバラと共に戦った前村=伯国親族と再会したボリビア子孫』として紹介した▼フレディの姉マリーさんとその息子エクトルさん(48)が、...