ホーム | 連載 | 2013年 | 《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談

ニッケイ新聞 2013年1月31日付け
 波乱の生涯を送った元代議士・山崎釼二(1902―1958、静岡県)は55年前の31日、聖市のサンタクルス病院(旧日本病院)で一介の戦後移民としてひっそりと亡くなった。戦前に社会大衆党から衆議に登りつめ、大戦中にはボルネオの県知事に任命されるなど一世を風靡した人物だった。ところが、そこで出会った現地の娘アインと結ばれて子供をもうけ、終戦後に正妻が待つ日本へ連れて帰国したことから〃二人妻事件〃として世間を騒がせ人生の岐路に立った。釼二がアイン名で書いた本を原作に、高峰三枝子がヒロイン役を演じた映画『南十字星は偽らず』が制作されるほど話題になったが、政治家に返り咲くことができずアマゾンへ移住した。戦後移住60周年を記念し、元有名人移民の知られざる後日談を含めて紹介する。(敬称略、深沢正雪記者)

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=最終回=「釼二は偽らなかった」=元妻の手のひらの上で

ニッケイ新聞 2013年2月19日  山崎の死後にアインが独白を寄せた『曠野の星』にはこうある。《私の生涯で一番幸福だったのは、山崎がボルネオの県知事時代だったので、皆から尊敬されました(中略)私の未熟さを一生懸命教育してくれました。本当に『南十字星は偽らず』でありました》  その一方、藤原道子は違った認識をしていた。『婦人公論 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第12回=子供にケンジ、アイン名=引き継がれた山崎の〃業〃

ニッケイ新聞 2013年2月16日  人文研の松阪が教えてくれた情報とは「アイダ・ゴメス・デ・アルメイダ・ヤマザキ・ローザ」がリオ連邦大学工学部大学院で11年9月に出した論文だ。その前書きに両親名としてテレザ、サンナン、兄弟名としてケンジ、サンナン・ジュニオルと書かれている。山崎とのつながりを連想させる名前だ。  テレザ名を電話 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第11回=なぜ讃南だけ残ったか=一人だけポ語で人格形成

ニッケイ新聞 2013年2月15日  ブラジルに残された讃南はどうなったか。宮尾は「たしか『こどものその』に入っていたはず」といい、坂尾も「その男の子は後にリオに住んでいた」というが、これは何を意味するのか。もしや置いて行かれたのか、まさか著名人がそんなことを!——という謎が残る。  第4回で紹介した尾崎士郎の言葉には、山崎の息 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第10回=商社マンと再婚し帰国=交錯するその後の情報

ニッケイ新聞 2013年2月14日  件の〃飲み屋〃の店主・西村春美さん(76、広島県出身)=エスピリットサント州セーラ市在住=を探して電話し、詳細を尋ねると、まず「飲み屋でなく、レストランです」ときっちり訂正した。「あの店はプリンス・ホテルのロビー奥にあったのでプリンスという店名でした。あの頃一、二世の女の子をたくさん雇ってい ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第9回=妻に一文の貯えも残さず=アインがボアッテで女給?

ニッケイ新聞 2013年2月12日  裸一貫の密航者から始めて、ボルネオでは異民族から名知事と親しまれるまでになった人物が、なぜブラジルでは火を消したように知られることもなく志半ばで亡くなってしまったのか——。  構成家族として山崎と共にアマゾンに入った海野守(81、清水)=聖市在住=は「山崎さんは社会党だし、県知事までやった人 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第8回=元妻と再会機に体調悪化=寂しい通夜と県人会葬

ニッケイ新聞 2013年2月9日  パ紙は1957(昭和32)年9月21日付け社説でも、戦前まで選挙権すらなかった女性で、参議にまでなったという意味で、藤原道子を戦後の「日本の変貌を生身で見せたような人だ」と持ち上げている。同参議が離伯する時、11月14日付け社説でも再び「おそらく国会議員でこれほど長期にわたって滞在し、コロニア ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第7回=過酷な海岸開拓の前線へ=掘っ立て小屋が「本部」

ニッケイ新聞 2013年2月8日  坂和は56年中頃から1年ほど山崎家に下宿し、アクリマソン区の伯人住宅に移った。そのあとに入ったのが坂尾英矩(ブラジル音楽評論家)だ。55年当時で山崎は53歳、アインは30歳、宮尾25歳、坂尾24歳、坂和21歳だった。  坂尾は珍しく山崎本人とも親しく付き合った。ブラジル音楽や歴史の裏話を記した ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第6回=「仕事見つからず気の毒」=日本人形工場で住み込み

ニッケイ新聞 2013年2月7日  「とても気の毒でした。山崎さんは中々仕事が見つからなかったようです」。田形俊子さん(87、鳥取)=聖市ビラ・ブルデンテ在住=はそう述懐する。  出聖したとはいえ、山崎に頼れる知り合いは少なかった。二宮マツ(二宮正人弁護士の母)が田形さん宅に山崎を連れてきて「世話をしてくれないか」とお願いした。 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第5回=アマゾン移住後すぐ脱耕=移民不適格——の烙印

ニッケイ新聞 2013年2月6日  というのも映画の筋書きが原作とはまったく違っていたからだ。映画では、山崎はアインを日本に連れて帰る決心をしたが、アインがそれを断るというラストに変えられ、しかも元恋人が恋の恨みでアインを刺して終わる。つまり、映画では原作者であるアインが殺され、〃二人妻事件〃は起きないことにされてしまった。原作 ...

続きを読む »

《戦後移民60周年》=聖南開拓に殉じた元代議士 山崎釼二=『南十字星は偽らず』後日談=第4回=度重なる不幸乗り越え=原稿執筆し刊行、映画化

ニッケイ新聞 2013年2月5日付け  『南十字星』の序に尾崎士郎は、《終戦直後の混乱の中へ、恥を忍んで阿燕女史とともに二人の子供をつれて帰ってきた彼に故郷の風はつめたく、一時は周囲から指弾の的となって、飢餓をしのぐことさへ容易ではないやうな生活を辛うじて支へてゐる彼に再起の望みはもはや完全に失われやうとしてゐた》と当時の状況を ...

続きを読む »