ホーム | 連載 | 2013年 | 舞踏家=大野慶人と伯国の深い絆=時代の〃開拓者〃の共感

舞踏家=大野慶人と伯国の深い絆=時代の〃開拓者〃の共感

舞踏家=大野慶人と当地の深い絆=時代の〃開拓者〃の共感=(下)=東北の「暗黒」秘めた踊り=伝統から生まれたモダン

ニッケイ新聞 2013年3月8日  「大野一雄は終戦後すぐに踊り始めました。というか——踊らざるをえなかった。『みんなの魂を慰めないと』と真剣に思ったようです」。最初はドイツ表現主義的モダンダンスだったが、徐々に独自の境地に目覚めていく。特に、一雄同様にカリスマ的なダンサー土方巽(1928—86、秋田)との暗黒舞踊が有名になり、 ...

続きを読む »

舞踏家=大野慶人と伯国の深い絆=時代の〃開拓者〃の共感=(上)=北海道、秋田の風土と舞踏=当地公演6回で最多

ニッケイ新聞 2013年3月7日  「大野一雄は北海道で開拓者の家族の一員として生まれ、新大陸ブラジルには強い共感を持っていたと思います」。舞踏家として世界的に有名な大野一雄(1906—2010、北海道函館)の息子、慶人(74、東京)は6度目の来伯公演に当たり、5日午前に聖市内ホテルで取材に応じ、当地への気持ちをそう代弁した。「 ...

続きを読む »