ホーム | 連載 | 2013年 | 商議所部会長シンポ

商議所部会長シンポ

 ブラジル日本商工会議所(近藤正樹会頭)の企画戦略委員会(林正樹委員長)と総務委員会(上野秀雄委員長)が共催する『2013年度上期 業種別部会長シンポジューム』が2月22日、聖市のホテルで行われた。約150人の進出企業関係者らが出席し、それぞれの分野の専門家による発表に熱心に耳を傾けた。GDP成長率が1%内に留まり、多くの分野の業績がマイナス傾向となった昨年に比べ、今年は緩やかな回復に向かうものの、大きな成長は見込めない傾向にあるようだ。福嶌教輝在聖総領事は「回復傾向にはあるが13年は大きな成長は望めなさそう。ブラジル・コストは依然として大きな障壁だが、世界有数の投資額が集まる国であることは変らず、伸びの著しい北東伯にも期待したい」と総括の講評をした。

商議所部会長シンポ=(下)=伸び率マイナス、冷え込む貿易=化学、食品は例外的に好調

ニッケイ新聞 2013年3月7日  【貿易部会=伊吹洋二部会長】12年の輸出については、一次産品、半製品、工業製品などの主要商品の多くで伸び率がマイナスとなり、景気の冷え込みが目立つ結果となった。  貿易は194億ドルの黒字ではあるものの、2002年の黒字額131億ドル以来10年ぶりの低水準に留まった。  輸出入額ともに過去最高 ...

続きを読む »

商議所部会長シンポ=(上)=多分野で高成長に陰り=市場拡大続くが勢い弱く

ニッケイ新聞 2013年3月6日  ブラジル日本商工会議所(近藤正樹会頭)の企画戦略委員会(林正樹委員長)と総務委員会(上野秀雄委員長)が共催する『2013年度上期 業種別部会長シンポジューム』が2月22日、聖市のホテルで行われた。約150人の進出企業関係者らが出席し、それぞれの分野の専門家による発表に熱心に耳を傾けた。GDP成 ...

続きを読む »