ホーム | 連載 | 2014年 | 在日伯人子弟の教育向上に=両側で教員養成講座に協力

在日伯人子弟の教育向上に=両側で教員養成講座に協力

在日伯人子弟の教育向上に=両側で教員養成講座に協力=(下)=日伯大学が連携して遠隔授業=伯人学校のレベル底上げ

卒業式にて。村元エリカさん(左)と溝口シゲヨさん(中)

 日本で仕事をしないかと声をかけられたとき、「04年に初めて日本を訪れた際、富士山が見られなかった心残りから、内容も確かめずに、富士山が眺められるところに住めるなら、と二つ返事で決めた」と笑う。 だが思い描いていた先祖の故郷と、実際生活する違いに格闘する日々だった。在日子弟の教育に関し山積する課題にも積極的に関わり、12年末から ...

続きを読む »

在日伯人子弟の教育向上に=両側で教員養成講座に協力=(中)=金融恐慌と同時に募集?!=ユニークなポ語「日本学」

念願だった富士山をバックに。溝口シゲヨさん

 溝口シゲヨさん(67、三世)さんは、佐賀県出身の移民家族の孫として聖州ビラッキ市に生まれ、18歳まで日系社会のなかで育った。「実は、学生時代ポルトガル語が苦手で、学校では通訳してくれていた同級生に頼っていた」という。 18歳で出聖、進学し、サンパウロ大学で生物学を専攻した。卒業後、聖市の初等・中等学校で物理、生物学などの理系教 ...

続きを読む »

在日伯人子弟の教育向上に=両側で教員養成講座に協力=(上)=伯国と銀行が400万ドル負担=205人が教員免許を取得

東海大学で行われた卒業式

 日本のブラジル学校は日伯いずれの政府からも公的な支援が受けられず、経済面でも教育の質の面でも課題を抱えていた。しかし09年7月より、伯国政府とブラジル銀行が400万ドルの費用負担をし、日伯政府が協力し4年半にわたって「遠隔教育による在日ブラジル人教育者向け教員養成講座」を開講し、昨年末、205人が教員免許を取得して卒業した。プ ...

続きを読む »