ホーム | 連載 | 2014年 | 日本で育つ日系国際人材=岐阜の伯人学校HIRO学園

日本で育つ日系国際人材=岐阜の伯人学校HIRO学園

ニッケイ新聞 2014年1月8日付け

日本で育つ日系国際人材=岐阜の伯人学校HIRO学園 岐阜県大垣市にある学校法人「HIRO学園」は2000年の開校以来、名門サンパウロ大学(USP)への合格者を毎年出すブラジル人学校だ。07年度時点では12県に88校存在した(文科省調べ)伯人学校だが、08年の金融危機以降は親の失業で退学者が相次ぎ、11年5月現在で72校まで減った。存続こそしているが、教育の質の問題や経営難に苦しむ学校も多いという。そんな中、今も250人が在籍し、当地難関大への入学者を毎年出す同学園は、伯人学校の一つのモデルケースだ。創立者の川瀬充弘理事長(58、岐阜)や、実際にUSPに入学した卒業生に話を聞いた。

日本で育つ日系国際人材=岐阜の伯人学校HIRO学園=(下)=「W杯の仕事も来ている」=デカセギ子弟のエリート世代

「日本とブラジルを繋ぐような仕事をしたい」と語る松崎ビアンカ亜由美さん

ニッケイ新聞 2014年1月9日 サンパウロ大学観光学科に通う松崎ビアンカ亜由美さんは、聖州サンジョゼ・ド・リオ・プレット生まれ、父は二世、母は非日系人だ。3歳の時、デカセギに行った両親と訪日し、17歳までをずっと大垣市で過ごした。 訪日後、最初の1年は地元の保育園に通ったが、当時ビアンカさんは日本語ばかり話していた。ポ語のみの ...

続きを読む »

日本で育つ日系国際人材=岐阜の伯人学校HIRO学園=(上)=当地難関大への進学者続々=「教育の質が何より大事」

2013年の卒業式の模様。門出を祝う生徒たち(写真はいずれも川瀬理事長提供)

ニッケイ新聞 2014年1月8日 岐阜県大垣市にある学校法人「HIRO学園」は2000年の開校以来、名門サンパウロ大学(USP)への合格者を毎年出すブラジル人学校だ。07年度時点では12県に88校存在した(文科省調べ)伯人学校だが、08年の金融危機以降は親の失業で退学者が相次ぎ、11年5月現在で72校まで減った。存続こそしている ...

続きを読む »