ホーム | アルゼンチン 関連記事

アルゼンチン 関連記事

《ブラジル》食肉不正疑惑で輸出に大打撃=推定損害額は年間15億ドル

スーパーの食肉販売現場を視察したマッジ農相(José Cruz/Agência Brasil)

 【既報関連】17日に行われた連警の捜査でブラジル食肉業界の品質検査不正疑惑が明るみに出たことで、ブラジルの食肉輸出が大打撃を受けていると23日付現地紙が報じた。  社会農業開発省が22日に発表したデータによると、ブラジルの1日あたりの食肉輸出額の平均は6300万ドルだったが、21日は7万4千ドルに激減した。ブラジル産食肉の主要 ...

続きを読む »

パラ・パンアメリカン・ユース大会、サンパウロで開催=南北アメリカ大陸全20カ国から800人の選手たちが集う

東京パラリンピックを目指す若いパラリンピックアスリートが、サンパウロで躍動する(昨年のリオ・パラリンピックより、Tomaz Silva/Agencia Brasil)

 20日よりサンパウロ市で、第4回パラ・パンアメリカン・ユース大会が開幕した。これは南北アメリカ大陸諸国の、21歳以下の障がい者スポーツ大会だ。  20カ国から、13歳から20歳までの障がい者スポーツの選手たち800人が集う同大会は25日まで行われる。  同大会組織委員会ディレクターのエジウソン・アウヴェス氏は、「この大会は今年 ...

続きを読む »

シャペコエンセ=リベルタ杯ホームデビュー戦に合わせ、新ユニフォームを発表=昨年の飛行機事故の生還者も姿を見せる

新ユニフォーム発表会見に現れたジャクソン・フォルマン、アラン・ルシェル、ネットの3人(左から、Sirli Freitas/Chapecoense)

 ブラジル南部のサッカーチーム、シャペコエンセは16日の午後、今年の新ユニフォームを発表した。これは同チームが今年、チーム史上初めて出場を果たした、南米大陸王者を決めるリベルタドーレス杯(以下「リベルタ杯」)のホームデビュー戦に合わせてのことだ。  昨年、シャペコエンセは、南米規模ではリベルタ杯に次ぐ位置付けのスル・アメリカーナ ...

続きを読む »

東西南北

 サンパウロ市地下鉄2号線は昨年から、従来以上に効果的な最新鋭の車間制御機を使い始めたとアピールしていたが、9日付アゴラ紙によると、2016年は1年間で76回もの故障を記録していたことがわかったという。従来の制御機は、前の電車の一番後ろと後続の電車の先頭にあるアンテナから発せられる信号で車間距離を調節していたが、現在は、線路の内 ...

続きを読む »

マラカナン復活?=リオの名門フラメンゴ、リベルタ杯に向け、大急ぎで修復中=正式使用許可もないままに、チケットも売り出す

世界中のサッカーファンが、マラカナンの復活を待っている。(2016年リオ五輪閉会式より)(Fernando Frazão/Agência Brasil)

 リオ州軍警は3日午前に、マラカナン・スタジアムへの立ち入り検査を行い、リオ市の名門サッカーチーム、フラメンゴが求めている、8日のリベルタドーレス杯初戦、対サンロレンソ戦で同スタジアムを使用することを承認したと、3日付グローボ・エスポルテサイトが報じた。  消防署は既に、8日の試合開催のために必要な鑑定書を発行済みだが、週明けの ...

続きを読む »

《ブラジル》2月の貿易黒字は45億ドル=同月としては統計史上で最大=輸入増も景気回復のシグナル

昨年12月以降、生産が拡大しているパラナ州の工場(Gilson Abreu/FIEP)

 ブラジル工業貿易サービス省は2日、2月の貿易収支は、輸出154億7200万ドル、輸入109億1200万ドルで、2月としては、1989年の統計開始以来、最大となる45億6千万ドルの黒字を記録したと発表したと2、3日付現地紙・サイトが報じた。  昨年2月と比べ、輸出高は22・4%、輸入高は11・8%上昇した。  今年1月の貿易収支 ...

続きを読む »

冴えわたる政治ピアーダ=汚職を笑い飛ばす庶民の知恵=20年前のが今でも十分通じる?!=(社)ラテンアメリカ協会常務理事 桜井 敏浩

連警のラヴァ・ジャット作戦の標的にされながらも、あの手この手で生き残ってきた上院議員の皆さん(Foto: Lula Marques/AGPT)

 この文章は20年も前に書かれたものだが、読めば読むほど、ラヴァ・ジャット作戦で大揺れに揺れる今のブラジルでも十分に通用する抱腹絶倒モノのピアーダ集だ。著者の許可のもと、ここに転載する。(編集部)  米国人にとっては、ユーモアのセンスの良し悪しが大事な個人の魅力の一要素であり、大統領が厳しい質問をジョークでかわせることが、能力の ...

続きを読む »

東西南北

 前代未聞の、2夜連続での事故が発生。楽しむどころではなくなってしまったリオ・デ・ジャネイロ市サプカイでのスペシャル・グループのパレード。さすがに世界的に有名なイベントだけに、この事故はすぐに世界に向けて打電され、米国のニューヨーク・タイムスやイギリスのデイリー・メール、アルゼンチンのラ・ナシオンなどで報じられた。リオと言えば、 ...

続きを読む »

テニス・リオオープン=日本の錦織まさかの初戦敗退=番狂わせを喜ぶ地元ブラジル人選手

番狂わせを演じたブラジル人テニスプレーヤー、トーマス・ベルッシ(Fotojump)

 20日に開幕したテニスのリオ・オープンの男子シングルス一回戦で、ブラジル人選手のトーマス・ベルッシが日本の錦織を6―4、6―3のセットカウント2―0で降す金星をあげ、ブラジル国内でも大きく報道された。  錦織は前の週にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われたアルゼンチン・オープンでは準優勝の成績で、リオ・オープンでの雪辱はなら ...

続きを読む »

パラグァイ失業率は地域第4位=男性6・6%、女性10%=1位伯国、2位コロンビア、3位亜国=アスンシオン在住 坂本邦雄

首都アスンシオン(By FF MM (Own work), via Wikimedia Commons)

 国際労働機関・ILOによれば、我が国の経済成長率(GDP・国内総生産)は好調であるに拘わらず、2015年度の失業率7・2%に比し、2016年度は8・3%に悪化した。なお、女性の昨年度の失業率は10%に達している。  パラグァイ中央銀行発表の公式指数は堅調な経済の増進を示すものだが、最近の国際労働機関・ILOの報告書ではパラグァ ...

続きを読む »