ホーム | カンタレイラ 関連記事

カンタレイラ 関連記事

黄熱病=遂にサンパウロ市でも死者を確認 市北部の森林地区で感染か

 黄熱病への恐怖が拡大する中、サンパウロ市では、新たな域内感染と3人の死者の発生が確認されたと、16日付現地紙が報じている。  このことは、サンパウロ市保健局が16日に発表した報告で判明した。3人の死者はいずれも、山間部や森林地帯での感染を意味する野生型(シルヴェストレ)で、1942年以来、症例が途絶え、再発が恐れられている都市 ...

続きを読む »

東西南北

 今年のリオ市カーニバルのスペシャルグループのパレードが政治や社会を痛烈に批判した異例のものであったことは既に報じたが、その直後に、連邦政府による治安維持のための介入が起きることになったのはなんとも皮肉だ。ベイジャ・フロールやツイウチのパレードはリオ市の現在の混乱をまさしく表現していたとも、あのパレードがさらに治安悪化を招いたと ...

続きを読む »

黄熱病=サンパウロ市でも遂に域内感染発生=海岸部のイタニャエンでも

 サンパウロ市保健局とサンパウロ州保健局が9日、サンパウロ市とサンパウロ州海岸部のイタニャエン市で黄熱病の域内感染者が出た事を明らかにしたと10日付現地紙・サイトが報じた。  サンパウロ市の患者は、トレメンベ区に住む29歳の男性で、予防接種も受けないまま、週1回、サンパウロ市北部のカンタレイラ州立公園の近くまで行っていたため、こ ...

続きを読む »

東西南北

 本頁でも報じているとおり、大荒れとなったリオ市のカーニバルだが、少なくともこの10数年間は、ここまで政治的な表現が行われたことはなかったのではないだろうか。これまでに目や耳にした、物議を醸してきたパフォーマンスは、宗教的な表現に関するものが中心で、政治家をここまでこっぴどく攻撃したものは珍しい。軍事政権時代の終わり頃がどうであ ...

続きを読む »

東西南北

 年初のサンパウロ州の降雨は上々。最大水系のカンタレイラでは、1月の月間平均降水量を14ミリほど上回る、276ミリの降水を記録。クリスマスの時期に41%台まで落ちていた水位も、50%まで回復した。他の5つの水系でも最低でも150ミリ以上の雨が降り、みな水位を上げた。2月の予報によると、1月後半に雨が多く降った反動があるのか、今週 ...

続きを読む »

東西南北

 11、12日付の本頁で、9日にサンパウロ市地下鉄1号線で起きた、23歳の女性が見知らぬ男性により線路に突き落とされた事件に触れた。12日付アゴラ紙によると、この事件がテレビなどで報道された後の反響はかなり大きかったようだ。事件以降、乗客は黄色い線に近寄りたがらなくなっており、プラットフォームの壁際で電車を待っている人たちの姿が ...

続きを読む »

サンパウロ市=生息のクモザルが全て死亡=黄熱病が最初に発覚の公園で

 サンパウロ市で最初に黄熱病に感染した猿の死体が発見された公園で、黄熱病のウイルスに最も敏感なクモザル科の猿が全て死滅したと、11日付現地紙サイトが報じている。  サンパウロ市北部のオルト・フロレスタル公園で猿の死体が発見されたのは、昨年の10月9日だ。その後の検査で、この猿が黄熱病に感染していたことが確認され、同月20日には同 ...

続きを読む »

黄熱病=サンパウロ大都市圏の死者6人に=3州で予防接種キャンペーン

 サンパウロ州保健局が9日、州内での黄熱病による死者は、サンパウロ大都市圏の3人を含む13人に増えたと発表したが、同日付伯字紙サイトはその後、同大都市圏だけで死者が3人増えたと報じた。  州保健局の発表では、昨年7月以降、黄熱病感染が確認された患者は29人で、13人が死亡。全員が、ヤブカが媒介する農村型の患者である事が確認されて ...

続きを読む »

サンパウロ市=極南部でも黄熱病の予防接種=隣接市で感染したサルが死亡

 【既報関連】サンパウロ市保健局が20日、同市極南部でも黄熱病の予防接種キャンペーン実施を決め、21日から開始したと21日付現地紙サイトが報じた。  キャンペーンの対象となるのは、エンジェニェイロ・マルシラッキ、パレリェイロス、ジャルジン・アンジェラ、カッポン・レドンドの各区で、域内の保健所38カ所では50万人に対応するべく、用 ...

続きを読む »

アウキミンは「伯国政界の徳川家康」か?

アウキミン氏(Ciete Silvério/A2img)

 来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボウソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番の10カ月以上前。そのまま行くとは、少なくともコラム子は見て ...

続きを読む »