ホーム | カンポス 関連記事

カンポス 関連記事

東西南北

 党の方針をめぐり、現在、分裂の危機にあるブラジル社会党(PSB)。元々が左翼政党でありながら、ビジネス界とのつながりも強いという、一見相反する要素を併せ持っていた政党だけに、このような事態を引き起こしやすくはあった。2014年の大統領選の際は、同党から出馬した故エドゥアルド・カンポス氏が、その「左翼でも保守でもない」という立場 ...

続きを読む »

《ブラジル》富山県移住の歴史の象徴=第三アリアンサ入植90周年=母県から副知事ら慶祝団

母県からの慶祝団を迎えた記念式典

 サンパウロ州ミランドポリス市の第三アリアンサ移住地(富山村)は、『入植90周年記念式典』を15日に同会館で開催した。隣接する第一、第二移住地や当地の出身者ら500人以上が慶祝に駆けつけた。アリアンサ移住地は民間主導としてはブラジル初の大規模移住地だった。その第3移住地は、富山県海外移民協会と信濃海外協会により創設され、富山県人 ...

続きを読む »

■今週末の催し

 22日(土曜日)  ブラジル選抜歌謡大会、午前8時半、スザノ文協(Av. Armando de Salles Oliveira, 444, Parque Suzano)、日曜も      ◎  桜まつり、午前9時、カンポスさくらホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina, ...

続きを読む »

カンポス桜まつり、桜500本=桜を愛で、食と文化と楽しむ

(左から)来社した辻運営委員長と援協の足立事務局長

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)と傘下の高齢者介護施設「カンポスさくらホーム」とさくらクラブが共催する『第49回桜まつり』が22日から、同ホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina, Campos do Jordao)で行なわれる。  来月13日までの週末8日間開催 ...

続きを読む »

ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」

2007年の40周年記念公演の様子

 創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, 381)で開かれる。30年にわたり交流を続ける(財)日本民謡協会からは、日本の著名な歌い手、演奏家などからなる14人の慶祝団(金子利夫団 ...

続きを読む »

追悼=神内良一さん死去=サンパウロ日伯援護協会の恩人=個人で最高、援助総額11億円=南米日系人を隠れて支援=移住者に寄り添った人情家

神内氏の支援のおかげで拡張した「神内病棟」の威容

 戦後移民が最盛期を迎えた1959年、移住者受入援護の為に創設された日本移民援護協会。これを前身に「サンパウロ日伯援護協会」は創立し、以来その時々の社会的要請に応えながら、現在では福祉医療部門併せて12事業所を有し、安定した財政運営を行なう日系社会最大の団体へと成長した。だが、「日伯友好病院」が現在のように中核的事業として、援協 ...

続きを読む »

援協定例会で10月落成報告=イペランジアホームの増築

(左から)岡本さんと与儀会長

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)の6月定例役員会が、先月22日、同会本部会議室で開催された。  冒頭、同会傘下の施設でJICAボランティアとして2年間の任期を終えた岡本洋美さんと仙田実愛さんに感謝状が贈られ、任務を無事に終えた二人は謝意を滲ませた。  その後、先月12日に亡くなった菅野鉄夫元評議員第一副会長を偲び一分間の ...

続きを読む »

在外公館長表彰を女性8人に=日系女性活躍のお手本=「日本人の精神伝える重責感じる」

中前総領事を囲んだ受賞者

 在聖総領事館(中前隆博総領事)は「平成29年度在外公館表彰伝達式」を、在聖総領事公邸で20日に行った。今回は、日伯関係及び日系社会で活躍する8人の受賞者全員が女性という華やかな式典となった。  中前総領事は式典で「活躍する女性を代表して賞を受けて頂いた」と語り、聖市に女性の銅像が八つあることに触れ、受賞者数を説明した。関口ひと ...

続きを読む »

スザノから全伯に広がる=ヤキソバ発祥の地の誇り=製麺所と文協がタイアップ

ブラジル人に広く浸透したヤキソバ

 コロニア発で全伯に浸透し、今では広く伯人に親しまれるようになった『YAKISOBA(ヤキソバ)』―。ただし、日本で一般的なのはソースヤキソバなのに対し、どうしてブラジルでは山のように具がのった餡かけヤキソバが広まったのか―。この謎は「コロニア七不思議」の一つと言われるほど経緯が不明だった。ところがその陰には、スザノ市の広谷製麺 ...

続きを読む »

聖州地方団体の集い=110周年機に地方再活性化を=「地方会場にバスで集まれ」=団結図り、組織化を承認

参加者の皆さん

 「第4回聖州地方団体の集い」が15日午前10時から聖州リベイロン・プレット文協(堺貞夫会長)で開催され、約20団体や連合会から45人が出席し、来年に向けて地方団体の結束を固めていくことを誓った。プロミッソンやマリリアで予定されている110周年式典を一緒に盛り上げていくことを機会に、地方の団結と再活性化を図るために(仮称)「聖州 ...

続きを読む »