ホーム | クルゼイロ 関連記事

クルゼイロ 関連記事

サンパウロFC=クラブのレジェンドを半年で解任=人気は絶大も、17位降格圏では庇いきれず

GKとして25年、サンパウロFCの象徴ともいえるセニだったが、監督としては結果が残せなかった(Agencia Brasil)

GKとして25年、サンパウロFCの象徴ともいえるセニだったが、監督としては結果が残せなかった(Agencia Brasil)  名門サッカークラブ、サンパウロFCは3日午後、ロジェリオ・セニ監督の解任を正式発表した。  セニは、現役生活25年を同チームに捧げ、1000試合以上に出場、ゴールキーパーとしては異例の132得点(フリー ...

続きを読む »

東西南北

 次期検察庁長官に、ブラジルの歴史上、初めて、女性が指名された。印象として男性的なイメージが強い職務で女性がトップに立つことは、そのこと自体にもっと注目が行って良いことだと思うのだが、報道を見ているとその観点で報じたものはほとんどなく、「テメル大統領が不都合な人事を避けた」というニュアンスのものがほとんどになっているのはやや気の ...

続きを読む »

東西南北

 ブラジル連邦検察庁が26日にテメル大統領を起訴したことは、世界中の有名メディアでも写真付で報道された。アメリカではニューヨーク・タイムスにワシントン・ポスト、イギリスはBBCやガーディアン、スペイン語圏はエル・パイスなどだ。経済系も、ウォール・ストリート・ジャーナルやファイナンシャル・タイムスなどが大きく報じた。昨年8月にジウ ...

続きを読む »

東西南北

 1日夜、前日からサンパウロ市中央部の同市文化局を占拠していた、若者たちによる文化団体が撤退を決めた。この団体は市内東部の建物に不法占拠して音楽活動などを行っており、ハダジ市長のときは市からの援助金を受けて活動していた。だが、その支給契約が切れたため、アンドレ・ストゥルム文化局長交渉していた。だが、5月29日の話し合いの際に同局 ...

続きを読む »

シャペコエンセ=全国選手権3節を終えて首位に立つ=2勝1分勝ち点7、得失点差でコリンチャンスとクルゼイロを押さえ

ブラジル全国選手権1部の第3節で、唯一の月曜開催となったシャペコエンセxアヴァイーFC戦(Sirli Freitas)

ブラジル全国選手権1部の第3節で、唯一の月曜開催となったシャペコエンセxアヴァイーFC戦(Sirli Freitas)  サッカーブラジル全国選手権1部リーグ、第3節が27~29日にかけて行われ、昨年11月の飛行機事故で主力選手ほぼ全員と、監督を失ったシャペコエンセが首位にたった。  シャペコエンセは、事故の後、世界中から同情の ...

続きを読む »

東西南北

 12日から、6~8月生まれの人による勤続期間保障基金(FGTS)引き出しが始まった。テメル大統領の就任1周年と重なったこの日、同大統領はブラジリアの連邦貯蓄銀行(Caixa)を直接訪れ、引き出しを行った国民と言葉を交わした。自己都合退職、もしくは正当な理由により企業から解雇されたことで即座の引き落としが不可能だったFGTSを、 ...

続きを読む »

バレーボール=ワールドリーグに挑むブラジル代表メンバー発表=リオ五輪金メダルメンバーに若手も組み合わせる=レナン新監督の船出はいかに?

男子バレーボール、ブラジル代表レナン・ダル・ゾット監督(Daniel Zappe/MPIX/CBV)

男子バレーボール、ブラジル代表レナン・ダル・ゾット監督(Daniel Zappe/MPIX/CBV)  昨年のリオ五輪でも金メダルを獲得したブラジルの男子バレーボール代表チームの新監督、レナン・ダル・ゾット氏が8日、6月に世界各地で開幕となるバレーボール・ワールドリーグに向けた代表メンバーを発表した。  代表入りしたのは18人で ...

続きを読む »

ブラジルサッカー=主要各州の州選手権の決勝戦が開催される=来週からは全国選手権が開幕

飛行機事故事故後初の主要タイトル獲得となったシャペコエンセ(Sirli Freitas/ Chapecoense)

飛行機事故事故後初の主要タイトル獲得となったシャペコエンセ(Sirli Freitas/ Chapecoense)  毎年上半期に開催されるブラジル国内のサッカーの主要大会、各州選手権の決勝が7日に行われ、サンパウロ州、リオ州など、多くの州で優勝チームが決定したと、7、8日付現地各紙・サイトが報じた。  全国選手権1部のチームが ...

続きを読む »

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(20)=地の果てが「フロンテイラ」に

左から門脇マルガリーダさん、山田康夫団長、門脇道雄さん、竹中清さん、竹中芳江さん、田辺恵子さん、田辺俊介さん(「カフェ・ド・バッチャン」で)

 門脇道雄さんはしみじみいう。「父はよく、こう言ったものです。『ロンドニアにまっすぐ来たが、それでよかった』と。昔は皆、まずサンパウロやパラナを目指した。だけど、時代はまわり巡って、今では彼らやその子孫が、ロンドニアを目指すようになった。『自分たちは最初からここを目指して正解だった』とね。まあ、自分が苦労した慰めを言っていたんで ...

続きを読む »

ジーコのタイトル剥奪? =1987年ブラジルサッカー、単独優勝はスポルチとブラジル最高裁が判断

数少ない、ブラジル国内でプレーする現役ブラジル代表のジエゴ・ソウザ(Williams Aguiar/Sport Club do Recife)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

続きを読む »