ホーム | コリンチャンス 関連記事

コリンチャンス 関連記事

東西南北

 サッカーW杯開催まであと3週間というところで、サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、「過度に大きな音を出す花火の使用を禁止する」法案を採択した。市は90日以内に、この法案を法制化することになる。これによると、打ち上げ花火は今後、大きな音を出さないものか、視覚効果だけのもののみ利用可能で、規格外のものを使用すると2千レアルの ...

続きを読む »

コリンチャンス=カリーリ監督移籍騒動に決着=サウジ行きが正式決定

カリーリは、20日の試合が最後の指揮となった。(Daniel Augusto Jr./Agencia Corinthians)

 【既報関連】17日に突如降って沸いた「コリンチャンス、カリーリ監督のサウジアラビア移籍騒動」に決着がついた。  コリンチャンスがベネズエラ遠征に出ている時に、「カリーリにサウジのアル・ヒラルが食指」と一部メディアが先行してから報道合戦は一気に過熱した。  一時は「アル・ヒラルは別の監督にも誘いをかけていて、そっちに決まりそう」 ...

続きを読む »

東西南北

 本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結果になってしまった。また、メイレレス氏の出馬はMDB ...

続きを読む »

コリンチャンス=名将カリーリに、電撃引き抜きオファー=サウジのアル・ヒラルが年俸3億6千万円の2年契約を提示

2017年、ブラジル全国選手権優勝トロフィーを掲げるカリーリ(Rodrigo Coca/Ag. Corinthians)

 昨年はサンパウロ州選手権とブラジル全国選手権の2冠を達成し、今年もサンパウロ選手権の連覇を果たした、サンパウロ市に本拠を置く名門サッカーチーム、コリンチャンスの監督ファビオ・カリーリ(44)に、サウジアラビアのアル・ヒラルから電撃オファーが届き、その去就に注目が集っている。  アル・ヒラルはすでに同監督の代理人と事前交渉を済ま ...

続きを読む »

東西南北

 18日付アゴラ紙によると、今年はサンパウロ市で結膜炎(コンジュンチヴィテ)が流行しているという。結膜炎の特徴は、目が赤くなり、目ヤニが多発することなどだが、市の調べによると、今年は5月14日の時点で684件の症例が確認されているという。昨年の同時期は102件だったから、その数は5倍になっている。この原因としては、今年の秋が少雨 ...

続きを読む »

代表補欠にも“うれし涙”=怪我に泣き続けた悲運の名センターバック、デデー

 14日に発表されたサッカーW杯の代表23人には入れなかったものの、6月4日までの交代期間の補欠選手に自分の名前が入っていたことを知り、クルゼイロのセンターバック、デデー(29)が思わず涙をこぼして、話題を呼んだ。  デデーはこの日、別のイベントで記者会見を行っていたが、その席でセレソンのチッチ監督が代表発表に際し、「交代枠の1 ...

続きを読む »

ロシアW杯出場23選手発表=シャフタール勢に不当な低評価、アンチの多いコリンチャンス勢の選出にも不満の声

 ロシアW杯開幕をちょうど一カ月後に控えた5月14日に、ロシア行きの切符をつかんだブラジル代表23人が発表された。才能にあふれた選手を数多く輩出するサッカー王国ブラジルは、すべての国民が完全に満足する選出はありえない。今回も、「あの選手が選ばれないなんておかしい」という不満の声がチラホラサッカーファンの間で漏れ聞こえてくる。   ...

続きを読む »

《ブラジル》サッカーW杯出場23選手を発表=意外な名前なく順当に

セレソンは、ロシアの地で6度目の世界制覇を成し遂げられるか?(Lucas Figueiredo/CBF)

 ロシアW杯開幕まで残り1カ月となった14日、ブラジル・サッカー連盟(CBF)がW杯に出場する23人の選手を発表した。堅実な指揮官チッチらしく、大きなサプライズのない順当な選出となった。14日付現地サイトが報じている。  14日午後2時に発表された23人は以下のとおり。  〈ゴールキーパー〉アリソン(ASローマ)、エデルソン(マ ...

続きを読む »

東西南北

 12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルーラ氏の2期目、ジウマ氏の1期目、カルドーゾ氏の1期目 ...

続きを読む »

東西南北

 13日は母の日で、刑務所の受刑者の一部には一時的な出所が認められる。まだ10代だった2002年に両親の計画殺害を行ったスザーネ・フォン・リクトフェン受刑囚も、10日にサンパウロ州トレメンベーの刑務所を仮出所となり、一般人の恋人と共に刑務所を後にする姿が見られた。スザーネ氏は39年の実刑判決を受けているが、既に刑期の6分の1を終 ...

続きを読む »